« かなり古い! タバコの自動販売機(四国)その2 | トップページ | ウソであって欲しい1日 »

2011年3月 6日 (日)

私的名曲選 Vol57 『リ・ボ・ン』 by 堀ちえみ

こんばんわ。

今日は久々の名曲選から。

最近はきっかけが無いとアップしていない状況なのですが・・・

先日の打ち上げで、またまた昔のCMやアイドルの話になりました。

前回からのネタとして、しなのさかいさんの南野陽子に対する思い入れのスゴさから始まりました。

そんな話題も出たりしたとき、ふと、某課長からの意外(失礼!)な一言を逃しませんでした。
「堀ちえみの離婚はショックだった・・・」

2回目だか3回目だか忘れましたが、芸能界ってこういうもんなんでしょうか。
5人もお子さんが居る子沢山!
そんな印象の堀ちえみさんですが・・・

昔は可愛かったよなぁ~

と思い出しました。
「スチュワーデス物語」さえなければ、それほど印象は悪くなかったかも。

声がガキっぽい感じに当時は聴いておりましたが、今改めて聴くと、最近のアイドル歌手よりは余程歌唱力があるな、と思いました。生で唄っていても、安心して聴けますからね。
最近はライブなんかもYou tubeで見たり出来ますが、スタジオ録音の音響効果入りとは比べられないほど音痴だったりヘタクソでガッカリすることが多いです。

まあ、本職の文句を言えるほど歌が上手いわけじゃないのでこの辺で。

で、たまたま見つけちゃったんですよ。

結構好きだったんですよね。『リ・ボ・ン』。

ちょうどグループサウンズを復活させるような風潮が活発になっていて、GS系の曲が作られたり、当時の現役を集めたGSカフェみたいなのが流行ったりしたようで、TVでも元GSのメンバーを集めた懐かし番組みたいなのをやってました。

私はGS時代から遅れてますので、そのサウンドの良さと言うのはあまり知りませんが、やはりこの曲『リ・ボ・ン』は堀ちえみさんが唄っていたからこそ、心に残っているものと確信いたします。

堀ちえみさんの同曲は沢山アップされていましたが、その中からこのエントリーを拾ってきた理由はただ1つです。

TVの公開VTRも良かったのですが、この作品は「彼女のカワイイ写真を取り揃え、かつ、それを効果的に編集し、彼女の魅力を余すところ無く表現している」ところだと思います。写真の中には、私の知っているカットもありましたし、懐かしさもいっぱいです。

この作品を見て、久々に当時の多いが甦ってきました。感動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« かなり古い! タバコの自動販売機(四国)その2 | トップページ | ウソであって欲しい1日 »

私的名曲選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かなり古い! タバコの自動販売機(四国)その2 | トップページ | ウソであって欲しい1日 »