« フジパンスナックサンド:ボンカレーゴールド中辛風 | トップページ

2019年12月 8日 (日)

峠の釜めしが紙製の器に・・・

ご無沙汰です。

昨日になりますが、イトーヨーカドーの駅弁大会に峠の釜めしが来るということで、夫婦そろって出撃。

以前、近所で売られた時は販売開始前からの行列であっという間に売り切れたのですが・・・

今回は誰も興味を示す人なく、あっさりと購入できました。
しかし・・・入れ物が・・・

011208

紙製になっていました。この雰囲気ならまだマシですが・・・

011208_20191208201002

なんじゃこら?感は否めません。

011208_20191208201001

中身は今までどおりのようですが、やはり安っぽく見えます。

定価1,080円なり。

もう何年も前からこのスタイルが販売されていたようです。

並行して今までどおりの釜もあるそうなので。

レンジで温められるということですが、器は紙製で、洗うとフニャフニャに。再使用は困難。

個人的にはやはり陶器製が良いですね。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« フジパンスナックサンド:ボンカレーゴールド中辛風 | トップページ

コメント

すみません、まとめて投稿してしまって・・・。
最近目が疲れやすいので、調子のいい時に。
次の免許更新は、眼鏡ですね。
峠の釜めし、シンプルな具材に陶器製の容器、飽きない味が魅力なのに・・・。
これじゃ何だか、コンビニの弁当みたい。
陶器製の容器が、味を引き立ててると思うんですがねえ。

投稿: 金太郎 | 2019年12月11日 (水) 22時08分

金太郎様
味はおそらく変わらないのでしょうけど、やはり味覚と視覚には密接な関係があるのだと思います。生まれながらの習慣でも違うかもしれませんが、日本人は敏感になっているかもしれません。
廃棄物を増やさないためには紙の方が良いのかもしれませんが、慣れるまでは時間が掛かりそうですし、慣れる頃には売り上げにも影響していそうな気がします。

投稿: | 2019年12月31日 (火) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フジパンスナックサンド:ボンカレーゴールド中辛風 | トップページ