« 2015年3月1日 - 2015年3月7日 | トップページ | 2015年3月15日 - 2015年3月21日 »

2015年3月8日 - 2015年3月14日

2015年3月14日 (土)

特急「北越3号」:特急券(D型常備)

こんにちわ。

特急「北越」は、昨日平成27年3月13日をもって廃止となってしまいました。
前回、「北越1号」の特急券をご紹介いたしましたが、もう1枚ありますのでご紹介いたします。

Photo

「○日」新潟発行のD券で、乗車区間は発売個所と反対方向の金沢→新津となっています。おそらく帰路の乗車分を往路と同時に購入したものと思われます。

昭和53年10月改正前ですので、3号となっていますが現在では5号に該当する列車となります。

昭和51年の発行となり、既に▼矢印変更され、券面スペースに余裕を感じます。

上越新幹線の開業によって都市間特急・新幹線アクセス特急という2つの顔を持つようになった特急「北越」。北陸新幹線の開業によってアクセスの役目を終え、四十余年も生き続けた愛称と共にその生涯を終えました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

特急「北越1号」:特急券(D型準常備)

こんばんわ。

ダイヤ改正まで秒読みと言った状況になってきました。

かなり昔、スタンプショップで「北越」の特急券を購入した記憶がありましたが、まだここにご紹介していなかったようなので、改正で消滅する前に記録しておきたいと思います。

1

昭和51年1月発行の「北越1号」準常備特急券です。

乗車区間は新潟~柏崎と、現在の運転区間内ですが、昭和51年当時は大阪~新潟間2往復と、金沢~新潟間1往復の体制でした。ちなみに、運転開始は昭和44年10月の臨時列車から、食昭和45年3月から定期列車となっています。また、昭和50年3月よりそれまでの米原経由から湖西線経由に変更されています。

発行は羽越本線中条駅となっており、乗車が新潟駅であることを考えると、村上線経由で新潟から接続したものと思われます。
この時代では新津以北から柏崎方面へ直通する特急が「白鳥」1往復のみであるため、時間帯が合わなければこのような選択肢も日常であったと考えられます。

図示した特急券は準常備で「○継」料金の設定がありますが、当時は上越新幹線がないため、新潟からですと米原・京都・新大阪から東海道新幹線に乗り継がない限りは使用が見込まれません。
よって、中条駅では常備券を置かず、あらゆる線区の特急列車の中距離区間に対してこの口座をしていたものと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

« 2015年3月1日 - 2015年3月7日 | トップページ | 2015年3月15日 - 2015年3月21日 »