« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

2011年1月9日 - 2011年1月15日

2011年1月15日 (土)

伊豆急行電鉄発行:「特急あまぎ157系さようなら記念入場券」(その1)

こんばんわ。

今日もめちゃくちゃ寒いですね。天気が悪ければ、確実に雪が舞ってきそうなほど冷え込んでいます。

今日はスキャニング済みの記念キップから、「特急あまぎ157系さようなら記念入場券」の画像をご紹介いたします。

Photo

今からだともう35年も前になるんですね。
少数派で今でも人気のある車両、157系を使用した唯一の定期特急であった「あまぎ」ですが、老朽化により183系1000番代に置き換わることになりました。

これは記念入場券の袋になりますが、表には表題の他に、157系の経緯も記されています。こうしてみると、たった16年半しか活躍していないんですね。寿命が短かった最大の原因は1段下降式の窓構造にあったと言われています。今では車体がステンレスになったことにより、広く一般的に使われるようになっていますが、当時の鋼製車体の保守技術では無理があったのでしょうね。

Photo_2

記念入場券は5枚セットで、全て伊豆急線内を走る157系「あまぎ」の写真でデザインされています。この入場券を手に入れた当時、157系の写真を上手く撮ることができなかったので、非常に悔しい思いをしました。(この件に関しては、今現在も引きずっております。)

入場券には発売時から同年5月31日までの有効期間が定められております。各券とも入場券の駅が異なり、発行駅もそれぞれの駅で発行された状態の表示になっています。

本券は5枚セットですが、ボリュームの都合で2回に分けさせていただきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年1月13日 (木)

【名古屋】手羽先風味 ポテトチップス

こんばんわ。

このところテンションが上がらす、更新をサボってました。
今日は早めに帰ってきましたので、お菓子ネタを一発。

お正月に女房の実家に行った際、名古屋に住む従姉妹からお土産にいただいたものです。

230101

名古屋らしいですよね。なんでも商品にしちゃうんですから。
もっとも、最近はどこでも地場産の名物をお菓子化・お土産化してしまう例はいくらでもありますが、発想がすごいですね。名古屋って(笑)。

せんべいや饅頭などに工夫する例は良く見ますが、ポテトチップスって言うのは珍しいですね。しかも、名古屋名物の手羽先味とは・・・。

名古屋名物って、すごく多いですよね。味噌煮込みうどんとかきしめんとか、みそかつ、ひつまぶし・・・数えたらキリがないですが、到底容認できないようなものもあります。
名古屋の人は手羽先も好きなんですね。実は私、手羽先がそんなに食されているって知りませんでした。知ったのは極数年前のことです。

一昨年の夏、佐久間レールパークツアーに行った際、豊橋駅前のお店で手羽先を食べたのですが、多分、焼いた手羽先って初めて食べたように思います。良くお弁当に入れてもらう手羽先は、スパイスの効いた唐揚げであり、タレをつけて焼いた手羽先って想像したことありませんでした。私的には食べなれないせいもありますが、それほど美味しくは思いませんでした。

で、このポテトチップスのお味ですが、
薄からずしつこ過ぎずですね。その分、手羽先としてのインパクトが無いように思いますが、真の美味しい手羽先っていうのがどういうものかわからないので、なんとも評価が出来ません。

でも、なんとなくで表現すれば、コンソメ味にしょうゆの味がミックスされた?みたいな感じがします。袋が大きいのでいっぺんには食べませんでしたが、ポテトチップス大好き人間の私だったら、娘の目が無ければ一人でも食べちゃいますね。

お土産に持って帰るにはヒジョーにかさばりますので、自分で買うにしても、或いは貰うにしても、なかなか難しい逸品かもしれません。

どうもごちそうさまでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年1月10日 (月)

オレンジカード:東神奈川車掌区60周年記念(103系図柄)

こんばんわ。

先般アップいたしました『オレンジカード:蒲田車掌区作成 103系絵柄』に関連いたしまして、もう1枚、これに近いオレンジカードがありますのでご紹介したいと思います。

Photo

京浜東北線、横浜線を管轄とする東神奈川車掌区の60周年を記念するオレンジカードです。

図柄は、今となっては大変懐かしい、横浜線と京浜東北線で、いずれも103系時代の写真をあしらっています。

横浜線は主に山手線と同じカラーであるウグイス色の103系が使用されていましたが、過渡期や車両の転配時にはスカイブルーの車両が使われたり、或いは混色で運用されることが多々あったため、「横浜線」と表示したヘッドマークを付けていたのが特徴です。

同区は横浜線や根岸線での乗務が主と思われますが、京浜東北線の大宮までの乗務も受け持っていました。
昔は組合関係のテリトリー確保などが主たる要因だと思っていたのですが、JRになった今なお同じ状態が続いているということは、また別の要因があるのでしょうね。

与野駅に勤務していた時代、えらい愛想の悪い車掌がいて、職員みんなに嫌われていました。こいつが良くラッシュ明けの東神奈川行きに乗務していたので、おそらく東神奈川車掌区のジジイ車掌ではないかと話していました。まあ、どうでも良いことですが(笑)。

横浜線に関連する記事を貼っておきますので、興味があったら覗いてみてください。

103系(横浜線)

クモハ73(横浜線)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2011年1月 9日 (日)

時刻表ネタ:往きは普通で戻りは急行?「山陰いそつり」

こんばんわ。

今日もまた時刻表ネタです。

前回のログで『時刻表ネタ:往きは普通で戻りは急行?「尾瀬フラワー」』というのをご紹介いたしました。ここで『全国的には珍しい』と申しましたが、実は同じ時刻表の同じ臨時列車のページにもう一つ同じような性格の列車がありましたのでご紹介したいと思います。

490600 ※1974-6月号 コンパス時刻表 臨時列車のページより。

場所は変わって山陰本線です。
岡山駅を19時台に発車し、終点の浜田には3:45という滅茶苦茶早い時間に到着します。

名前の「山陰いそつり」という言葉から判るように、釣りを目的とした列車ですね。
今でこそ趣味が多様化し、それほど気合を入れて出掛ける人も周りには居なくなってしまったような気がしますが、このくらいの年代だと、釣りが趣味という人は身の回りにも沢山いました。

ですから、各地の釣場がある地域では、臨時・定期を問わず、このような一見無駄に見えてしまうような列車が設定されていましたね。

この列車の特徴は、やはり前回ご紹介いたしましたように、夜中を走る列車は普通列車とし、帰りは昼間を主な停車駅だけに停まるという理由で急行列車に設定している点ですね。

ただし、前回の「尾瀬フラワー」号と違う部分は、往きが時間調整のために長時間停車が設定されているため、急行列車の性格に馴染まないということから普通列車にしているという話に納得がいきますが、この「山陰いそつり」については返しの急行列車よりも停車駅が少なく、さらに夜中に走っている部分について時間調整による所要時間の拡大が見られません。
実際の所要時間は上下ともに7時間強であり、若干ですが返しの急行の方が所要時間が長くなっています。これは、昼間に単線区間を走る故の交換待ちなどが影響していると考えられます。事情がどうであれ、ここまで往きと帰りも遜色が無いわけですから、夜行を普通列車としている理由はあまり無いように思います。

私が小学生の時にはこの列車の存在を知っていましたが、余りにも縁遠い場所なのでそれほど興味は持っていませんでした。そもそも「いそつり」って言葉の意味でさえ、漢字では無かったために理解できていなかったと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »