« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »

2012年12月16日 - 2012年12月22日

2012年12月22日 (土)

切手が売られていない郵便マーク

こんばんわ。

一昨日の現場、一服場所として利用させてもらっている喫煙所があるのですが、実は今年度で2回目。お世話になっています。

半年前に利用させてもらったとき、相棒に言われたのですが、

『何これ・・・切手が売ってないじゃん。』

241220
平成24年12月20日 練馬車検場にて

まあ、郵便局に見えてしまうかもしれませんが、良く考えりゃ酒屋やタバコ屋でも見掛けますね。切手やハガキなどを売っているお店の目印です。

確かに見てみりゃ切手もハガキも書いてないから・・・街中では見掛けることはないでしょうね。

車検場ですので、車検に必要な印紙の売り払いだけを行っている窓口ということですね。印紙の売り払いですから、基本的には郵政の事業。だけど、切手やハガキを取り扱っても買う人なんて居ませんから、申請に必要となる印紙だけを取り扱っているということのようです。

それにしても、車検や新車登録なんて基本的にはディーラーや販売店さん任せなので、印紙なんて買ったことないですね。まして重量税の印紙なんてね。収入印紙とデザインが違うことすら、つい最近知りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2012年12月20日 (木)

東京都交通局 春日駅発行 スイカチャージ領収書

こんばんわ。

領収書シリーズです。

Photo

東京都交通局、都営地下鉄の春日駅で発行された、Suicaチャージの領収書です。

地紋は黄色の東京都交通局専用のものです。

取引内容の記載に「うちSF」欄があるのが特徴でしょうか?

かつて、東京メトロ(営団地下鉄:帝都高速度交通営団)と共通のSFカードが存在しましたので、???という印象を与えてしまいますが、SFとは「ストアードフェア」の略で、カードに運賃を貯めておく鉄道用乗車カードのシステムを言います。つまり、この場合は1000円すべての金額をカードに書き込んだということになります。でも・・・表示の意味はあるのでしょうか?他に表示されるものがあるのでしょうか???

それと、都営地下鉄ならではの表示として、「印紙税法第5条第2号により非課税」でしょうかね。

第5条  別表第1の課税物件の欄に掲げる文書のうち、次に掲げるものには、印紙税を課さない。

 第2項 国、地方公共団体又は別表第2に掲げる者が作成した文書

よって、都営とか市営鉄道には基本的に非課税が適用となります。
ちなみに、公社化或いは第3セクタのような経営形態の鉄道が非課税の該当団体とはなりませんので、非課税にはなりません。
もっとも、チャージできるのは3万円以下(1度にチャージできるのは1万円)ですので、元々この表示は必要ないわけですけどね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2012年12月19日 (水)

庚申塚商栄会 伊勢屋紙店

おはようございます。

突然の有給をいただき、気ままな夜を過ごして朝になってしまいました。

先日、板橋の現場に行ったのですが、昼食の後にちょいと時間が取れたので、都電の撮影がてら、初めて西巣鴨の庚申塚に行ってみました。非常に規模が小さかったですね。

現場への移動途中、地蔵通りから続く庚申塚の街並みを歩いてきたのですが、ここは古く、趣きのある建物が多く残っています。

241213
伊勢屋紙店さん

かなり年代モノのスタイルが好ましい紙屋さんです。紙屋という特定の業種も今や都心では珍しいのではないのでしょうか?

断面がアダムスキー型円盤にも似ていますね。

妻面はおそらく板張りだったのだと思われますが、劣化防止でしょうか、トタンになっています。こちら側は比較的にキレイですが、反対側の妻面は錆が酷かったです。両隣に家が近接していないので、風当たりも強いのでしょうね。

キレイになってしまった地蔵通りよりも、ちょっと足を伸ばして風情を楽しむのも良いかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

国鉄会津線 荒海駅発行 準常備急行券

おはようございます。

何かネタが無いかコレクションを探していたら、今までパスしていた急行券の中にちょっと目立つものがありました。
今日は急行券をご紹介いたします。

Photo

国鉄時代の会津線荒海駅発行の会津若松から201km以上を示す準常備式の急行券です。ダッチングが不鮮明ですが、料金から推測して昭和47年12月発行でしょうか?

当時も会津線には急行「いなわしろ」が運転されていましたが、途中の会津田島駅までしか入りませんので、荒海駅発行の急行券では、これに対応するため乗車駅が記入式となっています。

昭和40年代の準常備式急行券はこれしか所有していないので分かりませんが、矢印で着駅まで表示するスタイルではなく、『最右端のキロ程までご乗車される・・・』の表記が興味深いです。昭和50年以降の準常備式急行券や特急券は複数所有していますが、このような表記をしているものは一つもありません。

ゴム印の「会津若松」も楷書体のようなものを使用しており、昭和を感じます。

荒海駅は、分割民営化直後の昭和62年7月16日に会津鉄道に転換され、同時に「会津荒海(あいづあらかい)に改称し、駅も無人化されてしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »