« 2016年4月3日 - 2016年4月9日 | トップページ | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »

2016年4月10日 - 2016年4月16日

2016年4月10日 (日)

鉄コレ第22弾 おみくじ3両

ちわ。
 
先月末に発売になった鉄道コレクション第22弾。
数年前ならこおラインナップだと箱買いだったんですが、さすがにあまり進歩の無い中華グレードで、且つ、これだけボッタクリ価格になれば財布のひもは必然的に閉まってしまいます。このおもちゃ10両で、割引後でも13000円するなら、迷わずKATOの完成品を買いますよ。
 
ただ、これからN化される可能性の無い車種、さらに国鉄型であれば、やはり1両欲しくなります。今回ならキハユニがこれに該当しますが、3/10の確率ですから、3台買って1台出ればいいかな・・・くらいで、おみくじです。
 
宿ヨドに行きますと、置いてあったのは4台分。小さな私鉄車両を選びたくないので、何年振りかで重さ診断に挑戦です。
 
08
 
一両目は化や加悦鉄道 のキハ08でした。
これは中ヒットですね。
08_2
 
08_3
 
客車を気動車に改造したゲテモノの元祖。
客車然としたままクモヤ90のような運転台を取り付けた姿が個人的には大好きで、GM改造キットで片運転台のキハ09を3台も作りましたが、両運転台のキハ08は切り継ぎが多くなるので、面倒でやめてしまいました。
切り継ぎの無い完成品なので、良く出来ているな、と思います。
ただ、やはり個人的には国鉄時代の姿が欲しいので、クリーム色の明るい部分に残念さを感じてしまいます。国鉄時代にするには塗装のやり直しをするしかありませんが、ベースが良く出来ているので、一から改造するよりは楽できそうです。
 
Photo
 
2両目は岡山臨港鉄道のキハ5001でした。
これはちょっとガッカリでした。何せ現役時代を知りません。
 
Photo_2
 
改造された際に変顔となり、結構有名な車両だったようで、現在実車が走っていれば撮影に行っていたと思います。
昭和の50年代くらいまでは各地にローカル私鉄がありましたが、国鉄だけでも追い掛けるのが必死で、ローカル私鉄まで訪れる余裕がありませんでした。
 
15
 
3両目にやっとキハユニが出てきました。ホッとしました。
気動車登場初期に誕生したキハユニ15で、湘南顔に客車の車体を載せたような奇妙なスタイルです。キハ10系が量産される前の姿であり、その後のデザインが定着する前の創成期のデザインと言えるでしょうか?
この車両が出たのは嬉しかったですが、写真にしてみたら顔が変なことになっています。さらに、全面と屋根のすり合わせはご覧の有様。テスト時から気になっていましたが、中華グレード炸裂!!でしょうか???
 
15_3
 
15_2
 
実車は見たことがありませんが、昔はこのヘンテコな車両を撮りたいな、と随分思ったものです。現役当時はまだそれほど年齢も行っていなかったので、それも実現しませんでした。
写真を見て気が付いたのですが、国鉄時代の気動車は一位側の台車を駆動軸としてエンジンが前寄りに設置してあるのですが、この車両はエンジンが後部になっていますね。これは改造の際の手順等の影響を受けたのでしょうか?
 
折角ですからもう一つのキハユニ16バス窓車も欲しかったですが、10台から2台ともゲットするのは難しそうですね。
トミックスからは10系気動車が発売されていますが、私はまだ購入していません。編成を揃えるのも良いですが、やはり何でも有りの世界を楽しめる模型ですから、実車同様キハ58や雑多な気動車と自由に手をつなぎ、凸凹編成を楽しみたいものです。
 
 

| | コメント (0)

« 2016年4月3日 - 2016年4月9日 | トップページ | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »