« ガシャポン:ニャンコ先生 | トップページ | 丸いポストのまち こだいら »

2012年7月 8日 (日)

貨車のサボ 表示票「地域間急行」

こんばんわ。

今日はちょっと珍しいコレクションから。

過去ログ『爆発注意!!! 「火薬表示票」』で貨車の表示票をご紹介いたしましたが、コレクションの中にもう1種類の表示表があります。

Photo

印刷種別としては「地域間急行表示票」とされています。

引用となりますが、「地域間急行列車は,小量で分散的な一般車扱貨物の速達と到着日時の明確化を図ることを主眼とした輸送方式である。」とされています。
この制度が発足したのは昭和43年10月のことで、車扱い貨物の速達化、到達時間の明確化を図るためにコンピュータ管理されていたということです。昭和43年代のコンピュータと言うのは想像がつきません。

この表示票を手に入れたのは大宮操車場に勤務していた昭和58年前後と思われます。
物心付いて鉄道に接してきましたが、それまでも「地域間急行」という種別は聞いたこともありませんでした。

では、なんでこんな制度的にもなくなってしまった表示票が手に入ったかというと、59・2貨物大合理化前、次々と廃車になる貨車には休車の旨を表示していたのですが、これに使用済みとなった表示票の裏面が多く使われていました。
その中で、このような用途を失った表示票が使われたケースも多く、実はこの「地域間急行」の表示票も良く目にしていたのです。

そして大宮操車場最後の頃、運行に影響のない部分のものを手に入れたのがこの表示票だったわけです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« ガシャポン:ニャンコ先生 | トップページ | 丸いポストのまち こだいら »

鉄道部品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガシャポン:ニャンコ先生 | トップページ | 丸いポストのまち こだいら »