« KATO タム500 with マイクロ タム5000 | トップページ | 個室カードキー:寝台特急「北斗星」 »

2015年8月21日 (金)

KATO ワ12000 & 自作 ワ12000

こんばんわ。

ちょっと日数が開いてしまいましたが、今般購入したKATOの貨車シリーズ最終回です。

最後は待望のワ12000です。

Kato12000

何故待望かって?
思い入れがあるからに他なりません。
2両セットを並べて写真を撮っても、ただ単なる黒い貨車の2両セットなんですけどね。
こうした写真であれば、数年前に発売されたワム90000と同じような感じかもしれません。

でも、これがとにかくすごい貨車なんですねぇ。

Kato1200080000

こうしてワム80000と繋げてみれば、その差は一目瞭然です。とにかく小っちゃい。これを正確に凝縮して仕上げたのがKATOワ12000なんです。良くぞやってくれた。感謝!

昭和57年当時、大宮操車場に配属された時、こんな戦前の木造車のような大きさの貨車が現役で動いていたんです。ただし、白帯を入れた大宮工場の配給車代用でしけど。
既にワム90000ですら見ることが出来なくなっていた時代ですので、とにかくこのかわいい貨車が好きでした。大宮工場には何両も配置されていたようで、必ず毎日と言っていいほど見ました。

しかし、まだ合理化で貨物ヤードが無くなるなんて予想もしていなかった頃なので、写真なんて1枚も撮っていませんでした。もっとも、1年目の新人が仕事も覚えずに撮影に高じていたら、どんだけ怒られたかも分かりません。

そして、入社して間もない昭和57年11月頃から、ワム80000の配給車代用が姿を見せるようになります。当時のワム80000はまだ新しい貨車との認識だったので、何が起こったのかも良く判りませんでしたが、その交代劇はあっという間でした。何の手出しもしないうちにワ12000は姿を消してしまいました。

そんなこともあって、国鉄を退職して、さらに結婚した辺りからか、Nゲージを再開した時、この車両が欲しくて仕方なかったんですよね。もう20年以上も前の話です。

Kato1200012000

で、4両並べてみました・・・ん?
なんじゃこら?ですね。

実は、右側2両は手作り品です。
当時、名刺が大量に置かれて捨てなければいけない仕事をしていましたが、捨てるのが勿体無くて何かに使えないかと考えた末、Nゲージの貨車になってしまったのです。
当時は発売されていなかったテムなどと一緒に、どうしても欲しかったワ12000を名刺からフルスクラッチで作ってしまったのです。貨車は窓がない分、根気がなくても何とかできそうだったので、トライしてみました。

Kato1200012000_2

さすがに製品と並べてしまうと比べ物になりませんが、当時はこの大きさの貨車が手元にあるだけで嬉しかったですね。20数年を経て、しかもKATOから発売されるなんて、本当に夢のよう。

でも、やはり個人的にはこの白帯に「北」の文字が入った大宮工場の配給車代用が欲しいですね。KATOさん、バリエーションとしてぜひお願いします!

Kato

仕事柄、貨車をたくさん並べたヤードをNゲージで再現したかったのですが、家が手狭過ぎて、あと何年したら実現できるか全く見当がつきません。場合によっては10年後には死んでしまっているかもしれませんし。

既にかなりストックのある貨車群ですが、その後Nゲージを中断している間に発売された新規製品の貨車も買っていないものが多数あります。
全部並べて貨車をぶつけながら連結を楽しむことが出来たら・・・ハンプなんかも作っちゃったりして・・・夢で終わらせたくないんですけど。

貨車シリーズはとりあえず終了です。そのうちまた電車が入線してくるかな?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« KATO タム500 with マイクロ タム5000 | トップページ | 個室カードキー:寝台特急「北斗星」 »

鉄道模型(鉄コレ以外)」カテゴリの記事

コメント

人それぞれに「思い入れのある車種」ってありますね

黒い貨車は並べるだけで楽しいです。
それも屋根の形や側板のバリエーションがあると、とたんに現実味が高まります。
とりわけ「ワ」はちっちゃさが際立ちますから特に面白いと思います。

ずらっと連結された貨車を眺めていると、ピーッと汽笛が鳴って「ガガガガ…」と連結器が音を立てて出発していく光景が忘れられません。

投稿: ホビぽっぽ | 2015年8月21日 (金) 13時04分

ホビぽっぽ様
レス遅くなりました。
59.2の貨物大合理化以降、殆どがコンテナばかりになってしまい、貨車の魅力がなくなってしまいました。そんなこともあって貨車・貨物列車への興味がかなり薄らいでしまいました。
そんなこともあり、模型は好きなものを好きなだけ好きなように連結して楽しめるのが良いですよね。
若い世代の人には理解できない分野かもしれませんが、リアルにその時代を見てきた世代にはたまらない、貨物列車にはなくてはならない存在の貨車たち。
近年は古い時代の貨車を色々と発売してくれるので、余生を楽しむにはもってこいの時代となりました。

投稿: キハ181つばさ | 2015年8月28日 (金) 19時58分

ご無沙汰しております。
名刺から貨車を?名刺の紙質は使えそうですね。
わたくしは名刺も然りですが、何を作るでもなく一寸厚めのボール紙などを165系のように軽く裾を絞ったように折り曲げて時々悪戯しております。
ワ12000、小っちゃいのに2段リンク化されて最高速度75/㎞仕様だったんですね。
黒貨車は見逃してしまっていたので、今となればじっくり観察しておくべきでした。
沢山貨車をお持ちのようですが牽かせる電機はEF15かEF60辺りですかね?

投稿: 金太郎 | 2015年9月 2日 (水) 21時22分

金太郎様
レス遅くなってすみません。
名刺は紙質が良いし、薄いのに弾力もあって丈夫、接着剤を付けてもあまりベコベコにならないので良いんですよね。ただ、目標となる目盛りが一切なので、その点は平行を取るのも大変ですけど。
黒屋根貨車の場合、JR機じゃなければ基本なんでもOKですよね。地元の末期はEF15やEF60、EF65500でしたけど、個人的には小学生の頃に良く見ていたEF10・12・13辺りですかね。長大編成ならやはりEH10に牽かせたいです。
それと、私が小学生の時は、コンテナ色のヨ5000やワサフ100なんかが最後尾に連結されている貨物列車を目撃した記憶が鮮明に残っています。まだカメラを持っていなかった頃だと思いますが、あれは写真に撮っておきたかった・・・

投稿: キハ181つばさ | 2015年9月 7日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATO タム500 with マイクロ タム5000 | トップページ | 個室カードキー:寝台特急「北斗星」 »