« 2018/09/24 中秋の名月!!! | トップページ | 2018/10/18 月と火星が大接近 »

2018年10月 8日 (月)

白熱灯式信号機(蕨市南町一~三丁目市道)

こんばんわ。
 
ちょっと時間が経ってしまいましたが、白熱灯式の信号機が気になって、散歩がてら地元を歩いてみました。
日本一狭い市である我が蕨市ですが、クルマではあちらこちらと走っていても、隅々まで行っているわけでもなく、どの辺りの道路の信号機に目標を定めようか、意外と思いつきません。生活道路同士の交差点ではあまり信号機が無いことに初めて気が付きました。
 
そこで、集約臨の撮影のついで、最初に思い当たった南町のバスが通る道を歩いてみることにしました。
 
※撮影は、平成30年9月24日です。
 
300924led31_2
 
 
300924led32
 
まずは目的の場所に向かう前に横切った県道にある押しボタン式信号です。
県道なので既にLED化されていたのですが、歩行者用の信号機のみまだ白熱灯のままでした。このような場合、コスト的には一度に取り替えられてしまった方が良いと思われますが、こんなケースもあるんですね。
 
3009243
 
3009242
 
そして県道と並行する市道に入ってみます。南町三丁目だと思いますが、限りなく川口市に近く、戸田市も入り組んでくるちょっと複雑な地域です。
やはり白熱灯式のまま残っていました。上の写真の奥が西川口駅の方向になり、この先の信号機も白熱灯のようです。
 
30092421
 
蕨駅方向に進み、南町二丁目に入りますと、終端のT字路まで一直線のため、この先にある6か所の信号機すべてが見えます。手前から2番目の信号機のみLED化されていました。
 
30092422
 
二丁目の信号機です。この辺りには歩行者用信号機がありません。
 
3009241
 
南町一丁目、南小学校の南東側にある交差点。さすがに小学校の通学路となるため、歩行者用の信号機も全方向にあります。バスは西方向からこの交差点を曲がって西川口方向へと進みます。
 
3009241_2
 
南町一丁目、南小学校の北東側にあるクルマの交差が少ない交差点の信号です。
休日だと信号機が要るような交通量ではありませんが、やはり通学路に当たるため設置されたようです。
視認性にはあまり問題なさそうですが、何故か交通量が少ない側に縦型の信号機まで付いています。
 
この南小学校正門前の道路と並行する南東側の信号機からこの先の県道とT字路でぶつかるまでのスパンは、私が小学生の頃はまだありませんでした。小学校の前の通りが通り抜け道となっていましたが、昭和40年代後半頃はまだまだ自動車も少なく、危険と感じるような道路ではありませんでした。
 
しかし、昭和50年代に入ると免許の取得率がグッと上がり、その分、ヘタクソや乱暴者が増えるようになり、交通量の少ない道路も安全とは言えなくなってきました。これからはボケ老人の問題も大きくなりそうです。
 

|

« 2018/09/24 中秋の名月!!! | トップページ | 2018/10/18 月と火星が大接近 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
休みの日を使い、武州・大宮より県都・浦和まで自転車に乗って行ってきましたけど、中心部の交差点(仲町とか)でも白熱灯式の信号機が、未だ健在なのには驚きでした。

因みに県庁の本庁舎の裏手にある第二庁舎内に、県警本部のPRセンターがあり、現役を引退した白熱灯の信号機が保存されてるものの、帝都・東京とは異なり埼玉県下の場合だと、まだまだ完全リタイアまで時間がかかるのではないかと思います。

以上をもちまして、失礼します。

投稿: 宮オオ | 2018年12月 3日 (月) 19時54分

はじめまして。
今、様々な形態の信号機がいろいろ見受けられてるけど、最近の新しいタイプのは、庇がない為にのっぺりしていて、まるで小学生の時に作った工作みたいな感じがしてならないです。
それはさてと、都市景観を配慮した信号機をはじめ、ネットで「信号機」を画像検索してみると、興味津々になってしまうから、奥深いなと思います。

投稿: 勘助 | 2018年12月 4日 (火) 15時35分

宮オオ様
都内は殆どがLED化されたらしく、タモリ俱楽部でも取り上げられたほどですが、10~11月にかけて病院や市役所に出掛けるついで、気を付けて見ていたところ、主要な県道やR17の一部までも未だ白熱灯式の信号機が残っていたのは驚きと共にちょっとガッカリしました。
おっしゃる通り、埼玉県内での置換えはまだ当分先となりそうですね。

投稿: キハ181つばさ | 2018年12月 9日 (日) 18時38分

勘助様
コメントありがとうございます。
昔はゼブラ板が無くなった頃にちょっと興味を持ったくらいでしたが、最近は信号機を気を付けて見るようになりました。
都市景観に溶け込んでしまっているが故、みんな同じように見えてしまいますが、注意深く見るとヒサシの有無、厚さや角のとりかた(R)など、かなり違うんですね。
LEDも出始めの頃は、白熱灯式と同じような厚みがあったり、従来の信号機とあまり違和感が無いようなものもあれば、近所にできた信号機のようにまるで段ボールで作ったような非常に薄っぺらなものまであり、景観に合わせて茶色の外板をしようしたりと、大変興味深いものになりました。
運転中のコレクションは危険なので難しいですが、複雑だったり変わった形の信号機に出会ったら、これからもここでご紹介したいと思います。

投稿: キハ181つばさ | 2018年12月 9日 (日) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018/09/24 中秋の名月!!! | トップページ | 2018/10/18 月と火星が大接近 »