« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

2012年4月29日 - 2012年5月5日

2012年5月 5日 (土)

ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」

こんばんわ。

このところ切符ネタばかりだったので、たまには違うものを。

探し物をしていたら、偶然にも見つけたポケット灰皿。
もうかなり昔に手に入れたものですが、未使用のまますっかり忘れてました。

ポケット灰皿って結構長持ちするので、別のところでもらったり、懸賞で当たったものを使ったり、しまっておくとつい忘れてしまうんですよね。

こりゃ次に使おうと思って良く見てみたら、なんとも懐かしい・・・まだ早いか。

Photo_4

川口市、草加市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市・・・

県南の美化のためにJTが配ったのでしょうか?

地元蕨市なので、駅ででも配ったのかな?

鳩ヶ谷市は、日本の市制のなかでも2番目に面積の狭い市だったんですね。
平成23年10月11日、川口市と合併したことにより、その名前が消滅してしまいました。元々合併の話が、蕨市を含めて出ていたんですけど、合併後の市名が「武南市」になることに川口市が強く拒絶し、ご破算になってしまったと言うつまらない話。まあ、そのお陰で蕨市も昔のまま残っているわけですけど。

そんなことで、こんな大したことの無いグッズにも歴史が刻まれていたと言う話。

ちなみに、日本で一番狭い市は我が蕨市。人口密度日本一の市も蕨市。東京23区の大半よりも人口密度が高いんです。だけど、年寄りが多いので財政は良くないみたい。残念・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2012年5月 4日 (金)

篠ノ井線 姨捨駅 来駅記念入場券

こんばんわ。

すごい雨でしたね。
私、寝ているのが壁際なので、雨音のうるささでなかなか寝付けませんでした。

もう時間が経ってしまいましたが、4月始めに新橋で飲み会の際にlineさんからいただいた記念入場券をご紹介いたします。

Photo_2

篠ノ井線姨捨駅の「来駅記念入場券」と銘打った硬券入場券です。
駅から眺める景色の良さはサイコー!と言いたいところですが、私は30年前に1度、特急「しなの」に乗って通りすがったことがあるだけで、その景色もあまり覚えていません。自由席でおまけに立席、381系特有の「酔って下さい」と言わんばかりの揺れに、景色に「酔って」いる場合ではありませんでした。

Photo

こちらは見開いた中身です。

姨捨駅の説明と、棚田の説明が記載されています。
入場券1枚だけにもかかわらず、かなりお金を掛けてしまっていますね。これでも黒字になるのかな?

日付はきちんとダッチングが施されており、入場券をみると、ダッチングを通したヘコミが付いていることから、その場でダッチングを入れているようです。
今気付いたのですが、「2時間以内」の表示がありませんね。

Photo_3

入場券の裏側です。

表が普通入場券と全く変わらない様式ですが、裏には「姨捨駅来駅記念」が印刷されており、ここで初めて「誂え品」であることが分かります。
「姨捨駅発行」の文字も、普通なら中央にありそうですが、かなり右にシフトしているのも特徴ですね。

この入場券には「□東」の表示もありませんし、「2時間」の表示も無いことから、かなり国鉄時代を意識した印刷になっているように思います。
今の時代、JRでは硬券を入手するのはほぼ不可能となっていますから、先般ご紹介いたしました三才駅と同様に、記念とはいえこのような配慮があることをうれしく思います。

line様、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

ジョルダンライブ語録(その8):よくある埼京線特有の乗れないかんじ

こんばんは。

今回も比較的に早くネタがあつまりました。

総武線各停[中野(東京)-西船橋]止まっている 定刻

止まっているのに定刻?ただの時間調整か?要らない情報だね。

埼京線[赤羽-新宿]遅れ(10分未満) よくある埼京線特有の乗れないかんじ。

まあ、埼京線の利用者だからわからなくもないけど・・・埼京線特有なのか?

小田急線[新宿-小田原]遅れ(10分未満) 4号車座席の転換忘れにより逆向きで直すために遅延。

へぇ~、そんなこともあるんだね。

東武東上線[川越市-池袋]止まっている 線路落下

うわ~、大事件だ~!早く直さないと大事故にぃぃぃ!

東武東上線[川越市-池袋]遅れ(10分未満) 線路落下 運転再開

復旧早っ!

東海道本線(東日本)[横浜-熱海]運転再開 ホームに転落

出たーーー屋根から人が・・・

小田急線[登戸-新宿]遅れ(10分未満) 0620急新宿行遅01 混雑度は1号車

意味不明だぞ!

こういう企画、やめようと思うんだけど、面白いとついメモっちゃうんですよね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2012年5月 2日 (水)

東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 120円 色違い?

こんにちわ。 しつこいですが、東京駅新幹線乗り換え口発行の普通入場券を最後にもう1枚ご紹介いたします。

Photo_2

一昨日の記事をご紹介いたしました昭和60年発行の赤印刷の入場券です。

Photo

昭和62年12月30日発行の入場券で、時代的にはJR化後ということになりますが、会社名の表示はありません。国鉄時代に印刷したものの残りでしょうか?

レイアウトもかなり変更されていますが、なによりも黒印刷であること。
ただ、この入場券には「○改」の印刷がされていないため、もしかしたら乗り換え口発行の入場券ではないかもしれません。
一昨日の記事にも書きましたが、ポイントは「○ニ」の記号になります。

昭和60年の入場券にも「○改」の表示は無く、「○ニ」からしか判断できない状態ですので、この記号が乗り換え口発行のものと判断するならば、硬券最終期の頃には赤印刷がなくなっていた?とも推測できます。

詳しく研究してはいませんので、実際のところはわかりません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2012年4月30日 (月)

東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 120円 2種

こんばんわ。

しつこいようですが、今日も新幹線乗り換え口発行の入場券、120円券を2種類後紹介いたします。

Photo

昭和57年11月24日発行の120円券です。
様式が大きく変わり、駅名が大きく表示されるようになりました。また、「普通入場券」の表記が駅名アンダーラインよりも下に表記されるようになっています。

「○改」の表記は引き続き表示されていますが、ここで「○N」の表示が現れます。80円時代と100円時代、110円時代の入場券がないので、いつ頃からかは不明です。これはおそらく新幹線を意味しているものかと推測します。「○1」は窓口番号でしょうかね。

Photo_2

こちらは昭和60年6月7日発行の同じ120円時代の入場券です。
券面のスタイルは殆ど変わっておらず、120円時代の長さを感じます。消費税5%が導入されなければ、今もって料金は変わらないわけですからね。
長らく表記されていた「○改」がなくなっています。代わりに「○ニ」(しかも毛筆体のような?)の表示がされるようになったようです。これは何を意味するのでしょうか?
「N]が新幹線の「NEW」を示すものとするならば、これをカタカナの「ニュー」と考えるのがセオリーのように思いますが・・・果たして真相や如何に。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2012年4月29日 (日)

東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 60円

こんばんわ。

前回の『東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 30円』に続き、今日は昭和52年発行の60円券をご紹介したいと思います。

Photo

ダッチングが見づらくなっていますが、昭和52年の発行と考えられます。

前回の30円券と同様に、赤文字の印刷となっておりますが、30円券は大小兼用の入場券であるのに対し、この券は大人専用券となっている点で違いが有ります。

また、「○A」に対応する表示もなくなっているので、窓口の数や販売箇所による違いがあるのかもしれません。当時のことは全然記憶にありません。相変わらず「○改」の表示は残っています。

この形態の特徴として、循環番号が表面に表示されています。24ってかなりすごい枚数ですね。

真ん中にバッチリ折り目が入っていることから、当時、東京駅で拾ったものと思われます。ただ、記憶にはありませんが・・・

つづく。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »