« 北陸線特急シリーズ記念入場券(昭和48年):481系「はくたか」篇 | トップページ | これは微妙? 蕨市の新マスキャラ「エンジェル わらぶー」 »

2010年3月10日 (水)

私的名曲選 Vol34 『やまねこ』 by 中島みゆき

おはようございます。

眠いっす・・・

変な時間に寝てしまったので、5時前に起きてしまった。晴れてれば「能登」から撮りに行けたんですがね。雨じゃ・・・肝心な時期にホント、困ったもんですわ。

時間も中途半端になってしまったので、今日は久々に名曲選をアップしてから出掛けます。

高校の頃から中島みゆきさんの曲を聴くようになりました。それまで暗いイメージが強過ぎて、殆ど聴くことはなかったと思いますが、『オールナイトニッポン』で月曜日みゆきさんを聴くようになってからは「こんな良い曲があったんだぁ」と改めて良く聴くようになりましたね。それでも、その頃はステレオもなかったので、レコードを聴くようになったのは社会人になってからです。

LPは友人に借りた「Miss M」が最初で、自分で初めて買ったのは「36.5℃」です。ただ、まだプレーヤーがなかったのか、カセットテープでしたね。

その中で一番のお気に入りがこの曲でした。

歌詞は非常に過激というか、アップ主へのコメントにもあるように、女性から見ると非常に複雑感を隠せない内容でしょうね。ただ、この頃は既に世の女性も強くなってきた頃だと思いますので、敢えてこのような歌詞が女性の強さを強調しているようにも思えます。

まあ、歌詞は歌詞として、みゆきさん的ハードロックな曲に仕上がっていて、コーラスのアレンジもすばらしいと思います。このアルバム辺りから、このような曲調のものが多くなり、アコースティックな曲とのバランスが変わってきたように思います。時代がエレクトリックに変化してきた影響でしょうかね。

もうこの曲が誕生してからも25年以上経ってしまったわけですが、今もって聴き飽きない曲です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 北陸線特急シリーズ記念入場券(昭和48年):481系「はくたか」篇 | トップページ | これは微妙? 蕨市の新マスキャラ「エンジェル わらぶー」 »

私的名曲選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸線特急シリーズ記念入場券(昭和48年):481系「はくたか」篇 | トップページ | これは微妙? 蕨市の新マスキャラ「エンジェル わらぶー」 »