趣味

2015年11月22日 (日)

CABINからWinstonCABINへ

こんばんわ。
今回はタバコネタですので、嫌煙家の方は読まないでください。
キャビンマイルドが発売されて以来、約30年間変えることなく吸っていましたが、平成27年、何故かWinstonに吸収されるようにWinstonCABINに変わってしまいました。
「味・香りは変わりません」
じゃ、何故変える必要がある?と、長年愛用してきた方は誰もが思ったと思います。
これは、以前にもマイルドセブンがメビウスに変わった時も同じような印象がありました。
おそらくですが、「マイルドやライトという名称が健康害が少ないような印象を与える」といちゃもんを付けられたため、MILDやlightといった名称を無くすためのものではいないでしょうか?
タバコが身体に悪影響を与えることは、もう誰もが知っていること。MILDやlightといった言葉に騙される人なんていないでしょう?というのは私の持論です。
本題ですが、この製品の移行にあたって非常にめまぐるしい動きがあったので、記録しておくべく期間ごとにパッケージを取っておきました。
Cabinwinston
Cabinwinston_2
左から
CABIN MILD → Winstonへの移行を告知するパッケージフィルム付き
Winston CABIN8 → キャビンから変わった?という意味のパッケージフィルム付き
Winston CABIN8 → 告知付きパッケージが大幅にデザイン変更。箱自体は変わらず?
Winston CABIN8 → 箱のデザインが変更されこれで落ち着いた?パッケージフィルムに黄色の目立つ「NEW Design 8mg」の表示が付く。これはいずれ無くなるか?
Cabinwinston_3
底部のデザインも変化が見られるのでスキャンしておきました。
賞味期限が印字してあるので、約4か月の間に3回もデザインが変更されていることが判ります。
何故こんなに頻繁にデザインを変えたのか?謎です。その都度にデザイン料や印刷費もかさむ訳で、「その分値下げしろよ!」と言いたくもなります。
実際は国が販売額を決めてしまうので、これはもすべてはJTの努力の中で行われていることは理解していますが・・・
それにしても、短期間に何を意図してデザインを変更したのでしょう?
まったくもって謎です。

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

封かん紙付き:旧現金書留封筒

こんばんわ。

久し振りの郵便ネタです。

もう何年か前になりますが、現金封筒が急に必要になり、昔買っておいたものを探してみました。
運良く1つ見つかったのですが、割り印を押すマークが無いんで「アレ?」と思いました。
そう言えば、昔はこんなんだったけど、いつ頃から変わったんかな?

Photo_2

今は、宛名や受付印、引受番号の記入欄などがまとめて表にあるようになりましたが、昔はこんなんだったんですね。

Photo_3

逆に、裏面には現在の表にあるようなものが「これでもかっ!」てほど連なっています。

記入するところが多くて、とにかく面倒くさかった記憶が甦ってきます。

そして、この時代の最大の特徴が「封かん(封緘)紙」です。
封筒の一番上を見ていただくと、2重の封入紙のところにちょこんと挟まっている切手のようなものがお判りいただけると思います。このような状態で販売されていました。

Photo_5

こちら封かん紙で、2枚つづりを切手の如くミシン目で切り、封筒を2重に封した後、その上から左右の点線枠に合わせて1枚ずつ貼ります。

Photo_6

こちらは裏面を大き目に表示してみました。
偽造防止のためか、ミシン目と同じサイズの穴で、「〒」マークが2列ずつ横向き打刻?されています。これも、封かん紙の貼り直しによる偽造の防止のためでしょうか?

現在は封かん紙に代わって印鑑を押すマークが表示されており、このように手間の掛かる封かん紙は廃止されています。
これにはコスト削減による事情などもあったものと考えられますが、使用する側としても無駄な手間がなくなるので良いことだと思います。
もっとも、私の考えの一つとして、ハサミやカッターで封筒上部或いは下部を切ってしまえば「開封」されてしまう訳ですから、中身を抜き取ることを考えれば、いずれの方法も意味をなさないと思われます。場合によると、局員による抜き取り後配達を防止するための措置なのかもしれません。

この現金書留封筒は現在も使用可能のようですが、現在とは様式がかなり変わっているため、それなりの年齢を重ねた局員しか知らないそうです。窓口へ持っていってもそれなりに待たされることを覚悟する必要があるようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

消費増税後のレターパック

おはようございます。

早起きしてしまったので、前回の切手ネタの続きを一つ。

以前、バスコレの交換などを行っていた頃は何回かエクスパックというのを使ったことがありましたが、今は表題のレターパックと名称・制度が変わりました。

重さ・厚さによって2種類ありますが、今回はこの消費増税を前後とした変化を記録のために保存しておきました。

260300260300_2

こちらは増税前のレターパック500です。
切手と言う訳ではないのでしょうが、切手と同様に消印が押されます。

この表示の部分の下側は大きく余白があり、「何も貼り付けてはいけない」と言う注意書きがあります。

26040010_2

こちらは増税後のものになります。
郵便物の場合、先に買っておいたから良いというものではなく、配達される時点での料金が適用されますので、改定後の料金が必要になります。
れたパック500の場合は10円値上げとなり、510円に。不足分はこのように切手を貼れば使うことが出来ます。

260400

こちらは増税後のものですが、切手が貼付されていません。
料金不足となりますが、受け手が拒否をしない限り10円は後払いになるようです。
この時は郵便局の事務用ハガキが添付されており、そこに不足となる10円切手を貼って投函することになっているようです。←自分では最終処理していない。

今まで気にもしていなかったものですが、このような部分も記念になります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2014年5月25日 (日)

2円切手と82円切手

こんばんわ。

消費増税から間もなく2ヶ月が経とうとしています。

お店での買い物では「そんなもんか」と言う感じで買い物をしてしまいますが、タバコや自販機の飲料を見ると増税の重みが見えてきます。
タバコもお釣りを考えて20円を足すようになりました。現場仕事ではなくなり、飲料の自販機はまず利用する機会がなくなりましたが、「160円」とか「130円」という表示を見ると「高けぇなぁ~」というつぶやきが出てしまいます。スーパーで買えば安いですからね。

仕事の関係から、郵便物が毎日手元に届きます。
4月になって変化として見えたのが、封書やレターパック。

平成元年に消費税が導入されたとき、ハガキが40円→41円、封書が60円→62円になり、不足分の1円や2円切手が活躍しました。
消費税が5%になると、ハガキが50円、封書が80円になりましたが、41円ハガキや62円切手が出回りましたので、今度はこれを補完するための9円切手、18円切手と言うびみょーな金額の切手も発行されるようになっています。

50円、80円時代が長くなり、定着したところで、9円切手と18円切手は発行終了となって落ち着きましたが、この消費増税でまた2円切手の出番が与えられました。
仕事ではハガキが来ることはありませんが、定形・定形外の封書はかなり来ます。

260400802

最近は切手を集めることもありませんでしたが、何気に目に留まったウサギの絵があまりにもカワユイので、直ぐに捨てずにとっておきました。
しかし、ほんのちょっとしただけで・・・

26040082

82円切手がお目見えです。
絵柄的には如何にも日本風ですが・・・特にカワユイとかではないですね。

手元の在庫がなくなるまでは2円切手が活躍しそうですが、あと1年数か月後には更なる消費増税が待っていますから、さらに82円+αと在庫の80円+αの複数の組み合わせが混在することになりそうで、発行する日本郵便も、利用する個人・企業もややこしい時期が続きそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2011年8月17日 (水)

(R20) タバコ:CABIN 旧パッケージ

こんばんわ。

コカコーラパークの記事が非常にHITしやすい企画だったらしく、沢山のご訪問がありました。ありがとうございます。

今日は前フリとしてタバコネタです。20歳未満の方、タバコが嫌いな方、タバコを吸う人が嫌いな方、タバコのタの字すら嫌いな方は直ちに画面を閉じてください。

いまさら愛煙家なんて言葉、私も嫌いです。
何を言っても評価されないので、何も言いません。
タダ、タバコも文化の一つであることは否定できないと思っております。
なので、空箱コレクションから2つほどご紹介します。

Photo

現在のキャビンマイルドのパッケージの前のものです。
基本デザインは変わりませんが、「肺気腫を悪化させる可能性・・・」の文言がない時代のものです。他先進国から刺されて表示するようになったわけですが、効果ってどのくらいあるのでしょうかね?みんな「身体に悪い」と知っていて吸っていると思います。

Photo_2

これはデザイン変更の前のキャビンスーパーマイルドのパッケージです。
この頃は非常にカッコいいデザインだと思っていました。
いわゆる赤キャビンは結構強いので、私は殆ど吸ったことがありません。
キャビンマイルドが静岡限定で発売され、それを手に入れた国鉄時代の先輩が吸わせてくれて、非常に相性が良いなと思ったのが最初で、それ以来ずぅーっと吸っています。

値段も高くなったし、もう喫煙年数もバカにならなくなってきました。
そろそろ本当に止めないとな・・・とは思っているんですが。

という前フリのネタです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年8月13日 (土)

コカコーラパークぶらたび 超レア都市をやっとGET

こんばんわ。

知らない方には何の興味も面白味もない話なんですけど。

コカコーラパークのサイトで遊んだりしてますが、この中で「ぶらたび」というのがあります。

クリックして旅をし、出てきた地名をコンプしていく遊びです。

普通の関東の地名の他、レア都市として関東以外(多分、島ばかり)があり、さらにトップに超レア都市というのが存在します。そして、やっとその超レア都市をGETしました。

230812

アメリカと来ちゃいましたか・・・って感じです。基本は関東ですから、余りにも飛び過ぎです。

あと出ていないのがレア都市の2箇所のみなんですが、これもなかなか出ません。
もうちょっとでコンプなんですけどねぇ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2010年12月20日 (月)

お友達のご紹介・・・風景印をお好みの方へ

こんばんわ。

今日はお友達をご紹介いたします。

嗚呼、日本の何処かで・・・

なんとも言い難いタイトルのブログですが、内容は郵便の風景印を紹介しているサイト
でございます。

何故この人を?

要は私の隣に座って仕事をしているヤツでございます。

私は風景印というものは1度しか自分で貰った記憶がありません。

なので、全てにおいて共感できるわけではないんですけど・・・

その手のコレクションをしている方は、是非訪問してみてください。

如何にも怪しいアバターを使っていますが、本人は極めてフツーのヤツでございます(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

2が並ぶ~~~(その6) 郵便書簡:消印

おはようございます。

明日で2月も終わり。プチフィーバーとなった22222シリーズも「その3」で終らせる予定だったのですが、シービーさんの『22.2.22の郵便消印(市川二俣・西船... 』を拝見してなんとなく思ったんです。

「自分では買わなかったけど、毎日到着する郵便に消印があるんじゃないか・・・。」

アルバイトの女の子に頼んで、23~24日に到着した封筒を探してもらいました。そしたら、5通の郵便書簡のうち、2つが「22.2.22」の消印だったんです。

Photo

上が武蔵野市の武蔵野局、下が豊島区の豊島局ですね。

記念消印とは違い、あまりキレイではありませんが、印字自体はハッキリと2並びが判るので良いと思います。

私が生きている間には2度と訪れない日付ですから、未使用の切手と共にアルバムに保管しておこうと思います。

みなさんの会社でも、もしかしたらあるかもしれませんよ。23~25日くらいに到着したハガキ・書簡(封書)をチェックしてみましょう。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ

| | コメント (2)