« KATO 飯田線 クモハ42×2クハユニ56011 | トップページ | おまけ:ムヒ携帯ストラップ »

2014年8月 9日 (土)

KATOクハ47153とGM改造クハ47151を並べてみる

こんばんわ。

KATOの飯田線シリーズが続々と発売、さらに今後の計画も興味をそそります。
今でこそそんなことで喜んでいられますが、ちょっと前まではキットに頼るしかないよう時代がすごく長かったわけで、私もヘタクソながらバリエーションを増やすためにせっせと改造に取り組んだものです。

過去にいくつかのGMキット改造品をご紹介していますが、今回はKATOからクハ47153というレアな車両が製品化され、私自身も労作としてクハ47151を製作していましたので、約15年の時を経てご対面をしたいと思い、引っ張り出してみました。

4715147153

完成品と改造品ではそもそも出来栄えが違いますので、その点は目を瞑ってください。

両車とも改造の経緯や時期がほぼ同じですので、改造形態としてはあまり大きく違いませんが、47151は正面窓がHゴム化されているため、顔の表情がかなり違って見えます。ちなみに、47151の実車は運行窓(Hゴム化)がありますが、面倒なので省略しています。

4715147153_2

サイド比較のためおんぶさせてみましたw

両車の最大の違いは、製造時期により大きく姿を変えてしまった窓組です。47151は700mm・600mmの狭窓、47153は1300mm・1100mmの広窓です。

GMキットはサロ45とクハ47を切り継いでいますが、窓間隔に差が出来てしまってます。また、ベンチレータは種車の間隔をそのまま利用していますが、47153と比較するとまるでデタラメに作ってしまったようです。

4715147153_3

上から写真を撮った時に???となってしまたのですが、
47151の屋上にある特徴的な渡り板が47153にはありません。
47151を作成するときに「なんて変わったモノが付いているんだ?」とある意味感動してしまった訳ですが・・・

実車の写真を見てみると、47153と47155にはこの渡り板は設置されていないようで、模型の検証が正しいということを知りました。

4715147153_4

KATOの完成品と混結できるか?ということで両車を並べてみました。
一番ショックだったのがこの絵面で、車体の高さが余りにも違い過ぎます。
ただ、側板や屋根の深さはそれほどでもないようで、台車と車体の繋ぎ、いわゆるボルスタの部分が原因のようです。場合によると、台車そのものを振り替えなければならないかも。

まさかこんな車種が製品化されるとは思ってもみなかったので、私が作った47151も弟がこんなキレイで完璧な姿で目の前に現れるとは夢にも思わなかったことでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« KATO 飯田線 クモハ42×2クハユニ56011 | トップページ | おまけ:ムヒ携帯ストラップ »

鉄道模型(鉄コレ以外)」カテゴリの記事

コメント

確かに完成品と比べて『orz』なのはわかります
(当方も他の車両で似たような感じを持った事ありますので…)

でも
完成品がないとき自作して技量アップにつながった立派な勲章

KATO完成品
特定ナンバーで出ますが
それ以外のナンバーには対応しきれない

旧国はパーツを使って作り込むおもしろさ、この理解がない限り無理です

クハユニ56荷物扉の堀が浅いだの何だのとdisっている輩が見受けられますが

鉄道模型なんですから
完成品ばかり求めるのも変なんです

模型の中には『作る』というのも含まれてると思いますよ

投稿: つーこーにん | 2014年8月 9日 (土) 21時46分

以前はこういった改造車は自分で切り継ぎしながら作らなければ無かったですよね。
つばささん、かなりの労作です。
当時は、今ほどネットが普及していないので情報が無い中で作らねばならない。
Nでこういう改造は私にできるかというと?
何分大きさがアレなので気の短い私はサジ投げるでしょう。
最近作ってませんが16番でもやっとこさハンダ付けしてパーツを付けて、面倒なサン〇ール洗い→プライマー吹き→塗装→下回り→最終調整→とりあえず完成、あとであそこがどうここがどうのと悩みます。
GMの広告に作る楽しさいっぱいとキャッチコピーがありましたが、模型は作る事、創ることが楽しみですよね。
素晴らしい完成品が発売されたことは当然喜ぶべきです。
しかし、作る(創る)ことも必要と思います。
完璧を求めればキリがないのがこの世界、カトーの完成品にさらに手を加える方もいらっしゃるでしょう。
ともあれ、つばささんの努力に拍手!ですね。

投稿: 金太郎 | 2014年8月10日 (日) 21時54分

つーこーにん様
コメントありがとうございます。
昔は標準的なものを製品化し、それ以上を望むなら自分で何とかするという時代が長らく続きましたが、最近の車両のように画一しているような形態のものは別として、過去のこだわりある形式を再現するとなれば、細かく作り分けなければいけなくなるのが必然的と言えると思います。
金額的にも製品が高価になってきましたので、消費者としては金を払う以上、テキトーなものを掴まされてしまってはたまったもんじゃありません。
手を加えることを見据えた模型の楽しみ方と言うのは私も理解できますが、あえて改造を必要とするような手抜きを表現して販売するというのは賛成できません。だったら最初からクレームを付けられないように態勢を整えてから発売すべきであり、それがユーザーのためでもあり、そこからメーカーの損失も防ぐことができるものと考えます。

投稿: キハ181つばさ | 2014年8月18日 (月) 01時31分

金太郎様
レス遅くなりました。またお褒めいただきありがとうございます。
昔は情報を得るにも本や資料を探さなければならなかったので、模型をいじる前に資料集めに時間と金がかかったものです。そういった意味で今は直ぐに必要な資料を集められるので良い時代になりました。
逆に、いい加減なものを作るとすぐにクレームになって返ってくることになり、メーカーにとっても痛いところでしょう。だからこそ、十分に検証をして良いものを作ってもらいたいです。
おっしゃるような下準備も、良いものを自分で作るには手間の掛かるものでしたね。その分、手抜きをしなければ良いものも作れましたし、達成感も一入だったと思います。
今となってはレアな車両がキレイな状態で手に入ってしまうので、余程のことが無い限りは自分で何かすることも無くなってしまいました。世の中も、自分で努力するという人間が減って来て、金で何とか・・・という様相です。時代は技術の進歩と共に、受ける側の横着度というのも増してしまうようですね。

投稿: キハ181つばさ | 2014年8月18日 (月) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATOクハ47153とGM改造クハ47151を並べてみる:

« KATO 飯田線 クモハ42×2クハユニ56011 | トップページ | おまけ:ムヒ携帯ストラップ »