切符(記念切符・記念券関係)

2017年5月28日 (日)

記念券売機券:大宮鉄道ふれあいフェア2017

こんばんわ。
 
2017年の「鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェア」は、親ブログ でご紹介を始めましたが、こちらでは、券売機・自動改札機体験で発行されております記念券(券売機券)をご紹介したいと思います。
 
こうした記念券は、前回2010年の時に初めて手にしたものですが、これ以降、ほぼ毎年訪問していながら、いつも立ち寄るのを忘れていました。昨年度は思い出して立ち寄ったのですが、後回しにしていたら早めに店じまいされてしまい、手に入れ損ないました。
よって、今回は通り道に逆らわず、早めにいただきました。
 
Photo
 
こちらが発行に使われている券売機。券売機特有の表示類が一切ないため、非常にすっきりしています。
気になったのは投入金額200000円! 実際にこんなに投入できるんでしょうか?
 
タッチパネルには発行できる記念券の2種類のみ。どちらか1枚かな?と思ったら両方もらえました。それにはタネがありました。
 
Cci20170528
 
こちらはフツーに乗車券サイズ。ヌゥのイラスト入りです。
 
 
Cci20170528_2
 
こちらは縦長の大きいサイズ。過去に手に入れたことが無いので、どのようにデザインが変化しているのか知りませんが、今回は「おかげさまでJRは30周年」で、今年度限定ですね。本来、上下の■■■■■■■はJR各社のコーポレートカラーとなりますが、モノクロ印刷なのでこれが表現できないのが残念です。
 
これを手にすると、直ぐに自動改札機を通る訳ですが、どちらを投入しようかと悩んでましたら、「両方重ねて入れられますよ。」と言われました。
そうか、と思い出しましたが、2枚重ねて投入するのは新幹線くらいしか経験がないので、すっかり忘れていました。
しかも、大きさ違いのきっぷを2枚入れても、キッチリと重なって出てくるんです。ほんと、ニッポンの技術力(配慮力)はスゲーなぁと思いました。
 
来年も行けるかどうかわかりませんが、忘れないようにしたいと思います。
 
 

| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

愛・地球博 IMTSデビュー記念券 乗車券

こんばんわ。

更新が滞りました。とにかく仕事が切れなくて、忙しい状態が続いています。
なかなか原稿を考える時間もありませんで。

今日は疲れたので早めに帰宅。そのために豪雨に当たってしまいました・・・。

スキャン済みの切符から、もうかなり懐かしくなってしまった、愛・地球博のIMTS乗車券をご紹介いたします。

Imts

IMTSって?忘れてしまったいる人も多いでしょうね。私も名前は忘れてました。
3台のバスが隊列を組み、無人で運転されます。運転席もありますが、人形が座っていました。専用のレーンでない場所では、おそらく普通のバスの様に運転されるのでしょう。

低速でとても実用性があるとは思えない印象でしたが、無人でバスが動くというのは画期的だと思います。しかし、設備投資を考えると、新交通システムとどれほど差があるのでしょうかね。

さて、これは記念券なのか乗車券なのか不明な券ですね。鉄道の切符に慣れてしまうと、なんともびみょーな位置づけです。もう忘れてしまいましたが、もしかしたら普通に券売機もあり、この記念券仕様では無い乗車券があって、それと区別するために「記念」を付したのかもしれません。

Imts_2

こちらは小児用で半額です。
基本デザインは同じですが、色違い。金額も小児用の100円で印刷、国鉄乗車券のような赤の「小」が付されています。

Imts_3

こちらは裏面です。PRし甲斐のあるシステムの筈でありながら、スペースが全然活用されていないですね。勿体無いです。

実用化の話はどうなってしまったのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

こんな突然の梅雨入りも珍しい。

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

「D51とSL銀河客車」特別公開招待券

こんばんわ。

もうすっかり忘れ去られてしまった感がありますが、先般運転されました『みちのくSLギャラクシー』に合わせ、尾久車両センターにおいて車両公開が実施されました。

一般には3回の公開が設定され、有料で8千円となっていました。
これとは別に、特別に招待券が配布され、これを持参した人に限り最終回の公開に無料で招待されています。

詳しい経緯は語れないところですが、金町のHさんからお誘いを受け、便乗で見学する機会に恵まれました。
その時の招待券をデータで送っていただきましたので、ここにご紹介させていただきます。

