« 普通乗車券:自販機 南流山→450円 | トップページ | 首都圏新都市鉄道 チャージ領収書 »

2012年11月26日 (月)

消えたナンテンの樹

こんばんわ。

昨日、写真を撮るために蕨駅ヨコの駐輪場に行ってみましたら、線路側フェンスの袂の雑草がスッカリ無くなり、本当にキレイになっていました。

241125

あまりにもさっぱりし過ぎで「あれっ?」と思ったのですが、昨年12月24日、ここで撮影していたときに鮮やかなナンテンの実が気に入って、写真を撮っていたんですよね。

231224

これが平成23年12月24日撮影のナンテン。良いコントラストだったんですが・・・。

駐輪場であるが故、トゲのある枝っぷりの良いナンテンの樹は「不要」と判断されてしまったんでしょう。どのくらいで元のようになるんだろ?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

|

« 普通乗車券:自販機 南流山→450円 | トップページ | 首都圏新都市鉄道 チャージ領収書 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、赤い実のなっている木ですが、とげがあるならピラカンサですね。
けっこう鳥が実を食べて種を運ぶので、勝手に生えることもあるようです。
駐輪場だと、危ないから切られるかもしれませんね。棘のない南天に植え換えちゃったらいいかも?

投稿: | 2012年11月27日 (火) 22時39分

舞様
そうだったんですか?我が家にもナンテンがあって、そっくりだったので知りませんでした。
まあ、誰かが植えたわけでは無いわけですし、植樹帯でもないので、誰もいじらないでしょうね。
困ったな・・・題名、今更変えられない・・・。

投稿: キハ181つばさ | 2012年11月27日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通乗車券:自販機 南流山→450円 | トップページ | 首都圏新都市鉄道 チャージ領収書 »