« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

鉄コレ 51・40系飯田線2両セットを買っちゃいました

こんばんわ。

先週の木曜日、しなのさかいさんから鉄コレの飯田線が発売になったとの情報をいただき、通常1日遅れとなる宿ヨドへ金曜日に立ち寄りました。

お店によっては瞬殺の勢いもあるような情報ですが、発売日に前面出ししない宿ヨドでは、まだ段ボール箱から出しながら売っている状況でした。まだまだ大丈夫そうでしたが・・・。

鉄道模型を休業して久しく、集める気力さえ無くなってしまいましたが、トミーのジオコレシリーズは再生産しない可能性が高過ぎるため、旧国であるからにはどうしても手にしておかなければ・・・という思いがあります。

今回は51系や40系後期の半流型シリーズで、飯田線、仙石線、福塩線の3種類。
福塩線は馴染みが無いので買いませんでした。ただ、70系化のときに51系と70系の混結があったので、題材としては面白い部分もあるんですけどね。

今日は2種類購入したうちの飯田線2両セットをご紹介いたします。

5140

箱はお馴染のサイズです 。車両の解説も詳しくあるので、若い方の知識向上にも良いかもしれません。

5140_2

夜に撮影したので、被写界深度が浅くてすみませんね。

こちらはクモハ54006。
セミクロスシート車クモハ51のモーター出力増強版した誕生した車両です。

形状把握はしっかりしており、全体的には良くできています。ベンチレータの取り付けがやや(かなり微妙ですが)バラツキがあるように見えます。
半流型では、前面に幌枠が残ってるタイプがやはりカッコイイですね。

5140_3

こちらは対になるクハユニ56003です。
以前から存在したGMキットにもあるクハニ67からの荷物・郵便合造化改造車です。

こちらも形状は良いですね。
こちらは実車の002~がノーシル・ノーヘッダーになっているので、むしろGMと差別化して001とかモハユニ61改造の011か012でも良かったかな?と思ってしまいます。

5140_4

こうした車体標記も良いですね。
Nゲージクラスでは省略されてしまっても仕方ないと思ってましたが、やはりこうした標記があると引き締まります。

5140_5

全体的にどうしても気になってしまうのはクリーム1号の乗りの悪さです。
おもちゃレベルの模型に求めるのは酷ですし、スカ色に関しては正規Nゲージであっても乗りは良くありません。
これだけ技術が進化した今でさえも、まだ改良が進まないんですね。日本の技術ならなんとかなりそうにも思うんですけど。

5140_7

やはり一番気になってしまったのは荷物ドアの段差部分。
客用ドアは段差が少ないので一体でそれほど乱れはなかったですが、今回のクハユニ56の荷物ドアは別パーツ化されています。
これは塗装がきちんと表現できるようにした技であるとは思いますが、その分の段差が深くなるため、車体肉厚分に塗装をしないと非常に手抜きが目立ってしまいます。
実車もこの部分は手抜きなく塗装されていますから、旧国ファンとしては許せない部分となります。

車種にはレアな形式を持ってきてますので、鉄コレというNゲージ車両を補足する位置付けとしての役割を十分に果たしていると言って良いと思います。
ただ、値段が当初コンセプトより2倍以上に跳ね上がっていますので、やはりそれ相当のきめ細かさが要求されても仕方ないと思います。

次回、仙石線2両セットをご紹介予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2013年3月29日 (金)

線路脇に草ボーボーの心配なし?

こんばんわ。

ここ2シーズンほど、地元の撮影地が草ボーボーで悩まされてましたが、先日、線路際の異変に気づきました。

250324

平成24年3月24日 西川口~蕨間にて

右が貨物線側(西側、山側)になるのですが、草が茂って仕方なかった場所一面に小砂利が敷かれました。

それもただの小砂利ではないことは想像できます。
やはり樹脂で固めたものでした。

コストは掛かる工事ですが、草ボーボーで虫が湧くとか苦情が来るたびに除草するより、これで5年とか10年持てば安いもんですよね。

我々もタナボタではありますが、草に悩まされることはしばらくなくなりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

京王電鉄 新宿駅発行 振替乗車票

こんばんわ。

ちょっと前になってしまいますが、平成25年2月、帰り掛けに京王線が事故で遅れていると言う情報をキャッチ。京王線利用者のじごぼうさんにお願いして、振替乗車票を貰ってきて、とお願いしたら、本当にいただいてしまいました。

Photo

京王電鉄、新宿駅発行の振替乗車票です。

(京王)と会社名はかなり省略気味。逆に駅名は「京王新宿駅長」となっており、JRや小田急の新宿駅と区別を入念にしているように思います。
ただし、小田急電鉄やJRの新宿駅発行振替乗車票を見たことがありませんので、実際には各社がどのようなスタイルになっているのか、興味深いところです。

ちなみに、JRの別の駅で発行した乗車票や小田急電鉄の乗車票を見ましたが、各社とも注意書きの表記はかなり個性があります。

小田急電鉄の乗車票のケースもそうですが、バスの振替乗車票も存在するようで、事故当日も配布されていたようです。でも、じごうぼうさんは特に必要性がなくて貰わなかったらしいです。次は是非お願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

小田急トラベル 神田営業所発行 連絡乗車券 新宿→箱根湯本 

こんばんわ。

今日は久し振りに硬券の乗車券をご紹介いたします。

Photo

小田急トラベルの神田営業所で発行された、小田急電鉄 新宿→箱根湯本のB型普通乗車券です。

特に表示はありませんが、小田原~箱根湯本間は箱根登山鉄道線となりますので、小田急電鉄からの連絡乗車券となります。

水色のPJR地紋で、小田急では一般的なものですが、あまりこの手のB型硬券は市場に出回っていないのか、ググっても参考となる資料が殆ど見つかりません。

小田急電鉄の普通乗車券は、どうも乗車区間にかかわらず「小田急線経由」という表示があるのが一般的なようです。

Photo_2

こちらは裏面になりますが、表面に小田急の表示がないためか、「(「小田急電鉄)」の表示が初めてここに出てきます。
循環番号が「○4」となっており、乗車駅である新宿から距離が離れているにもかかわらず、顧客となるオフィス社員の利用が多かったものと想像できます。

ところで小田急トラベルですが、神田営業所は既に存在せず、Wikiや同社HPにも会社経歴などの記載が無いため、いつ頃まで存在したのか詳細が分かりません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

浦和車掌区発行 車内補充券

こんばんわ。

先日、『東京車掌区発行 車内補充券』をご紹介いたしましたが、また時代を反映した内容がうれしい車内補充券が見つかりました。

Photo_2

浦和車掌区乗務員発行の車内補充券です。

東京車掌区発行の車内補充券は、武蔵野線や京葉線の駅がまったく表示されていませんでしたが、武蔵野線の乗務がある浦和車掌区ですから、当然にして武蔵野線と武蔵野線が乗り入れを行っている京葉線の路線が印刷されています。

京葉線では「千葉みなと」が漢字時代の「千葉港」になっているところに時代を感じます。また京浜東北線の「さいたま新都心」も表示されていません。

あと気になる点として、東海道本線と横須賀線が表示されていながら、東海道貨物線上にある横須賀線の西大井や新川崎、横浜~大船の保土ヶ谷、東戸塚、戸塚が省略されている点において、ちょっとバランスを欠いているように思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2013年3月17日 (日)

東急電鉄 東横線地上渋谷駅:最終日の券売機入場券

こんばんわ。

東横線の地上渋谷駅が平成25年3月15日の営業をもって終了し、翌16日からは東京メトロ副都心線と直結しました。

最終日、新宿から近いこともあり、仕事帰りに同僚と夕食を摂りがてら、渋谷駅の最後を見てきましたのは『東急電鉄東横線渋谷駅:地上駅最終日』でご紹介しておりますが、せっかくですから「のるるん」のカウントダウンの写真を撮るために入場券を購入して改札内に入ってきました。

20130315

東急電鉄内で撮影目的の入場券を購入したのは今回が初めて。
ちゃんと入場券が売っているんですね。

右下の「002」が券売機番号になると思いますが、改札口ごとに番号が続きになっているのかどうかまでは分かりません。

様式としては普通乗車券と兼用みたいで、駅入場券の表示ではなく、金額部分を入場券と打ち替えた駅から表示になっています。
しかし、「客車内に立ち入ることはできません」という入場券専用の表示がありますので、あらかじめ用意されている様式なんですね。
気になったのは「2時間以内」ではないんですね。過去に手に入れた記念入場券を確認しましたら、2時間制限は導入していないようです。

