« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

2011年2月6日 - 2011年2月12日

2011年2月12日 (土)

オレンジカード EF65PF「あかつき」:昭和61年

こんばんわ。

このところコレクションネタが滞っていてすみません。スキャニングをする時間がなかなか取れませんで。

今日はオレンジカードネタで、国鉄時代のブルトレからです。

6111

昭和61年11月発行の国鉄時代3000円券です。国鉄時代も末期の頃ですね。

おそらくは関西で発行されたもので、今は無き寝台特急「あかつき」です。

この時代、山口線にはしょっちゅう通っていましたので、まったく関西圏に行っていなかったわけではないのですが、訪問先は山口県ほか、精々広島地区ぐらいでしたので、そのもの関西には殆ど寄る機会がありませんでした。
そんなこともあって、比較的に「彗星」や「明星」といった列車には縁があったものの、この「あかつき」だけは全然写真を撮っていませんでしたね。

唯一、昭和49年に大阪駅で撮ったEF58牽引のヘッドマーク付き「あかつき」があったのですが、何故か写真が行方不明、ネガもいつの間にかなくなって幻となってしまいました。

ブルトレも最低限の維持に入ってしまった頃、それでもなんとかその地位を守っていた最後の頃だったかもしれません。50・3改正以前は7往復も設定されていた時代。若い人には想像も付かないことでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年2月 7日 (月)

鉄道「深い~良い話」:2011冬「北陸」編

こんばんわ。

今日もコレクションネタではないのですがお付き合いください。

先日、題名に釣られてみたニュース記事です。
リンクだと削除されてしまう可能性もあるので、違法かもしれませんがコピペで貼ります。

立ち往生特急、窓越しに「除雪ありがとう」 (読売新聞)

記事写真
写真1
 列車の窓に貼り付けられた、お礼の文章(1月31日、福井県南越前町で)

 1月末に北陸地方を襲った大雪のため福井県内で立ち往生した、富山発大阪行き特急「サンダーバード40号」の乗客の女の子から、除雪中のJRの鉄道マンに、窓越しにお礼の手紙が向けられていた。

 心温まるメッセージに、凍える寒さの中で除雪作業にあたった社員たちは感激したという。

 特急は1月30日午後5時12分、富山駅を出発し、同8時37分に大阪駅着予定だったが、大雪で、30日午後9時11分に今庄駅(福井県南越前町)で立ち往生。大阪には約32時間遅れの1日午前4時32分に到着した。

 31日夕、今庄駅に応援で派遣されたJR西日本金沢支社・運用車両課の長沢篤志さん(38)は、辺りを真っ白に埋め尽くした雪に「正直、電車が出られるのか」とぼう然としたという。除雪を始めて数時間後、背後で「ドンドン」という音がして、長沢さんが振り返ると、小学生ぐらいの女の子が窓越しに、「がんばってくれてありがとう☆ おしごとがんばってください☆ ☆みんなより☆」と書いたA4判の手紙を向けていた。女の子は、にこっとほほ笑み、長沢さんも思わず笑顔を返したという。

[ 2011年2月5日12時55分 ]

この記事を読んで、思わず涙がこぼれそうになってしまいました。

自然災害で不可抗力とは分っていても怒鳴り散らすようなアタマの悪い客がいる中で、なんとも微笑ましいじゃありませんか。

開通の時を待ち、必死に除雪作業をする職員を見守る健気な少女。励ましとお礼の気持ちを伝えようとする少女を見守る他の客たち。正直、うんざりもしているでしょうが、多分、そんな少女の気持ちを汲んでひたすら待っているのでしょう。

私も駅に勤めている時は、旅客に怪我をさせることの無いよう、褒められるものではないことを前提に黙々と働いていた気がします。今の仕事になってからもそうした気持ちで臨んできましたが、ふと気が付けば自己中心的に生きるようになってしまったような気もします。

応援してくれる人たちがいる。そう思いながらこの後の人生も歩みたいものですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年2月 6日 (日)

おかめうどん

こんばんわ。

先般、うどんシリーズとして『日本五目うどん』をご紹介いたしました、コメントでも「おかめうどんではないか?」という疑問が寄せられました。

本日、また出前を頼む機会がありましたので、自分の食べたい好みを抑えて、メニューにある「おかめうどん」をチョイスしてみました(笑)。

230206

前回の「日本五目うどん」は、

海苔以外に、なると2枚、かまぼこが紅白で2枚、麩が2枚、他にも伊達巻、しいたけ、ほうれん草と陣容でしたが、

今回の「おかめうどん」を見ると、

なると2枚、かまぼこが紅白で2枚、麩が4枚、伊達巻、しいたけ、ほうれん草という具合になっており、なるほど、違いは海苔が入っているかどうかの違いということになりそうです。

これは、「もりそば」と「ざるそば」の違いと似ていますね。

今回は麩が4枚となっているので、この点については数量が異なりますが、今回も大盛を頼みましたので、もしかしたら並だと2枚かもしれません。

最近は地方に行って食する機会が非常に少なくなってしまいましたので、こうした一般的なメニューの地方差というのが良く分りません。

鉄道以外に興味を示しづらい私の中でも、こうしたメニューの地方差というのは、少なからず興味がある気がしますので、機会があればこの辺りのネタを押さえておきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »