« 2013年7月21日 - 2013年7月27日 | トップページ | 2013年8月4日 - 2013年8月10日 »

2013年7月28日 - 2013年8月3日

2013年7月28日 (日)

記念入場券:蕨駅開業120周年

こんばんわ。

仕事が忙しくて、なかなか平日の更新をする気が起きません。
時間が空いてしまい、申し訳ございません。

もう旬を過ぎてしまったんですが、新しいパソコンにやっとプリンタのドライバを落としましたので、スキャニングをいたしました。
平成25年7月16日に発売された、蕨駅開業120周年記念入場券を購入しましたのでご紹介いたします。

わらてつまつり自体は7月13~15日の3連休に実施されましたが、記念入場券は実際の開業日を記念して7月16日の火曜日平日の発売となりました。
娘が蕨駅を通った7時過ぎには20人ほど、私が駅を通過したころは50人くらいが並んでいて、「暇な人がいるな~」と感心したりうらやましがったり。
聞くところによると、発売の11時には西口階段の下までということですから、150人~200人近くが並んだかもしれません。

それでも、女房が銀行に行くのに蕨駅を通り掛かったとき(12時ちょうどくらい)には行列はなく、まだ100組くらいは売れ残っていたそうです。
ということで、機転を利かせた女房が手に入れてきたものです。

120


120_2

最近は硬券ブームですが、珍しく短冊形での発売です。
写真や歴史などの説明を多用するための企画と思われますが、最近の東急のように凝って手間暇を掛けたものに比べると物足りなさを感じてしまいます。できるだけ安価とするために、コストも掛けられなかったのかもしれません。

120_3
記念入場券は3枚セット、130円×3の390円と安価です。
もうちょっと古い電車の写真を揃えても良かったように思いますが、「蕨駅=蕨市」という企画者の思いが伝わる選択かもしれませんね。

120_4
説明を忘れましたが、連続券ではなく、単独の3枚をつなげてスキャンしただけです。
裏面は写真に関する説明がいっぱ~い。説明は省きますので、クリックして拡大して見てください。

しかし、明治は1日10本ですか・・・まあ、農業がほとんどの時代ですから、列車に乗る人なんてあまりいなかったのでしょうね。相当高価な乗り物だったとも聞きますし。

今回の記念入場券を見て違和感があったのですが、なんでか分かりました。

この手の短冊形の記念入場券は、券部分がA型サイズのものが一般的と考えられますが、この記念入場券の券部分は明らかに小さくなっています。
手元にあるB型硬券と全く同じサイズの作りになっていました。

次は130周年ですが・・・私も60歳近くなってしまいます・・・でも、あっという間な気もします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2013年7月21日 - 2013年7月27日 | トップページ | 2013年8月4日 - 2013年8月10日 »