« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

2012年3月18日 - 2012年3月24日

2012年3月24日 (土)

弘南鉄道 普通入場券「中央弘前駅」

おはようございます。

先般、初めて弘南鉄道大鰐線を訪問・乗車することになりましたが、その際、中央弘前駅で硬券入場券を購入しておりましたのでご紹介いたします。

Photo

入場券の駅名はゴム印式となっており、しかも紫色を使用している関係か、カラー印刷のようにも見えてしまいます。地方私鉄に良く見られる赤一条入りです。

裏面には(弘南鉄道)の表記があり、○○駅発行の記載欄もありますが、こちらは押し忘れでしょうかね?

お土産用も含めて5枚購入したのですが、窓口嬢曰く「5枚も記念用だと緊張しちゃうなぁ、たまに失敗しちゃうのよね」だそうです。ダッチングマシンなら慣れでそれほどの失敗は無い筈ですが、最近はゴム印も多くなり、インクの付け具合や水平・平行、さらには力の加減など、全てが押す人の技量に掛かってきますからね。まあ、運と言うのもあるかもしれませんが(笑)。

非常に丁寧に押していただき、対応も丁寧でした。

なお、同駅には券売機も設置してありますので、通常は券売機で事足ります。乗車券は硬券で買わなかったんだけど、1枚くらい買っておけばよかったかな・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2012年3月21日 (水)

小田急電鉄「あさぎり1号」特別急行券・グリーン券

こんばんわ。

JRダイヤ改正と同日、小田急電鉄でも特に特急列車を中心とした規模の大きいダイヤ改正が実施されました。

動きのあった特急列車や車両については、『小田急電鉄 7000形LSE車 特急「はこね」(新塗装)』『小田急電鉄 10000形HiSE車 特急「はこね」「さがみ」』『小田急電鉄 20000形RSE車 特急「あさぎり」「はこね」』『小田急電鉄 5000形・5200形 通勤型車両』『371系:小田急線直通特急「あさぎり」』という記事を別ブログでご紹介したところです。

これら最後の活躍を記録すべく、平成24年2月19日に松田付近まで撮影に行き、その際、往路で20000形RSE車使用の「あさぎり1号」に乗る機会がありました。しかも、指定券の手配をFe4のシービーさんにしていただき、リッチにもスーパーシートを予約してくれた訳です。

最初は贅沢かな?と思ったのですが、考えてみればRSE車とJR東海の371系が揃って引退となると、今後、小田急電鉄内でスーパーシート或いはグリーン車という位置付けそのものが消滅してしまうことになります。

Photo

券面にはそこら中に「グリーン」や四葉のマークが表示されて賑やかです。
私はこれを見て疑問に思ったのですが、小田急自社内では「スーパーシート」と読んでおきながら、券面には一切「スーパーシート」の表示が無く、「グリーン車」や「グリーン」という表現が使用されています。
おそらく、JR内規には「スーパーシート」という格付けが無く、JRで呼称を合わせようとした場合にJR各社へ影響が出てしまい、その範囲が大き過ぎる。小田急がグリーン車に呼称を合わせた方が影響がほとんど出ない、と言った具合ではないかな?と想像します。

職場の旅行がなくなった昨今、ロマンスカーへ乗車する機会も殆ど無くなってしましたし、まして「あさぎり」に乗ったのはSSEの急行時代でしたから、大変貴重な体験となりました。

今後はこのようなグレード違いの車両を導入することは考えづらいので、グリーン車という格付けの歴史も、ここで終止符かな?と想像します。

なお、乗車時の簡単な記録が『小田急電鉄 20000形RSE車 特急「あさぎり」(乗車編)』でご紹介してあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2012年3月20日 (火)

十和田観光電鉄:十鉄1日フリー乗車券

おはようございます。

先日訪問した十和田観光電鉄。ご案内のとおり、平成24年3月31日限りで鉄道線の運行が取り止めとなります。

下調べでは同社のHPにも見当たらなかったと思ったのですが、現地に行きましたら1日フリー乗車券が発売されていました。

Photo

定期券サイズ?くらいの縦型印刷紙で、厚さも昔の定期券程度のものと思われます。

1日乗り降りし放題で1000円。片道570円、往復が1140円ですので、単純に行って帰ってくるだけでもお得です。
私の場合、帰路の十和田市~北里大学前は歩いてしまったのですが、七百で下車した結果、やはり570円掛かってしまったことになるので、往復したのと同じ経費となり、お得度は変わりませんでした。

Photo_2

こちらは裏面です。特に変わったところはありません。

大事に持って帰ってこようと思ったのですが、撮影の際、タバコの出し入れでグシャグシャにしてしまいました・・・。

同社は青い森鉄道との連絡乗車券や、C型入場券など変わったきっぷを発売しているようです。3月26日到着分まで受付ということですので、欲しい方はお早めに。

写真記事 『惜別:十和田観光電鉄(施設編)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2012年3月18日 (日)

北東北・函館フリー乗車券

こんばんわ。

ただいま『マル鉄回顧録』で、今年の3月31日限りで廃止となる十和田観光電鉄や、寝台特急「日本海」の撮影などをご紹介しておりますが、今回の旅行で使用した「北東北・函館フリー乗車券」をご紹介いたします。

Photo

往路用の片道乗車券と、フリー区間~帰路用の乗車券がセットになっています。

盛岡以北がフリー区間の対象となっており、基本的には東北新幹線か田沢湖線「こまち」による経路を選択することになっています。
ただし、寝台特急「あけぼの」のみ、上越・羽越経由が認められており、この点がかなり制約が厳しいです。

今回の旅行では、青森を基点として行動したため、弘前への往復分や十和田観光電鉄へ行く際に八戸から三沢へ立ち寄った分程度しかお得感がありませんが、単純に青森往復だけでも若干お得です。

同フリー乗車券を有効に使おうと、函館まで足を伸ばして「北斗星」で帰ってくることも考えたのですが、「北斗星」には過去に4回も乗車しており、逆に「あけぼの」は乗ったことがなかったため、今回は「あけぼの」への初乗車を選択いたしました。

話題がなくなってしまうとファン的にはやや使いづらい部分がありますが、津軽鉄道や北海道へのちょい足出し、さらには海峡線での撮影には使えそうですので、季節の良い時期に「はまなす」の走行写真など撮りに行きたいところです。

Photo_2

参考までに案内片です。
一部画像を加工してありますのでご容赦下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »