« KATO20周年 サロンエクスプレス東京セット(その2) | トップページ | KATO EF571 »

2014年11月14日 (金)

「ウラデンフェスタ」頒布品

こんばんわ。

食後に居眠りをしてしまい、目が覚めたら日が変わるところでした。
かなり疲れてしまっているようです。

平成26年11月8日に開催された地元浦和電車区における「ウラデンフェスタ」の様子については本館でお伝えいたしましたが、頂き物をご紹介していませんので、こちらでまとめてご紹介させていただきます。

Photo

入口で配布されていたクリアファイル。大宮支社では定番になりつつあります。
水色になってからの歴代京浜東北線。こうして一堂に並べると、私が物心ついてからでも随分と変化しました。
特別ゲストのクモヤ143がありますが、101系はシカトされてしまったようですね。

ファイルの中には会場の案内やアンケート用紙が入っていましたが、オマケシールも入っていて、これがなかなか良いです。

Photo_2

大宮支社管内に関係する車両たちを一堂に介したデザインのシールです。
ここで謎を提起したのがこの車両。

231_2

これについては写真館『山手線E231系500番代が宇都宮線に?』で問題提起しておリますが、もっとも、デザインを発注するときに間違った可能性(たとえば205系かE231系湘南新宿ライン)も否定できませんが・・・ただ、大宮支社には元々このデザインの車両が居ないわけですから、そこが意味深なのです。

Photo_4

JR東日本のエコ対策に関するクイズに答えると貰える缶バッチ。実物はこの画像の直径2/5程度の小さいものです。
このようなグッズは集めていないので普段なら参加しませんが、誰も居なくて気の毒なので参加しました。勉強にもなりますしね。ちなみに、ゴミで回収したペットボトルはJR東日本の制服・作業着になっているそうです。これには感心しました。

帰り掛けにレッドライダーさんと出くわし、洗浄体験がまだ空いているということで、時間も待たずに済みそうだし、行ってきました。

Photo_5

Photo_6

洗浄体験乗車にはこのようなカード式の整理券が配布されました。
当初は半分の5両分に乗車でしたが、時間間際に大量に客が押し寄せ、急きょ7号車までの利用が許されました。
川越車両センターで体験乗車した時よりも、水圧がかなり強いようで、気圧が変わるような不快感、いわば迫力がありましたね。

整理券ですが、裏と思われる案内がある方が表面のようです。
下敷きに複数枚を印刷して切り出したようなもので、手作り風な雑さが目立ちます。私のは端っこみたいで、直線が多く出ていて良い場所だったようです。

他にも品数はあったような内容が、他の人のブログで確認されていますが、私が手に入れられたのはこれだけでした。
でも、地元だけになかなか記念になるものでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« KATO20周年 サロンエクスプレス東京セット(その2) | トップページ | KATO EF571 »

鉄道関連グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATO20周年 サロンエクスプレス東京セット(その2) | トップページ | KATO EF571 »