« 道路にアヒル | トップページ | Jagabee(ジャガビー) 山わさび味 »

2015年5月 3日 (日)

交換レールの敷座?現る

こんばんわ。

平成27年4月29日、いつもの場所に撮影に向かうと、線路に真新しい枕木のようなものが見えました。
直ぐに何モノか分かりましたが、地元で写真を撮り始めてからは、貨物線側にこれを見たのは初めての様に思います。

270429

ほぼ等間隔で設置されています。始終点は確認していませんが、蕨駅南側から見える範囲~自転車橋から西川口寄りに見える範囲は設置されているようです。

本線の位置ほど邪魔になる角度ではないので、写真には影響なさそう。
多分、夜中にレールを運んでくるものと思いますが、ここに架設している作業を見てみたいものです。

ところで・・・

線路や管を設置していくことを「敷設」と言います。何故か水道管は「布設」という言葉を使ったりしますけど。

先日、NHKのニュース内において、鉄道ではありませんが、レポーターが「しきせつ」と読んでいました。天下のNHK、言葉にはうるさい筈ですが、生ではないVTRを編集もせずに流してしまうなんて、ちょっと信じられませんでした。携わった者が誰もこの言葉を知らなかったのでしょうかね・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

|

« 道路にアヒル | トップページ | Jagabee(ジャガビー) 山わさび味 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
局アナの言い間違えで思い出しましたけど、関西の某民放局アナが架線のことを「ガセン」と言ったのを聞いた時、おもわず「?」と思ったものの、後で調べてみると、「かせん」とそのまま言えば「下線」などと混用されやすい為、専門用語として区別すべく「ガセン」と言うと知るや、流石に驚いたことがあります。
それでは、私はこの辺にて失礼します。

投稿: 宮オオ | 2015年6月10日 (水) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道路にアヒル | トップページ | Jagabee(ジャガビー) 山わさび味 »