« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013年9月14日 (土)

蕨駅開業120周年スタンプ

こんばんわ。

待ちに待った連休です・・・と言いたいところですが、台風かよ!

晴は今日だけっぽいので、早起きして撮影にでも行きたいところです。

さて、ちょっと遅くなってしまったのですが、蕨駅が開業して120年ということで、記念スタンプが駅に設置してあります。

120

こちらは台紙になります。
表紙は現在の浦電で撮ったようです。
裏には蕨駅開業120周年の記念ロゴが印刷されています。

台紙はA5版を半分折にした形になっていて、インクジェットプリンタで印刷したように見えます。

120_2

こちらは上下に見開いた様子です。

蕨駅の新旧の対比写真、下には駅名板を模した真ん中にスタンプゾーンがあり、シャチハタ式のスタンプを押します。

スタンプを押す人の多さに耐えられなかったのか、印影がかなりくたびれてしまっており、ほとんど見えなくなってしまいました。

このスタンプは、現在もみどりの窓口の前に出しっぱなしにしてあるので、営業時間中は押印できるようになっていると思います。
ただし、現段階では台紙の補充をしていないようなので、自分で紙やスタンプ帳を用意するしかなさそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

ZOOKEEPER パイロットウサギGET

こんばんわ。

イベント終了1週間前を切りましたが、やっと5000ZEPに到達しました。

今回は、最初の頃はレア出現率が非常に高くて楽勝ムードだったのですが、ここ5日間でレアがまったく出現せず、完全な足ふみ状態に陥りました。

ノーマルばかりの5日間も、HELPでやっとレアが捕まるようになり、昨日、待ちに待った5000ZEPとなりました。

250911

今回はまたカワイイうさぎちゃんです。

カワイイ重視で使いづらいのですが、トータルパワーがかなりあるので、早速あまっていた金布を当ててみました。
フルパワーまでもうちょっと合成しないといけないのですが、メダル貯めて頑張ろうと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

じゃがビー トマトサルサ味

ちょっと前の話ですが、娘の誕生日、即席のお祝いでコンビニに寄ったら、Jagabeeのトマトサルサ味なるものを見つけました。

期間限定という文字に釣られ、娘の分と自分の分を買ってしまいました。

Photo

毎度ながら、1本目は「ん?」という微妙な感じなのですが、つまむほど美味しくなる。

ん!これはウマイ!

娘もおいしいと、絶賛です。

半分食べて翌日に持ち越そうと思ったのですが・・・止まらずに全部食べてしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

KATO スニ412000

こんばんわ。

先般、KATOからスニ41が発売されました。
最近は殆ど鉄道模型をやっていないので、それほど買う気もないのですが、いざこの形式となると、長年欠けていた形式でもあり、やはり欲しくなってしまいます。

最初の入荷では残念ながら売り切れとなってしまい買うことができなかったのですが、先日追加で入荷したため、今度は手に入れることができました。

Kato

KATOでは30年以上も前から、スニ40やワキ8000といった中間荷物車は発売されていましたが、ワキ5000と共通ボディであったため、完全なタイプものでした。
時代が流れ、このような比較的安価な客車でありながら、テールランプが点灯し、床下も発電機や浮き出た配管などかなりグレードがアップしていることは大変喜ばしい限りです。

Kato_2

こちらは反対側となり、実車でも便所のある側になります。
サッシの表現もきちんとできており、M社が本格的に導入した細かい表記類もされており、地味な車両ながらより実車に近い実感のあるものとなっています。
便所の流し管もしっかり表現されています。

Kato_4

同車の最大のポイントとなるのが車掌室側の妻面にある窓と扉。
この扉、下半分しか存在しませんが、これは上野駅~尾久客車区間の推進運転の際に覗き窓となります。ここを開け、車掌弁とタイフォンがセットされます。
私も実際の回送シーンを見たことがありますが、屈みながら前方を覗いているのは体勢的にかなりキツそうでした。

私も全然意識したことがなかったのですが、この扉、中心線から向かって右側にシフトしています。これは一見製作ミスっぽく見えてしまうのですが、実はこれが正しい。
初めは何故?と思いましたが、形態を見てすぐに察しがつきました。
この手の荷物車は、ドア構造の関係から、台枠が客車よりも狭くなっています。
ただでさえ幅の無い車端に便所が設置されているため、このドア位置に便所の幅が支障してしまっているんですね。なので、これを避けるしかなかったということのようです。この辺は写真を撮ったこともなかったので、全然知りませんでした。

便所のお蔭で苦労の跡が見えるスニ41ですが、この車両は客車との行き来ができませんし、荷物列車で車端に連結されることも殆どなかったようなので、実際に車掌が乗務して便所を使っていたということも殆どなかったのではないか?と思うのであります。

今は模型で遊ぶこともできないのですが、いずれ走らすことができれば、「鳥海」や「能登」を再現してみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »