« ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」 | トップページ | 平成24年5月6日の満月 »

2012年5月 6日 (日)

雲を突き破る飛行機雲?

こんばんわ。

今日は街の風景と言うか、街から見た風景ですかね?
このGWは天気に恵まれず、今日、やっとすっきり晴れた感じです。でも、風が強くて大変でしたけど。(特に東北線方面)

夕方、それを見上げると異変に気付きます。始めは単なる飛行機雲だと思いましたが、何故二重に見える?

240505

判りやすいように若干加工をしています。
雲の中に黒く横切る線。初めは地震雲かと思いましたが、良く見れば前後に白い子もが突き抜けているので、単なる飛行機雲だと直ぐに分かりました。

240505_2

こっちはアップにして撮った写真。あまり違わないか?

画面はクリックすると大きくなるようにしておきました。
大体において、飛行機(特にジェット機)は我が家の上空でも雲の上を行きますので、雲があれば飛行機雲が重なって見えなくなるだけですよね。

しかし、これを見る限り、薄い層の雲の中を飛行機が突き抜け、雲を掻き分けてしまったように見えます。そこに自らの飛行機雲を残していったので、なんか変な線になって見えるんですよね。
実は、カメラを取り出してくる前は、もうちょっと鮮明だったんですけど、上空も風が強いようで、乱れ始めてしまったようです。

いやはや、こんな飛行機雲の光景、初めて見ました。ってか、気が付いたのが初めてなのかな?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

|

« ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」 | トップページ | 平成24年5月6日の満月 »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

地震雲がどういうものかはわたくしもよくわかりません。
ただ確かにこれが放射状になっていたり、竜が昇るようなのとか飛行機雲にしてはくっきりした直線のものは見かけたことありますがちょっと不気味です。
変にどす赤くてガスがかかったような満月を走行中見たことがあります。
地震と関連は不明ですが災害が続くと天気や雲、月の様子も気になります。

投稿: 金太郎 | 2012年5月 8日 (火) 22時20分

金太郎様
地震にに関する予兆なんて、一部科学的根拠のあるもの以外は占いに等しいと思います。
私は単純に、「気味が悪い」「見たこともないような」というのを地震雲だと思っています。フツーになんの変哲も無い風景ならそれが日常であり、気分を損ねたり関心を引くような珍しい風景ならそれが異常と思うだけの話です。
月の話だと、地域性にしてもちょっとスケールが大き過ぎるかな。目の前の現象が月をそう見させるのなら話は別だと思いますが。

投稿: キハ181つばさ | 2012年5月 8日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケット灰皿に「鳩ヶ谷市」 | トップページ | 平成24年5月6日の満月 »