« 社線発行の国鉄乗車券(都営地下鉄) | トップページ | 営団地下鉄 定期券購入証明印 »

2009年10月 6日 (火)

私的名曲選 Vol15 『二重唱 (デュエット) 』by岩崎宏美

こんばんわ。

気持ちの沈んでいるときに響く曲ですね。

今日は、岩崎宏美さんのデビュー曲『二重唱 (デュエット) 』です。

レコードですと、まだ17歳なので声が高いですが、歌唱力は抜群ですね。当時は可愛いアイドルたちが沢山いましたので、特に好きという訳でもなかったのですが、やはり歌が上手いという点では人気がありましたね。

同年代の方でも、おそらく大ヒットした『ロマンス』の方が有名でしょうね。でも、やはり聞き飽きた・・という気がしています。

そんな中、当時は殆ど聞いたことがなかったですが、歌唱力としても曲としても、この『二重唱 (デュエット) 』が素直に良い曲だな、と思えてしまうのです。

アップしていただいているのは、デビューして間もなくではなく、2年くらい後のようです。声に一層ハリが出ていて、二十歳前というのにベテランの風格さえ感じる歌いっぷりです。すばらしいの一言です。

私が岩崎宏美さんの曲を聴くようになったのは、NHKFM「ひるの歌謡曲」で特集を録音してからですが、実際に実力を実感したのは『聖母たちのララバイ』からと、少し遅かったです。『スローな愛がいいわ』なんていうのも、もしかしたら忘れられているかもしれませんが、好きな曲です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 社線発行の国鉄乗車券(都営地下鉄) | トップページ | 営団地下鉄 定期券購入証明印 »

私的名曲選」カテゴリの記事

コメント

岩崎宏美さんといえばキャッチフレーズが「天まで響け、岩崎宏美」だったと思います。
その通り、初めて宏美さんの二重唱を聴いたときこんな歌の上手いお姉さんが居たんだと思ったほどインパクトが強かったです。
個人的には初期の作品なら「想い出の樹の下で」も好きですよ。
アタマサビ?というんですかね、あの曲の展開がいいです。
これまた宏美さんの曲も筒美さんの作曲が多いんでしたね。

指揮者のダン池田さんも鬼籍に入られたんでしたね。
作詞家の阿久悠さん、作曲家の三木たかしさん、昭和の歌謡曲を創った人が他界されてしまい寂しい気がします。

投稿: 金太郎 | 2009年10月11日 (日) 22時52分

岩崎宏美さん、高校のクラスメートで大のファンの級友がいました。
それと他に、家が近くの級友もいてよく話てました。
デビューする前でしょうが、姉妹で歩いてる姿を見ていた羨ましい奴でした。
私、岩崎宏美さんの曲をカラオケで歌ったりしますが、二十歳前という曲を歌ったりします。
こちらもW!と

投稿: シービー | 2009年10月11日 (日) 23時35分

シービー様
外見的には妹の良美の方が好きだったかな。でも、あまり長くは売れなかったですよね。歌唱力はありましたけど。
「二十歳前」ってどんな曲か思い出せなかったんですけど、さっき聞いて思い出しました。この曲はテープにも落ちていなかったからテレビ以外では聞かなかったですね。
これをシービーさんがカラオケで・・・想像つきませんわ(笑)。

投稿: キハ181つばさ | 2009年10月12日 (月) 00時55分

金太郎様
順番違っちゃいました。すみません。
「想い出の樹の下で」は覚えてます。ただ、あまり聞いてはいなかったかな。どちらかというと、「万華鏡」以降の熟してきてあとからかもしれません。
最近、大御所の作詞・作曲家を見なくなったと思えば、確かに30年以上前に40代以降の人たちですから、基本的にはもう第一線を退いていたんですよね。自分が年をとったことを忘れてしまいますけど、そういった方たちが他界されたときに年齢を聞かされて、「自分も年とったからなぁ」なんて、改めて思い知らされます。

投稿: キハ181つばさ | 2009年10月12日 (月) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社線発行の国鉄乗車券(都営地下鉄) | トップページ | 営団地下鉄 定期券購入証明印 »