私はしらなかったのですが、東横線と田園都市線は乗り継ぎの扱いがありながら、同じ渋谷駅でも相互で乗車券の記録が対応していないらしく、例えばこの東横線南口で購入した入場券で田園都市線の自動改札を通ろうとしてもはじかれてしまうらしいです。
今度は田園都市線とも構内で乗継ぎが出来ますので、このような不便も解消されることになります。

この入場券は最終日である「2013.-03.15」の日付になっていますが、実際の東横線終電は0時過ぎにも発車しますので、0時を回れば「2013.-03.16」の日付の入場券が入手できたことになります。
さすがにそこまで深追いする気はありませんでした。

Photo

入場券購入としては初めて領収書を発行してみました。
様式は過去ログ『東急電鉄:スイカチャージ領収書』でご紹介したものと同じですが、取引内容がきちんと記録されていますので、それなりに記念にはなると思います。欲を言えば、改札口が一目で分かるものだと良いのですが・・・。

最終日は記念無効印を押印するサービスが行われており、私も押印してもらおうとしたのですが、改札外で対応しているという珍しい現象に、断って改札を出てみますと、並んでる・・・角を曲がったら並んでる・・・さらに角を曲がると・・・通路一直線に見えなくなるほど並んでる・・・。

こりゃ1時間並んでも押してもらうことは出来ないだろうと判断し、諦めて帰ってきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

ジャガビー 黒こしょう味

こんばんわ。

一昨日、撮影に行った際にNEWDAYSで変わった絵柄のジャガビーを見つけました。

普段はお菓子を買う機会なども無く(←メタボ対策)、こういうときでも無いと買わないですから、黒こしょう味という文字に誘われ、つい買ってしまいました。

電車の中では食べる時間が無かったので、家に帰ってからゆっくりと・・・

250310

「ジャガビー黒こしょう味」

ん・・・なんだこのスッパイのは・・・

レモン味。良く見たらレモンの絵と「さっぱりレモン風味」とか書いてあるし。

あくまでも個人的な感想ですが・・・レモン風味いらない。

せっかくのスパイシーさがレモンの酸っぱさでみんな消されちゃってる感じ。

女性は酸っぱいの好きらしいので人気が出そうですが・・・私の口には合いませんでした。

期間限定・・・次回作を期待してます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

東京車掌区発行 車内補充券

こんばんわ。

今日は車内補充券をご紹介いたします。

車内補充券は年月が判別しないものが殆どですが、今回のものは私が実際に使用したもので、記録が残っていたのではっきりとしています。

Photo_2 

東京車掌区発行の車内補充券です。

首都圏のものは殆どが地図式になっており、昔はこれが当たり前と思っていましたが、全国的には首都圏だけだったんですかね?

使用したのは平成2年2月4日。職場旅行で伊東温泉に行き、帰りに奮発してグリーン車に乗ったときのものです。

京葉線が昭和61年に西船橋~千葉港間、昭和63年に南船橋~新木場、西船橋~市川塩浜間が開業していますが、この車内補充券には一切記載されておりませんので、おそらくそれ以前に調整されたものをそのまま使用しているのであろうと思われます。

このグリーン車に乗ったとき、途中駅から船越英二(船越栄一郎の父)さんが隣の座席にのってきて、間近に芸能人を見て驚いたことを今でも覚えています。
211系の2階建てグリーン車で、211系のグリーン車としても、2階建てのグリーン車としても初めての体験でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2013年3月 9日 (土)

補充片道乗車券 竪堀→蒲田 竪堀駅発行

おはようございます。

当時としては、まったくもって嬉しくなかった補充片道乗車券をご紹介いたします。

昭和59年、当時最後の活躍をしていたEF58牽引の団体列車の写真をたった1枚撮るため、身延線まで出掛けて行ったときのものです。

Photo

確か、泊まった宿が富士駅から離れており、徒歩で身延線の竪堀駅まで歩いた方が近かったため、帰りの乗車券を竪堀駅で購入したと記憶しています。

身延線竪堀駅は、現在、業務委託駅とはなりましたが、みどりの窓口を備える有人駅となっているそうです。
昭和60年の時刻表を見ても、身延線にはみどりの窓口を設置した駅は1つもなく、昭和62年の時刻表で初めて富士宮駅に開設されるくらいの超ローカル線で、有人駅は手売りばかりだことでしょう。

当時、私は国鉄職員で都区内有効のパスを持っていましたので、接続点となる蒲田駅まで乗車券を購入したわけですが、常備の硬券が無かったようで、補充片道乗車券となってしまいました。
片道200kmを超えますと都区内行きなるのですが、ここは距離が満たないため、需要が無くこのような形になってしまったのでしょう。

硬券も魅力ですが、むしろ山手線内行きの方が需要が多かった筈ですから、むしろレアな設定の乗車券として残りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

米沢駅(板谷駅)発行 特別補充券

こんばんわ。

今日は自分で購入したものとしてかなり懐かしい、奥羽本線板谷駅で購入した出札補充券をご紹介したいと思います。

Photo_2

年月の表示はありませんが、平成2年2月18日に奥羽本線板谷駅で購入した乗車券です。

このときは片道乗車券を既に所持しており、峠駅~板谷駅を逆戻りして重複乗車したため、元の板谷駅までの乗車券を買い直したものです。

板谷駅は、昭和59年12月1日より無人化されてしまいましたが、福島駅からの職員派遣という形で出札業務が継続されたそうです。
その後の詳細は分かりませんが、スイッチバックの廃止に伴う来訪者の増加のためなのか、米沢駅職員の派遣により、スイッチバックの廃止となる平成2年8月31日まで特別改札が実施されていたと言うことです。

窓口で使用された乗車券は、山形車掌区で常備されている特別補充券(車内補充券)であり、発行箇所を米沢駅に訂正しています。板谷駅との表示が無いのは残念なところです。

その当時はまったく気にしていない状況でしたが、当時としてはあまり価値を見出せない部類のこうした補充券も、今こうして思い返すと、きちんと歴史を刻んでいることを再認識させられます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2013年3月 3日 (日)

国鉄 印発機券 松本→西八王子・八王子・立川・国分寺間

こんばんわ。おはようございます?

今までネタ的に放ったらかしにしていた軟券きっぷ。

昔は集めるに値しなかったきっぷですので、硬券のように拾って集めるようなこともありませんでした。

でも、今は性能の良いマルス券が普及し、キレイに見易くなりましたので、導入当初は便利とされていた印発機券も古臭くて、むしろ味があるようにも思えてきました。

そんなんで、それほど手持ちの無いものですが、何かネタ的に面白そうなのを何枚かスキャニングしましたので、機会を捉えてご紹介していきたいと思います。

まずはコレ。

Photo

自分で実際に使用した、松本駅発行の印発機券です。

買った当時はなんとも思っていませんでしたが、行き先が西八王子・八王子・立川・国分寺間と4つも表示されています。「間」という言葉からすれば両端の「西八王子・国分寺間」でも良い訳ですが、いずれも松本からの直通列車が停車しない駅であるためか、特急や急行列車が停車する八王子と立川を表示した方が、旅客も安心感があったからではないか?と想像します。

自分で使用した印発機乗車券で記念に持ち帰ったものを何枚か所有していますが、4駅の表示があったのはこれだけでした。
ただ、全国的に見れば、おそらくはいくらでもあったと思います。硬券と比較し、面積が3~4倍もある訳ですから。

それにしても、導入当初は印刷或いはインクの技術がまだ未発達であり、経年と言っても大した年月も掛からず印刷が消えてしまう、さらには地紋さえも変色してしまうという、かなり粗悪のものでした。
それでも、ここから2年くらいのうちに、見違えるほど保存性の良いものとなってきます。

いずれ近いうちにご紹介できると思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

国鉄 普通乗車券 熊谷←→東京山手線内

こんにちわ。

山手線内ゆき乗車券でもう1枚あります。

国鉄 普通乗車券 相互 茂原←→東京山手線内』『国鉄 普通乗車券 大網←→東京山手線内』はいずれも外房線のもので同一のスタイルでしたが、今回は熊谷駅から山手線内行きとなります。

Photo

これは高崎線内ですので、印刷場の違いもあり、地紋のピンクの濃さも全然異なります。

一番の違いは「東京山手線内」の活字が特活ではなくなりますので、2文字の「熊谷」と相まって、発駅と着駅のバランスが大きく崩れているように思えます。
これが群馬総社のように4文字の発駅となった場合にどうなるか、気になるところですが、残念ながら手持ちがありません。

また、 「下車前途無効」の表示については、スペースに余裕があるにもかかわらず、幅を縮めた特活が使用されており、さらにアンバランスです。

さらに、小人兼用となっておりますので、断片があります。この断片に記してあります「□山」についても、新潟印刷場の特徴であります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »