« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

白いブラック?サンダー

こんばんわ。

三鷹市の雹の山、凄かったですね。
こんなの、観測史上初めてではないでしょうか?
帰りの電車内でニュースを見た時、日本の、しかも都内のものだとは思いませんでした。

さて、北海道へ旅行に行った同僚からおみやげをいただきました。

260623

配った本人でさえ「意味の分からん」おみやげ、白いブラックサンダー。

黒い白くまとか、REDEXPRESS「みどり」みたいな感じでしょうかね。

まだ食べてません。

パフィーの♪白のパ~ンダ~をどれでも全部並べ~て~♬ なんかも。
パンダって白黒でしょ。

ちなみに、この同僚は平成26年6月21日発の下り「北斗星」に乗車したため、江差線における脱線事故の影響をまともに受け、木古内で抑止。仕方なく青森まで戻って、青森空港から千歳へと迂回したそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2014年6月22日 (日)

おでんうどん&けんちんうどん

こんばんわ。

気が付きゃ2週間も放置していしまいました。
何せ手持ちネタを探す時間も無い有様で。
今週から余裕が出そうな雰囲気はあるのですが、今週末に研修講師の飛び入りがあり、それをやっつけないと平和が訪れそうもありません。

もうずいぶん前にうどんネタで振ったことがありましたが、久し振りに写真を撮ってみました。

Imgp5186

右がおでんうどんで、左がけんちんうどん。

大盛りと並みで器がこれだけ違います。

関東人からすればおでんは夏の食べ物ではないと考えてしまいますが、高松に行った際、うどん&おでんは通年の組み合わせであり、真夏でもグツグツと煮えたおでんが売っています。
でも、私が小学生の頃、真夏でもプールから上がった後は体が冷えるので、熱いおでんを好んで食べたものです、。市営プールの玄関前には屋台のおでん屋が必ず来ていましたし、道路を隔てた反対側のお店でもおでんを売っており、寄り道したものです。
お金が無いときはところてんを食べました。当時、1杯10円という値段も安くて良かった。

いつ頃から夏におでんを食べなくなったのか、もうずいぶん前から屋台のおでん屋も見なくなってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2014年6月 8日 (日)

消費増税後のレターパックライト

おはようございます?

前々記事で『消費増税後のレターパック』というのをご紹介いたしましたが、これよりも値段の安い「レターパックライト」というのがあり、先週手に入れることができましたのでご紹介したいと思います。

10_3

増税前はレターパックより150円安い350円なっており、その分、厚さに制限があります。
こちらも増税により10円値上がりしたため、レターパックと同様に10円切手を貼付する必要があります。
画像では、消印の位置を誤ったのか、2本の消印があります。

10_2

こちらはちょっと大きくなってしまいますが、前回ご紹介したものと同様に、10円切手の貼付を忘れ不足となったものです。
かなり下の方に未納・不足という枠版が押印してあり、不足金額の10円を表示しています。前回のレターパックでは、この表示が無かったように思いましたので、今回はここまで切り取っておきました。

既に360円版のレターパックライトも出回っており、徐々にこのようなスタイルは解消するものと思いますが、来年、さらに2%が増税されますので、また同じような現象が発生するものと思われます。用意する側も使用する側も面倒でしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

愛・地球博 IMTSデビュー記念券 乗車券

こんばんわ。

更新が滞りました。とにかく仕事が切れなくて、忙しい状態が続いています。
なかなか原稿を考える時間もありませんで。

今日は疲れたので早めに帰宅。そのために豪雨に当たってしまいました・・・。

スキャン済みの切符から、もうかなり懐かしくなってしまった、愛・地球博のIMTS乗車券をご紹介いたします。

Imts

IMTSって?忘れてしまったいる人も多いでしょうね。私も名前は忘れてました。
3台のバスが隊列を組み、無人で運転されます。運転席もありますが、人形が座っていました。専用のレーンでない場所では、おそらく普通のバスの様に運転されるのでしょう。

低速でとても実用性があるとは思えない印象でしたが、無人でバスが動くというのは画期的だと思います。しかし、設備投資を考えると、新交通システムとどれほど差があるのでしょうかね。

さて、これは記念券なのか乗車券なのか不明な券ですね。鉄道の切符に慣れてしまうと、なんともびみょーな位置づけです。もう忘れてしまいましたが、もしかしたら普通に券売機もあり、この記念券仕様では無い乗車券があって、それと区別するために「記念」を付したのかもしれません。

Imts_2

こちらは小児用で半額です。
基本デザインは同じですが、色違い。金額も小児用の100円で印刷、国鉄乗車券のような赤の「小」が付されています。

Imts_3

こちらは裏面です。PRし甲斐のあるシステムの筈でありながら、スペースが全然活用されていないですね。勿体無いです。

実用化の話はどうなってしまったのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

こんな突然の梅雨入りも珍しい。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »