« 2015年10月18日 - 2015年10月24日 | トップページ | 2015年11月1日 - 2015年11月7日 »

2015年10月25日 - 2015年10月31日

2015年10月29日 (木)

KATO クモハ12 50鶴見線

こんばんわ。
むかつきます。
2回もフリーズしてくれました。
3度目のトライです。
Kato120521_2
この出来栄えに誰が文句を言いますか?
RMMODELSのキットに頼るしかなかったクモハ12が、完成品で、こんなきれいに、しかもライトまで点灯しちゃって。
強いて言えば渡り板の形状くらいかな。
まるで新製時のピカピカの写真みたいです。
Kato12052
サイドの写真。
オーバーハングがギリギリなのがNゲージの泣き所ですね。
しかし、ここ再現するかデフォるかかなり印象が変わってしまうでしょう。
カプラー構造は先に発売された飯田線クモニ13と同様で、連結する際には注意が必要です。
写真に撮るの忘れましたが、反対側は増設運転台後部の窓がないので、印象が異なります。
Kato120522_2
運転台が増設された050代の最大の特徴はこの顔。
直線雨どいに貫通路が付いた姿は、モハ32系を含めてもコイツくらいしか居ないかな?
車体表記も充実しており、本当にリアルですね。
530219_2
文句のつけようがないので、実車の写真もご紹介します。
と言っても、元々不便な路線ですので、撮った写真が1枚しかありませんでした。
大川駅に停車中のクモハ12。
鶴見線らしさの最たるものはやはり黄色いサボでしょうかね。非常に目立つパーツです。
ん?サボ受けと検査表記が逆ですね。
541200
偶然にも1位側の写真がありました。
と言っても、南武線浜川崎支線に運用されているクモハ12で、本来はクハ16が連結される位置です。
検査とかでクハ16やクモハ11が欠になった際、クモハ12で代用していたようです。
写真はクモハ12+クモハ11の2M編成でした。
それにしても、製品が届いた際、飯田線の様にあまりときめかなかったんですよね。
なんででしょうかね・・・
単行の印象しか無く、編成のシチュエーションが思い浮かばないからかな?
やはり個人的にはクモハ11+クハ16を出してもらいたいな。

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

ビジネスホテルの看板「~○○○○円」

こんばんわ。
もう2週間も前の話になってしまいますが、撮影の時間調整があって、久し振りに赤羽駅で下車してみました。
外を歩いていた時、駅前のビジネスホテルの看板に目がいきました。
宿泊料の表示があるホテルって、ラブホとかモーテルのイメージが強いんですが、近年は値段競争からか、ビジネスホテルでも宿泊料の表示を出しているところが目立つような気がします。
でも、普通は商品の表示をする時って、「○○○○円~」というように、安い方を表示しますよね。安い方で気を引いて商品へ誘導するというのが一般的です。
271013
で、このホテルの看板をチラッと見た時に、直ぐにピンと来てしまった訳です。
「~○○○○円」っていうことは、このホテルにはこれよりも高い部屋はないということ。つまり、これだけのお金があれさえすれば、必ず泊まれるということになります。
なんて良心的な表示なんだ!と思ってしまったのです。
最近の報道を見ると、外国からの観光客、特に欧米系の旅行者は、宿泊に出来るだけ金を掛けず、その分、多く観光してお土産代、或いは日本製品の購入にお金を回す傾向にあることを聞きました。
板橋区に住んでいた頃、赤羽駅の利用者でもあり、この辺りもしょっちゅう通っていましたし、このホテルも昔からあったのではないかと思いますが、この看板は全然意識していなかったので、昔からこの表示をしていたのかどうかは知りません。
もしかしたら、近年の傾向に合わせてこのような表示にしたのかもしれませんね。

| | コメント (0)

« 2015年10月18日 - 2015年10月24日 | トップページ | 2015年11月1日 - 2015年11月7日 »