Sl

普通紙に印刷されたもので、かなり大型です。

発信者は上野駅長となっており、どのような範囲へ配布されたのかは定かではありません。

タイトルは「D51」となっていますが、図案はあくまでも「SL銀河」のものが使用されているため、同軸の数からC58のものがそのまま使用されているようです。

タイトルにもありますが、本券は帰りの際の記念品引換券を兼ねています。

Sl_2

こちらは裏面になります。注意事項が事細かに記載されています。

本件1枚で2名様までとなっており、今回お誘いいただけた理由です。

SLは火を落としている断り書きがあらかじめ記されています。残念ですが、近くで見学するとなるとやはり危険ですので、致し方のないところでしょう。

一番実態と違っていたのは、「客車内にはお入りいただけません」となっていますが、実際には出入り口に立派な仮設階段が設けられ、中を見学することができたことでしょうか?
この模様は、雑駁ですが『みちのくSLギャラクシー」展示会:車内編』でご紹介しています。

期せずして遠い地の列車に乗車する貴重な機会を得ることができました。
お誘いいただいた金町のHさんには改めて御礼申し上げます。

報告が遅くなってしまったのは、メールが他のダイレクトメールにうずもれてしまっており、すぐに画像を送っていただいたのを気づくのが遅くなってしまったためです。
それにしてもこの招待券、帰り掛けに渡してしまった筈では?予めデータ化されていたということでしょうかね。

用意周到にデータ化し、画像の提供をいただきまして、重ねて御礼申し上げます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

来駅記念:知内駅D型硬券記念入場券

こんばんわ。

今日はお約束通り鉄道ネタです。

Photo

昨年末の忘年会時、lineさんの鉄友さんからお土産でいただいた津軽海峡線知内駅の来駅記念入場券です。あがとうございました。

同駅は津軽海峡線の保守基地・信号場として開設しましたが、平成2年に旅客営業化されています。

今般、新幹線工事に伴って廃止となるため、このような記念入場券が発売になったようです。ただし、あくまでも見込みであるためか、廃止に関する記述はありません。

入場券の様式は北海道管内で一般的なD型写真付き硬券となっています。
写真では特急「スーパー白鳥」が写っていますが、快速「海峡」の廃止以来、同駅へは1日2往復の特急が停車するのみとなり、利用価値のある駅とはとても思えません。

私もこの区間は4往復ほど通っている筈ですが、殆どが信号所時代ですかね。平成5年にも通過していますが、駅があったことすらしりませんでした。いずれも夜中でしたし。

これから改正に向けて利用客が増えると予想されますが、写真のとおりの狭いホーム。事故など起きないように気を付けてもらいたいものです。

ちなみに、裏面にある発売駅は「JR知内駅発行」となっていますが、実際には有人駅である木古内駅で発売されているとのこと。

それにしても、発行駅に「JR」と付くケースって今までありましたっけか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

京成電鉄:スカイライナー形車両運転開始40周年 記念乗車券

こんばんわ。

久し振りにきっぷネタです。

いや~それにしてもタイトルが長いのなんのって。

「スカイライナー形車両運転開始40周年 記念乗車券」

京成電鉄の看板である有料特急、「スカイライナー」。誕生から40周年。

まだそんなもんだったんですね。初代のAEが引退してからかなり経つように思いますが・・・もっとも、姿を変えてまだ居ますけど。

発売日の平成25年10月6日、発売駅から通う同じ係のF氏にお願いしたところ、買って来ていただきました。ありがとうございます。

40
表紙

40_2
裏表紙

2枚折の表紙と裏表紙です。

表紙は歴代3型のAE車の写真付き。初代AEは、登場時のオリジナル塗装と、AE100系登場後に8両化・塗装変更後の2種類とも掲載されています。自分的にはオリジナル塗装がなじみ深い。ヘッドマークは「特急」というのは成田空港が開業する前の初期に使われていたものであり、その後「スカイライナー」に変わりました。

40_340_4

中を見開いた状態で、上には「スカイライナー」の変遷、下は切り込みを入れてD型の乗車券を4枚セットしています。

乗車券は250円券が4枚となっているので、4態の「スカイライナー」をそれぞれあしらっています。

乗車券は観光記念入場券タイプの艶のある紙で、日付のダッチング風印刷とともに写真製版のようです。

※上下でデザインがずれている部分がありますが、これは見開き状態がA4サイズをオーバーしており、2つのスキャンを無理やり並べたためのものです。
できればせめてA4幅に収まるようにしてもらいたいもんですね。

40_5

乗車券を4枚並べてみました。
乗車券部分は地紋を印刷しているのですが、この上部にデザインをあしらってしまったため、乗車券のイメージを壊してしまっているようにも思います。購入してきたF氏も嘆いておりました。
一応、年内一杯は使用できるようになっていますが、京成上野からはともかく、250円区間のために成田までは行ってられないですね。

40_7

参考までに裏面です。
券番は一般的なフォント。「自動改札機は通れません。」は如何にも今風。

ところで、各駅のものをセットした販売でも、大体は該当駅を発行個所として表示してあると思いますが、これにはどこにもないですね。

参考までに、写真ブログのリンクを貼っておきます。

京成電鉄 初代AE~AE100:特急「スカイライナー」

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2013年7月28日 (日)

記念入場券:蕨駅開業120周年

こんばんわ。

仕事が忙しくて、なかなか平日の更新をする気が起きません。
時間が空いてしまい、申し訳ございません。

もう旬を過ぎてしまったんですが、新しいパソコンにやっとプリンタのドライバを落としましたので、スキャニングをいたしました。
平成25年7月16日に発売された、蕨駅開業120周年記念入場券を購入しましたのでご紹介いたします。

わらてつまつり自体は7月13~15日の3連休に実施されましたが、記念入場券は実際の開業日を記念して7月16日の火曜日平日の発売となりました。
娘が蕨駅を通った7時過ぎには20人ほど、私が駅を通過したころは50人くらいが並んでいて、「暇な人がいるな~」と感心したりうらやましがったり。
聞くところによると、発売の11時には西口階段の下までということですから、150人~200人近くが並んだかもしれません。

それでも、女房が銀行に行くのに蕨駅を通り掛かったとき(12時ちょうどくらい)には行列はなく、まだ100組くらいは売れ残っていたそうです。
ということで、機転を利かせた女房が手に入れてきたものです。

120


120_2

最近は硬券ブームですが、珍しく短冊形での発売です。
写真や歴史などの説明を多用するための企画と思われますが、最近の東急のように凝って手間暇を掛けたものに比べると物足りなさを感じてしまいます。できるだけ安価とするために、コストも掛けられなかったのかもしれません。

120_3
記念入場券は3枚セット、130円×3の390円と安価です。
もうちょっと古い電車の写真を揃えても良かったように思いますが、「蕨駅=蕨市」という企画者の思いが伝わる選択かもしれませんね。

120_4
説明を忘れましたが、連続券ではなく、単独の3枚をつなげてスキャンしただけです。
裏面は写真に関する説明がいっぱ~い。説明は省きますので、クリックして拡大して見てください。

しかし、明治は1日10本ですか・・・まあ、農業がほとんどの時代ですから、列車に乗る人なんてあまりいなかったのでしょうね。相当高価な乗り物だったとも聞きますし。

今回の記念入場券を見て違和感があったのですが、なんでか分かりました。

この手の短冊形の記念入場券は、券部分がA型サイズのものが一般的と考えられますが、この記念入場券の券部分は明らかに小さくなっています。
手元にあるB型硬券と全く同じサイズの作りになっていました。

次は130周年ですが・・・私も60歳近くなってしまいます・・・でも、あっという間な気もします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

小田急電鉄 記念入場券:皇太子御成婚記念

こんばんわ。

もう4~5年前にスキャニングしておきながら、機会をうかがってアップしていなかったものがあります。

私も結婚して20年を過ぎましたが、現在の皇太子さまご夫妻も私の半年後にご成婚され、20年を迎えています。
本当はタイムリーにアップするため保留しておいたのですが、パソコンの不具合が絶好調の時期と重なり、すっかり忘れてしまいました。

さらに1か月が経過してしまいましたが、本日ご紹介したいと思います。

Photo

小田急電鉄の新宿駅で発行された、「皇太子ご成婚記念入場券」です。
プリペイドカード大のビニルパッケージ内に銀色の台紙とともに、B型硬券封入されています。固定はされていません。

赤文字で「皇太子御成婚記念入場券」の文字が印刷されており、日付もダッチング風赤文字となっており、寿を表した特別仕様となっています。

Photo_2

取り出して表裏もスキャニングしてみました。

B型硬券の一般的な様式で、大小人兼用のものです。
裏面には発行元である「(小田急電鉄)」と「新宿駅発行」が記してあります。
「○03」は循環番号であり、現在では2000~3000枚程度の限定発行が多い中、当時としても異例の数万枚を発行していると思われ、一般受けを狙ったものであることが判ります。

この記事を打っていて気が付いたのですが、通常において、記念入場券にB型硬券を発売する場合、発売額が固定となっていることから、大小人の兼用を用いることは大変珍しいと思われます。
私も記念入場券セットで購入したものの中で、いくつかこのように大小人兼用の硬券がセットされたものを所有していますが、いずれも小児断片の綴り穴が省略されたものは未見です。

もしかしたら、ご成婚を記念しためでたいものですので、敢えてこの綴り穴を開けないという配慮がなされたのかもしれませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

続 京王電鉄:電車開業100周年記念入場券

こんばんわ。

もうかなり時間が経ってしまいましたが、過去ログ『京王電鉄:電車開業100周年記念入場券』でご紹介いたしました記念入場券は自身で購入したもので、その後、知人を介して手に入れたものがありますので、追加でご紹介したいと思います。

Photo_2

「京王多摩センター」駅発行で、じごぼうさんが地元駅で買っていただいたものですが、ご自身が収集趣味がないということで、実費で譲っていただきました。

京王電鉄の中で一番長い駅名と思っていたのですが、「京王よみうりランド」の方が長いことに気が付きました。

Photo_4

「東松原」駅発行のもので、lineさんの奥さんがたまたま発売日に利用されると言うことで、頼んで購入してきてもらったということです。

私が手に入れた中では唯一の井の頭線内の駅のものになります。

スタイルは全体として統一されており、特徴的な部分はありません。

その後は話題に上げっておりませんが、発売から既に1ヶ月経っています。まだ完売になっていない駅はあるのでしょうかね?

| | コメント (2)

2013年4月15日 (月)

京王電鉄:電車開業100周年記念入場券

こんばんわ。

昨日、京王バスの復刻塗装車集合イベントがあったのですが、なんと同じ日に「電車開業100周年記念入場券」が発売されると言うことで、途中、寄り道しながら出掛けてみました。

同社HPは削除されてしまうかもしれませんので、一応概要をママ記しておきます。

1.名称
「電車開業 100 周年記念入場券 」

2.内容
1930(昭和5)年頃、京王電気軌道時代に当時の四谷新宿駅と府中駅で、駅の入場券を発売しました。今回発売する記念入場券は、当時の仕様であるA型硬券に赤い線が入った当時のものをモチーフに、現在の仕様としてアレンジし京王線・井の頭線各駅でそれぞれ1,000枚限定(大人用普通入場券)で発売します。
※入場券の日付は「平成25年4月15日」とします。購入日から2013年12月31日までの1回限り有効とします。
※大人用入場券のみの発売とさせていただきます

3.発売開始
4月14日(日)午前7時30分から終電時間
※4月15日(月)以降は初電~終電時間に発売します
(ただし、長沼・京王片倉・山田・狭間・京王よみうりランドの5駅では、発売期
間中、7時30分~20時までの発売)
※最終発売日は2013年12月31日(火)までとなります

4.発売場所
京王線・井の頭線 全69駅

5.発売数
各駅1,000枚発売
※無くなり次第販売を終了します
※1回の購入につき、お一人様5枚までの販売となります
※69駅全駅セットの発売はしません

6.発売価格
1枚120円

全69駅を集める気は毛頭ございません。
今回の利用駅+文字数的に気になった「府中競馬正門前駅」に寄り道しました。

Photo

途中、架線にビニール付着ということで抑止を喰らい、行程に暗雲が。

競馬場へ行こうと思いましたら10分も電車がありません。
思い切って歩いていったのですが、15分強掛かってしまったので、電車に乗っても同じでしたね。まあ、健康的な徒歩を実行できたと言うことで。
結果的に「東府中駅」が最初に入手となりました。

Photo_2

徒歩にて到着した「府中競馬正門前駅」。
この日は競馬の開催日で、お客さんの出入りが結構ありました。

Photo_3

イベントの最寄り駅は「長沼駅」か「北野駅」。
この際だから行きと帰りを別々にすれば両駅とも手に入ります。
事故の影響で東府中からの列車が暫定普通列車のみとなってしまったので、手前の「長沼駅」を利用しました。当駅は利用客がかなり少ないようですね。

Photo_4

イベントの帰りは遅い昼食を摂ってから「北野駅」へ。
この駅を外から利用したのは40年振りくらいでしょうか。
高架の立派な駅になり、昔の折り返し線があった地平のローカルな雰囲気は面影もありません。

Photo_5

帰りは「分倍河原駅」から乗り換えてJR利用で。運賃は2倍以上も払わなくてはいけませんが、新宿経由の混む時間帯を利用したくなかったので。

Photo_6

参考までに裏面も。
記載事項は全駅とも共通のようです。

新宿駅は家を出るときに既に完売済みの情報が。
さらに、調布駅と笹塚駅も早いうちに売り切れたようです。

私が購入した駅はあまり進みが良くなかったみたいで。
参考までに購入データを載せておきます。

東府中駅・・・11:40頃 0226~0230 改札窓口

府中競馬正門前駅・・・12:00頃 0331~0335 外テーブル開設

長沼駅・・・12:35頃 0150~0154 改札窓口

北野駅・・・14:30頃? 0405~0409 改札窓口

分倍河原駅・・・14:45頃? 0417~0421 外定期券売り場

※改札窓口の場合、下車しなくても購入することが可能ですので、上手く利用すればフリー切符の無い同鉄道でも買い集めが可能かと思われます。
乗換駅以外は売れ行きは今ひとつのようで、まだ売り切れまでは時間が掛かりそうな感じもしますが・・・。

| | コメント (4)

2012年10月 6日 (土)

渋谷ヒカリエ開業記念入場券:東急電鉄

こんにちわ。

更新のタイミングが遅くなってしまいました。
こちらもlineさんに買っていただいたものですが、渋谷ヒカリエ開業記念入場券です。

Photo

2つ折で、右側が表紙、左側が裏表紙になっています。
記念入場券は切り込みに差し込む設定になっており、最下段の券番が確認できるようになっています。

Photo_2

中を開くとこんな感じ。
中身はもちろんヒカリエが主役ですが、デザイン的なものに終始され、完成形の写真などはありません。
肝心の東急はというと、当時走っていた記念ラッピング車がデザイン挿入されている程度です。

Photo_3

入場券です。
絵柄の入らないタイプとしては比較的珍しいB型硬券です。ツヤのあるタイプです。
日付はダッチング風ですが、印刷によるものです。

「○新」って何かな?と思ったのですが、裏面の案内を見ますと、無記の渋谷駅は東横線、「○新」渋谷駅は田園都市線を指しているようです。
それぞれに入場駅を規制してしまっており、共通で使用できないというのも珍しいように思います。
ところで、「○新」=田園都市線なのでしょうか・・・ひょっとして、新玉川線時代の名残なのでしょうかね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