« ジョルダンライブ語録(その8):よくある埼京線特有の乗れないかんじ | トップページ | ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」 »

2012年5月 4日 (金)

篠ノ井線 姨捨駅 来駅記念入場券

こんばんわ。

すごい雨でしたね。
私、寝ているのが壁際なので、雨音のうるささでなかなか寝付けませんでした。

もう時間が経ってしまいましたが、4月始めに新橋で飲み会の際にlineさんからいただいた記念入場券をご紹介いたします。

Photo_2

篠ノ井線姨捨駅の「来駅記念入場券」と銘打った硬券入場券です。
駅から眺める景色の良さはサイコー!と言いたいところですが、私は30年前に1度、特急「しなの」に乗って通りすがったことがあるだけで、その景色もあまり覚えていません。自由席でおまけに立席、381系特有の「酔って下さい」と言わんばかりの揺れに、景色に「酔って」いる場合ではありませんでした。

Photo

こちらは見開いた中身です。

姨捨駅の説明と、棚田の説明が記載されています。
入場券1枚だけにもかかわらず、かなりお金を掛けてしまっていますね。これでも黒字になるのかな?

日付はきちんとダッチングが施されており、入場券をみると、ダッチングを通したヘコミが付いていることから、その場でダッチングを入れているようです。
今気付いたのですが、「2時間以内」の表示がありませんね。

Photo_3

入場券の裏側です。

表が普通入場券と全く変わらない様式ですが、裏には「姨捨駅来駅記念」が印刷されており、ここで初めて「誂え品」であることが分かります。
「姨捨駅発行」の文字も、普通なら中央にありそうですが、かなり右にシフトしているのも特徴ですね。

この入場券には「□東」の表示もありませんし、「2時間」の表示も無いことから、かなり国鉄時代を意識した印刷になっているように思います。
今の時代、JRでは硬券を入手するのはほぼ不可能となっていますから、先般ご紹介いたしました三才駅と同様に、記念とはいえこのような配慮があることをうれしく思います。

line様、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« ジョルダンライブ語録(その8):よくある埼京線特有の乗れないかんじ | トップページ | ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」 »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョルダンライブ語録(その8):よくある埼京線特有の乗れないかんじ | トップページ | ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」 »