« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

券売機発行乗車券:両国→210円 □定□カ

こんにちわ。

狭くて汚い我が家、デスクの足元に落とし物をしてしまったので探していたら、コレクション箱から落ちたと思われる乗車券が出てきました。残念ながら折れ目が付いてしまいました。

Photo

なんてことはない、券売機発行の乗車券です。
両国から210円区間の乗車券ですが、右下の「■定」「■カ」が注目点です。

「■カ」は、ご存じのとおりオレンジカードで購入すると表示される記号ですが、「■定」は定期券併用の際に表示される記号となります。

自動改札用の磁気式定期券は、導入当初、区間外乗車のみを弾く機能としており、乗車記録もフリーとしていました。これは、有人改札が多いことで、これをロックしてしまうと殆どの乗客が自動改札通過時に止められてしまうためです。
この乗車記録がフリーとなっている関係で、区間外乗車した場合でも何らかの方法で乗車駅をクリアしてしまえば、キセル乗車がし放題だったことになります。

自動改札が普及すると、乗車記録、降車記録にロックが掛けられるようになります。
ある定期券で乗り越し精算をした場合、降車記録が残ります。区間外駅において普通乗車券等で乗車し、乗車記録の無い定期券で下車しようとすると、「何らかの手段によって区間外から乗車してきた」と判断し、自動改札でチェックが掛かることになります。
つまり、ここで不足運賃の乗車券を所持していれば「不正乗車」と判断され、定期区間までの正規の運賃を示す乗車券を所持していれば「定期併用」となるわけです。

しかし、正しい運賃の乗車券を持っていても自動改札駅で有人改札を通過し、確認を得ないと出場できなくなりますので、これでは不便になります。
そこで、区間外の乗車駅で定期区間までの普通乗車券を購入する際、予め定期券に併用の情報を書き込むことで、下車駅での自動改札利用を可能としたのが、「■定」の機能となります。

券売機に定期券を挿入すると、定期区間の接続駅の候補が自動的に表示されます。該当する接続駅をタッチすると運賃が表示され、入金又はカードの挿入により接続駅までの普通乗車券が発行され、定期券が戻されます。
乗車駅では普通乗車券で入場することになりますが、下車駅の自動改札では2枚投入とはならず、併用の記録された定期乗車券1枚の投入で下車することができます。つまり、乗車した際の乗車券は無用となり、手元に残ることになります。

自動改札を利用できるイオカードが導入された際、W投入による併用乗車はできませんでしたので、当時としては大変便利な機能でしたし、キセル乗車もかなり防止できたのではないかと思われます。
しかし、その機能の使用開始から数年後にはSuicaが導入され、自動券売機にすら立ち寄ることなく区間外乗車・定期併用ができるようになりましたので、今となっては無用の長物となってしまいました。
それでも磁気式定期券を使用している乗客もいますので、多少の需要はあると思われますが、確か数年前にこの機能も廃止される、とアナウンスがあったと記憶しております。いつ頃だったか調べてみましたが、詳細な情報には辿り着きませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

通勤定期乗車券:新小岩⇔三鷹 「○近」経由

こんばんわ。

今日は頂き物のJR東日本発行通勤定期乗車券をご紹介いたします。

Photo

Suicaが導入されてから10周年になりますので、ちょうどSuicaの導入開始くらいの頃に発行された、磁気式の通勤定期乗車券になります。
現在は殆どが非接触式へ移行されていますが、通勤時においては、まだこの磁気券を使用している方を良く見掛けます。

新小岩~三鷹の乗車区間となりますが、経由の表記から総武快速線で東京へ行き、中央快速線の始発電車に乗ることを目的として、東京駅経由で購入したもののようです。
最短距離は総武・中央緩行線から御茶ノ水以西を中央快速線に乗り換えるのが一般的と思われますが、もう一つ、秋葉原で京浜・山手線に乗り換えてから神田経由で、という面倒な方法もありますので、都合3通りが考えられます。

神田経由の表示にしてしまうと、秋葉原から入るか、東京から入るかが不明になってしまいますので、東京駅を経由する場合は「馬喰」を表示しているものと考えられます。

では、経由の真ん中にある「○近」は何を指すものなのでしょうか?
実は、私はこの表示を見るのは今回が初めてのため、いろいろ考えてみたのですが、一つくらいしか思い当たりません。

私が知っている事例としては、大宮以遠から赤羽以遠発着の定期券を購入した場合、東北本線も埼京線も利用できるということです。便宜上で最短経路計算しているだけで、購入経路以外途中下車が出来ないものと思っていましたが、この場合、どちらでも途中下車できるそうです。
この例に当てると、もしかしたら東京駅経由で運賃計算されていますが、近道である両国・浅草橋・秋葉原の各駅でも途中下車できる?という表示なのでしょうかね・・・

埼京線の例の場合にどのような経由表示がされているのか、たまたま近くにこの経路の利用者がいないので確認できませんが、知り合いがいたら拝見してみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (4)

2015年2月21日 (土)

○企 フレッシュひたち料金回数券【表紙】

こんばんわ。

北陸シリーズも終わりましたので、今回は新ネタです。

先般、lineさんからいただいた企画きっぷです。

Photo

「○企 フレッシュひたち料金回数券」になりますが、使用済みのものですので、画像は【表紙】のみとなっています。
実物を見たことが無いので乗車券の解説はできませんが、表紙に案内・注意事項に該当する内容が記載されています。

同券は、同じ企画名で指定席用と自由席用があるようですが、特に「指定席用」「自由席用」といった記載はなく、説明書きの内容からこの券が「自由席用」であることが判ります。

乗車券は含まれておらず、乗車券又は定期券と合わせて乗ることが出来ます。区間変更、途中下車、指定席車への変更も出来ないなど、安価なりの制約がつきます。

平成27年3月のダイヤ改正において、特急「フレッシュひたち」の愛称が「ときわ」に変更されるとともに、上野東京ラインの開業に合わせて座席指定を伴わない指定席券「未指定券」の制度が拡大されることになり、当該制度は廃止とならざる得なくなります。
そこで、改正日を跨いで残券があった場合にどのような取り扱いになるのかが気になり、JR東日本のHPで調べてみますと、以下のような案内がありました。

Photo_2
≪JR東日本ホームページより引用≫

同券は改正前日である3月13日をもって利用期間が終了となり、改正日以降は使用できなくなるとのこと。
そして、表紙の案内では未使用で表紙と揃っている場合に限り払い戻しができるとなっていますが、販売者側の都合によるものでもあるので、残余券を有効期間内に限り割数で払い戻しされるようです。特に手数料も明記されておりませんので、無料になるかと思います。

4人で使用、又は2人で往復等の利用もありますので、前日ギリギリまで発売されるようですが、残余券が無手数料で払い戻しできるのであれば、1枚だけ使用して払い戻すことによって、4枚使用しなくても少しお得に利用できるということになりますね。
もっとも、私が利用する可能性は0%ですけど。

特急名「リフレッシュひたち」の消滅と共に、指定席券の制度取扱いの過渡期に誕生した企画きっぷも、時代を語る証言者として保存に値する乗車券であると感じます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (1)

2015年2月15日 (日)

北陸旅編(その7完):やきそばナポリタン

こんばんわ。

北陸ネタもシリーズ物が間に入ってしまったので、ナンバーが飛んでしまいましたが、一応これにて完結にしたいと思います。

最後は食べ物ですが、厳密には北陸或いは富山の名産・名物というものでは無い筈なので、あらかじめお断りしておきます。

270124

北陸旅での2日目夜、富山駅からやや離れた場所の居酒屋で前夜祭のような飲み会を実施したのですが、その際、メニューから見つけて頼んでみたのがこの「やきそばナポリタン」なる食べ物。

名前からは想像が付かず、出てきたのがこの写真のものです。
簡単に言うと、やきそばをケチャップで炒めたもの・・・簡単そうです。
パスタを茹でる時間・手間がない分、コストが安そうですね。利益率が高そうです。

で・・・

こういうのを食べると、自分で作ってみたくなります。もちろん、レシピはありませんし、味覚音痴で料理の素質の無い私からすれば、分析してそのまま真似するつもりもありません。

国鉄時代の料理経験からどのようにしたら食べ物になるか考え、試作で作ってみました。

ただ、食材の準備をするにあたって、考え方として2通りあることは想像が付きました。味のベースはケチャップ、面に焼きそばを使用することは確定ですが・・・問題は具材。

1つは、具材を焼きそば風にキャベツ、キノコ類、豚肉を使用すること。
2つ目は、具材をナポリタン風に玉ねぎ、キノコ類、ピーマン等を使用すること。

ただ、具材をすべて焼きそば風にしてしまうと、ただのケチャップ味の焼きそばになってしまいそうですし、ましてもやしなどケチャップとの相性が良いとはとても思えませんので、後者のナポリタン風の材料にしてみました。

270211

ストロボを焚いてしまったら赤みが飛んでフツーの焼きそばみたいな色になってしまいましたが、もちょっとケチャップ色が濃いです。

家にしめじの買い置きがあったので、マッシュルームは使いませんでした。
豚肉はナポリタンの雰囲気を壊してしまいそうなので、ほんと十数年、いや20数年振りか、魚肉ソーセージを使ってみました。

あまり辛いのは娘も私も得意ではないので、下ごしらえとしてオリーブオイルににんにくのチューブ(←手抜き)、タップリ目のコショ-としました。
あとは魚肉ソーセージを先に炒めて味付けをし、玉ねぎ、ピーマン、しめじを炒めます。
バジルがあったのですが入れ忘れたので最後に混ぜてみました。

味を見ながら仕上げをしてみたのですが、どうもコクがありません。何か足りない。塩味かな。チキンライスなんかだとそんなに添加しなくても大丈夫なんですが、麺が味を吸ってしまったのか・・・

そこで、麺に付属していた粉のソースを1つだけ入れてみたところ・・・バッチリ味が整いました。やはり塩分とうま味調味料なんですかね。日本人の知恵、開発力は本当に凄いと思います。

家族の評判も上々でしたので、また機会があったら作ってみようと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (4)

2015年2月12日 (木)

「はくたか」:自由席特急券(ほくほく線経由 H27)

こんばんわ。

もう一つ北陸シリーズが残っています。

今回、平日出発なのでそれ程混んではいないだろうと高をくくっていたのですが失敗しました。
新幹線は1本早めの列車で問題なかったのですが、窓口氏に尋ねると、「はくたか」は窓側どころかグリーン車以外の指定席は満席だそうで。前日だからキャンセルもあるだろうなんて思いましたが、そういう状況ではなかったようです。
ボーナスが破たん寸前の状態ですので、とてもグリーン車など利用することはできず、仕方なく自由席の利用となりました。

しかし、1本早い新幹線だったため、危惧したほど席の確保は難しくなく、余裕で窓際に座ることが出来ました。

Photo

これも現在のものなので、特筆すべき特徴はありません。
自由席特急券って、有効期間が当日のみになってしまったんですね。それとも当日中に乗り継がなければいけないと言う意味でしょうか?

今回は下車駅を黒部としましたので、区間は越後湯沢→黒部になっています。昔はキロ程の表示でしたが、今では着駅もすべて網羅して印刷できますので、曖昧な区間にする必要もありません。

北陸本線が開業してしまえば、越後湯沢駅における「乗継」も「ほくほく線経由」の表示も過去のものとなってしまうんですね。
「はくたか」の愛称が載らないにしても、一つの資料として自由席で良かったと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

「はくたか15号」:特急券(H27)

こんばんわ。

こんばんわ。

今回の北陸旅にあたって使用した特急券をご紹介いたします。

H27

帰りに使用した「はくたか15号」の特急券です。現在のものですから、特に変わった様式ではありません。

想像よりも乗車率が良くて、往きは直前で指定がとれませんでした。帰りは日曜日であったにもかかわらず、なんとか確保することが出来ました。

北陸新幹線が開業すれば、愛称の「はくたか」は新幹線に使用されてしまい、ほくほく線経由の特急列車も消滅。北陸の地域発展の立役者の一つであった在来線特急「はくたか」もこの特急券と共に過去帳入りとなります。

過去ログ『「はくたか」:特急券・立席特急券』←硬券時代

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

切符入れ Vol.27 新幹線E5~7系(JR東日本大宮支社)H27

こんばんわ。

ついでネタですみませんが、切符入れをもう一つ。
北陸旅に出掛ける際、フリー乗車券を購入した蕨駅でいただいたものです。

271

東北新幹線開業当初、国鉄職員として共に人生を歩んだ北への新幹線。
200系以降の3ケタ形式はおろか、E1~E4系までも弾かれてしまうんですね。

北陸新幹線の絵面とは裏腹、既に「あさま」で活躍しているE7系ですらもイマイチ新鮮な感じがしません。地域柄か、西日本管内の方が盛り上がり具合が良いですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

切符入れ Vol.26 北陸特急(JR西日本)H27

こんばんわ。

北陸旅で手に入れた切符入れ第2弾です。

271

前回の北陸新幹線と印象の似ている色使いですが、こちらは現在主力となっている北陸特急3兄弟です。JR西日本の噛んでいない「北越」は対象外になってしまっています。かつては「北越」と言えば大阪~新潟間を結んだ特急列車ですので、時代を語るとここで仲間外れは非常に寂しくなります。

「しらさぎ」「サンダーバード」であれば、北陸新幹線開業以降でも金沢駅以西で引き続き使用が可能となりますが、「はくたか」は名称そのまま新幹線になってしまいますので、新幹線開業以降はちょっと使いづらくなってしまいます。

その点で、今回の旅の記念になるものとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

海苔を消化できるのは日本人だけ

気になる記事を見つけたのでご紹介だけ。

海苔を消化できるのは日本人だけ!?知られざる海苔トリビア

へぇ~、

へぇ~、

へぇ~、

・・・

満へぇ~、いただきました~~~

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
こいつもそんな能力の持ち主ですね・・・

| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

切符入れ Vol.25 北陸新幹線開業(JR西日本)

こんにちわ。

久し振りに切符入れです。
北陸旅で入手したものですが、別途シリーズ化しているため冠詞は切符入れシリーズにカテゴリします。

271

入場券を買った際に窓口にあったものを頂いてきました。
北陸新幹線開業まであと2ヶ月(入手時点)、地元では新幹線に対する期待はことのほか大きいようです。
1泊目に行った家庭料理屋の女将さんによると、東京からのお客さんが増えるというよりは、自分たちが長野や東京に行き易くなることの期待が大きいようです。長野新幹線の開業以来、東京への直通列車が無くなってしまった北陸の都市。北陸新幹線の開業によって乗り継ぎが1回減り、さらに「白山」「はくたか」時代よりも半分以下の時間で行くことが出来ます。もちろん、日帰りも十分にできます。

在来線の京都や大阪と同じ時間で東京へ行けることの期待は、関東に住む私たちの想像を遥かに上回っているようでした。

一方で、新幹線への旅客流出に対する航空会社の対応、これに伴う空港使用料の半減予想により、地元自治体は頭を抱えているようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

北陸旅編(その6):ブラックラーメン

こんばんわ。

1回飛びましたが、北陸旅編第6弾で富山名物「ブラックラーメン」です。

lineさんがどうしても富山名物のブラックラーメンは食べないと・・・

しかし、地元のKOHさんZooさんにお話を伺ってみると、どうもかなりしょっぱいらしい。
私は子供の頃からしょっぱいのは苦手なんです。濃い味噌汁とか煮物とか食べると頭痛がしてしまうんです。

夜の宴ではお蔭さまでお腹いっぱい。ラーメン食べるほど余力はない。
しかも、一番有名なラーメン屋さんの閉店まで15分を切っている。
今からだとラストオーダーも入らないかも。それを期待していってみました・・・

喜んで注文通されました。商売っ気タップリで、閉店間際でも来た客を断るようなお店ではありませんでした。

270124

見るからにしょっぱそうです。

スープをちょっとだけ口に含んでみると・・・

想像と見た眼を遥かに超えるしょっぱさでした。
値段の割に麺が少なそう・・・と思いましたが、チャーシューメン?とも言えるほど見えないスープの中にたくさん入っていて、これも見た目に寄らずボリュームがありました。

とにかくしょっぱいので、勢いで食べるしかありませんでした。
水もがぶがぶ飲みました。

昨年の検査で血圧が少し上がっているようなので塩分控えめにしているんですが、これはもう食べることはないでしょう。

あくまでも個人の好みですので、旨いとか不味いという感想は抜きにします。
とにかくしょっぱかった・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

北陸フリー乗車券(JR東日本、平成27年)

こんばんわ。

今回も北陸シリーズですが、乗車券類なので冠詞を外してご紹介いたします。

今回の北陸旅で使用したJR東日本発行の「北陸フリー乗車券」です。

過去ログ『「北陸フリーきっぷ」 と 「北陸周遊券」』でご紹介したことがありますが、平成26年4月より内容が変更され、若干ですが企画名も変わっていました。

実は、ちょっと変わっただけでなく、今回は制度的にも大きな違いが発生しています。

H27

こちらが「ゆき」の乗車券です。この時点において既に大きく違っています。

以前の「フリーきっぷ」が往復乗車券+特急指定席(B寝台も含む)がセットになっていたものに対し、現在のものは乗車券のみの効力となり、特急券等はすべて別購入になります。フリー乗車券とセットであることによる割引も一切ありません。
この点については、国鉄時代のワイド周遊券と制度としては同様のものとなります。

H27_2

こちらがフリーエリアとかえりの乗車券になります。

以前のものと比較すると、黒部~富山間及び加賀温泉~福井間のエリアが拡大しています。区間は長くなりましたが、ワイド周遊券ほどにはなっていません。

最大のポイントは、フリー区間内において、特急列車の自由席が使えなくなってしまったことです。今回の行程でもこれが一番イタかったですね。エリア内で都市間を移動する際、特急列車の方が普通列車よりも本数が多いですから、金を出し惜しむと時間を浪費し兼ねません。
せめてフリーエリア内の特急列車が使えれば、入口駅まで特急券を購入し、後は自由席を使うなど節約の工夫もできますが、現在のフリー乗車券では節約のアイディアが浮かびませんでした。

H27_3

参考までにご案内をつけます。

現在は北陸への手段として、ほくほく線経由、長岡経由、長野経由が選択できますが、北陸新幹線が開業してしまうと遠回りする必要が無くなりますし、並行路線が3セク化されてしまいますので、北陸新幹線以外の手段が無くなる可能性があります。この場合、新幹線特急料金が込みとなった制度に変わる可能性が大と睨んでいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

北陸旅編(その5):駅ホームと駐輪場の一体屋根

こんばんわ。

北陸シリーズ第5弾です。

街でネタを見つけた時、大概は違和感を覚えてから少し考えて、その理由を理解して「なるほど!」と思いますので、瞬時に反応したとしても若干時間が掛かることが多いように思います。

今回見つけたものは、例とは違い、違和感を解明する時間は全く無く、瞬時に理解することが出来ました。

※撮影は、平成27年1月24日、七尾線中津幡駅にて。

270124

ホームの屋根と、隣接する駐輪場の屋根が一体となった、一見して珍しい工作物です。

通常、駅ホームと駐輪場がこれほど近接していることは珍しく、私鉄などで窮屈な市街地ではこのような近接例があったとしても、駅施設の整備時期と駐輪場の設置時期が異なれば、必然的に別体の構造物となってしまいます。

写真を見ると、ホーム屋根の柱と駐輪場へ渡る梁が同時に作られたような規格に見えます。屋根は段差を付けるカーブ部分が別パーツなので、もしかしたら後付と言ってもおかしくないようにも取れますが、屋根の延長がピッタリと合っているところを見ると、おそらくはホームと駐輪場の屋根を兼ねて設置したのではないかと思う訳です。

駅ホーム入口は写真の一番奥にあり、その部分には屋根が一切ありません。
待ち時間の長いローカル線で、風雨から少しでも利用者を守るため、国鉄或いは地元自治体が整備したものではないでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »