« プラレール のりものDVD だぜぇ~ | トップページ | オレンジカード:東北新幹線開業5周年 »

2012年10月28日 (日)

初めての東京証券取引所

こんばんわ。

今年は記事のタイトルに「初」という言葉をよく使っているような気がします。
若いうちは何でも「初めて」だから強調する必要もないことだし、歳を重なるにつれ「初めて」ではなくなってしまうから・・・って感じなんでしょうか。
そんな人生で、今頃になって「初めて」に感動してしまうと言うのは、ある意味「新鮮さ」を感じることができていいことだと思えます。

先週の金曜日、現場の直ぐ近くが兜町で、地図を見たら「東京証券取引所」の表示があったので『こりゃちょっと見てみたい』と思って寄り道した次第。

ただ、先方への待ち合わせ時間まで20分を切っている状況。
なので、「見学者入口」なるものがありましたが『入るのは止めよう』と思ったのです。

そしたら、相方(今回は残念ながら男)が『ちょっとだけ覗いてみませんか?』なんて言うんですよ。
『なんか入口に警備員が居たし、見学に案内されるとまずいから止めよう』と止めたのですが、『入口に入ってくらいだったら大丈夫ですよ』なんて言うもんだから、入口に向かってしまったのです。

そしたら警備員にドアを開けられてしまい、『見学はこちらです。まずは手荷物検査がありますのでどうぞ!』・・・
もう逃げられません。ホント、入口の直ぐの所に手荷物検査と金属探知のゲート(空港の手荷物検査そのまま)があって、『やっぱり止めます』なんて言える状況ではありません。

困ったな・・・時間ないし・・・

と思ったのですが、引率の案内とか無く、好きなように館内を動くだけなので、ちょっと見るだけで立ち去れそう。

なので、一番見てみたかったここだけは・・・

241026

しかし、この建物はズゴイ規模ですね。
100億以上は掛っているのでしょうかね。年間維持費ももちろん億単位でしょう。
それなのに、警備員と職員風の人がチラホラ。見学者らしき椅子に座ってくつろいでいる人2名。

だけど、日本の経済の中心となる場所ですからね。このくらいの風格を備えていても当たり前・・・と見るか、複雑な気分です。

それにしても人少な過ぎ。ムダという言葉が否応にも浮かんできます。

兜町の位置も良く知らなかった人ですから、文句言えた柄でもないか(笑)。

正直言うと、感動した。テレビだけでよく見ていた情景を直接見ることが出来たから。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

|

« プラレール のりものDVD だぜぇ~ | トップページ | オレンジカード:東北新幹線開業5周年 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
うちの父は準大手の証券会社に定年で辞めるまで勤務してた関係上、東証関連の話や株式関連のTVは、否が応でも幼い頃から目にしてたものですが、かつての東証はアナログチックだった時が迫力あって良かったと思います。
実は私も平成のはじめ頃に東証を見学に行ってますが、あの当時はバブル末期とはいえ、それでも活気あふれる雰囲気だったのを覚えてます。
それでは、この辺にて私は失礼いたします。

投稿: 宮オオ | 2012年11月13日 (火) 10時01分

宮オオ様
株のシステムが変わらなければ、ここも相変わらず活況を呈していた筈なんですが、全てが電子化されて人が要らなくなっちゃいましたね。
それにしても、人が居ないのにこの大規模の建物は、本当に無駄に思えました。

投稿: キハ181つばさ | 2012年11月16日 (金) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラレール のりものDVD だぜぇ~ | トップページ | オレンジカード:東北新幹線開業5周年 »