« 東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 60円 | トップページ | 東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 120円 色違い? »

2012年4月30日 (月)

東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 120円 2種

こんばんわ。

しつこいようですが、今日も新幹線乗り換え口発行の入場券、120円券を2種類後紹介いたします。

Photo

昭和57年11月24日発行の120円券です。
様式が大きく変わり、駅名が大きく表示されるようになりました。また、「普通入場券」の表記が駅名アンダーラインよりも下に表記されるようになっています。

「○改」の表記は引き続き表示されていますが、ここで「○N」の表示が現れます。80円時代と100円時代、110円時代の入場券がないので、いつ頃からかは不明です。これはおそらく新幹線を意味しているものかと推測します。「○1」は窓口番号でしょうかね。

Photo_2

こちらは昭和60年6月7日発行の同じ120円時代の入場券です。
券面のスタイルは殆ど変わっておらず、120円時代の長さを感じます。消費税5%が導入されなければ、今もって料金は変わらないわけですからね。
長らく表記されていた「○改」がなくなっています。代わりに「○ニ」(しかも毛筆体のような?)の表示がされるようになったようです。これは何を意味するのでしょうか?
「N]が新幹線の「NEW」を示すものとするならば、これをカタカナの「ニュー」と考えるのがセオリーのように思いますが・・・果たして真相や如何に。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 60円 | トップページ | 東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 120円 色違い? »

切符(普通入場券関係)」カテゴリの記事

コメント

「〇ニ」は日本交通観光社(日交観)を示します。
同社はもともとは国鉄バスの駅業務を委託する会社でしたが、その後、鉄道駅の業務も請け負っていました。

東京駅の他に新宿駅や上野駅など、主要ターミナル駅での実績があります。

投稿: isaburou_shinpei | 2012年5月 5日 (土) 00時18分

isaburou_shinpei様
情報ありがとうございます。
結構調べたのですが、ヒットしなかったもので。まさか受託者を表しているとは思いませんでした。
日交観自体は私も知っていましたが、業務受託もあったんですね。
記事に補足させていただきます。

投稿: キハ181つばさ | 2012年5月 5日 (土) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 60円 | トップページ | 東京駅 新幹線乗り換え口発行 普通入場券 120円 色違い? »