« 「みちのくSLギャラクシー」展示会のお土産 | トップページ | 初:動くすがもん »

2014年3月20日 (木)

看板に生き続ける北王子線

こんばんわ。

先日のダイヤ改正で運転が終了してしまったJR貨物の北王子線ですが、昨年の暮れに初めて北王子線を訪れた際に、ビックリするような看板を付けたお店を発見しました。

251223

東十条駅から北王子駅へ行く途中の商店街にあった「味の店いさみ」さんの看板です。

お店の看板もありますが、それよりも大きくというか、巨大な町案内の看板を掲げているのです。

良く街角で町内の商店や個人宅を描いた鉄看板は見掛けますが、これだけ巨大な看板を一商店に掲げている例は今まで見たことがありません。

251223_2

看板だけならまだ注目度も低かったんですが、内容を見てまた感動してしまったんです。

看板上方にある線路は東北本線および新幹線に位置し、反対の最下方に案内の無い線路が描かれています。
これが今まさに訪問しようとしている北王子線です。このような鉄道地図にも載らないような一貨物線を描いているというのは、やはり地元としては古くなじみ深い線路なのでしょう。

しかもこの看板、古くてボロボロ・・・というものではなく、明らかに近年設置したか更新したようなきれいなものなのです。
つまり、古くて風情のある看板になるまで、まだこれから数十年も生き残る可能性があるわけです、

北王子線は残念ながら廃止になってしまいましたが、地図を更新して消すなどすることなく、次世代に伝えていただきたいと願う次第です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

|

« 「みちのくSLギャラクシー」展示会のお土産 | トップページ | 初:動くすがもん »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「みちのくSLギャラクシー」展示会のお土産 | トップページ | 初:動くすがもん »