« 京浜東北線 上中里駅:B型硬券 乗車証明 | トップページ | 森永 「小枝」:mister Donut(ミスタードーナツ) エンゼルフレンチ »

2012年1月10日 (火)

記念入場券:おわかれ白糠線記念

こんばんわ。

今日は久し振りに記念切符のご紹介です。
と言いましても、私のコレクションだったものではなく、つい最近、シービーさんからいただいたものです。

Photo_2

白糠線廃止にあたって発売された記念入場券です。

題名としては「さよなら○○線記念」とか「○○線さよなら記念」というようなこのが多い中で、「おわかれ白糠線記念」という、ちょっとしまりのない感じ。

白糠線は、元々の計画が根室本線白糠駅から北上、池北線足寄駅をとおり、さらに新得で再び合流するといった、比較的に距離の長い路線として計画されていました。根室本線のバイパス線としての役割も考えていたようです。
しかし、建設が進んできた頃には当初目論んでいた鉱山の閉山が相次ぐ時代となり、なんの産業も無い地域に線路を通すことについて、当時の国鉄としても危機感があったようです。

最終的には白糠駅から北進駅までが開業しましたが、建設時の終端駅は「釧路二股」となっており、危機感のある中で「さらに北に向かって建設を進める」という願いを込めて「北進駅」とした、となっています。

白糠線は第1次特定地方交通線に指定され、昭和58年10月22日、赤字ローカル線廃止第1号としてその使命を終えました。

昭和56年に北海道を訪れた際、白糠駅近辺で撮影を行い、同線を往復して完乗する予定でしたが、撮影地を変更してしまったために、結局はその後訪れる間もなく廃止となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

シービーさんには貴重な資料をいただき、ありがとうございました。

|

« 京浜東北線 上中里駅:B型硬券 乗車証明 | トップページ | 森永 「小枝」:mister Donut(ミスタードーナツ) エンゼルフレンチ »

切符(記念切符・記念券関係)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
旧国鉄(→JR)の不採算路線(特定地方交通線)に対する大ナタをふるい始めた昭和58年から、今年でもう30年近く経過してしまうなんて嘘みたく感じられます。
路線廃止第一号の白糠線が廃止になったさい、NHKのニュースや特集で大々的に取り上げられたりして、当時一中学生だった私はリアルタイムに於いて視てたので鮮明に記憶してます。
「しまりがない」といいますが、ハッキリ言ってまだ鉄道に対する未練があったのではないかと推測できます。
それでは、これにて私は失礼します。

投稿: 宮オオ | 2012年1月10日 (火) 07時55分

記事にしていただき、有難うございます。
さぞかし、この券も喜んでいる事でしょう(笑)
これは郵頼で購入したもんで、セット売りでない点が懐に優しかったです。
白糠線には、チャレンジ20,000キロのキャンペーンの時に乗った事がありました。
北進の駅名標も撮ってるのですが、私と一緒に写っているのでして(笑)
折り返し時間も少なく、北進駅でDCを撮るのも難儀でした。

投稿: シービー | 2012年1月10日 (火) 19時24分

宮オオ様
しまりがない=普通だったら「○○廃止記念入場券」とかって表示するだろうと言う意味で、題名が中途半端という意味です。
第1号って知らなかったですね。国鉄に入っていきなり合理化を喰らっていたので、あまり余裕の無い時代でした。

投稿: キハ181つばさ | 2012年1月13日 (金) 01時40分

シービー様
実際に乗ったんですか?良かったですね。
大体のローカル線って、終点に着くと数分で折り返してくるケースが殆どでしたね。
だから、入場券買ってスタンプ押して、ちょっと停車中の気動車を撮ったりすると直ぐに発車でした。体外は忙しかったですね。

投稿: キハ181つばさ | 2012年1月13日 (金) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京浜東北線 上中里駅:B型硬券 乗車証明 | トップページ | 森永 「小枝」:mister Donut(ミスタードーナツ) エンゼルフレンチ »