« ジョルダンライブ語録(その5):車内放送が音量デカ過ぎる。 | トップページ | 駅弁:富山駅「ぶりのすし」 »

2011年12月 4日 (日)

駅弁:明石駅「ひっぱりだこ飯」

こんばんわ。

久し振りに駅弁シリーズです。

昨夜、我が家は駅弁大会でした。女房が近くのスーパーで駅弁大会をやっているのを見つけ、鍋の予定を急遽変更。
本命は別にあったのですが、どうせ1食分では足りないので、いつも余計に買うんですよね。
今回、その本命を手に入れるために私が先発で確保に行きました。本命はあっさりと手に入ったんですが、そこで見つけたのが「値引きシール」。(笑)
悩むことなく購入したのがこちらです。

231203

明石駅の「ひっぱりだこ飯」です。

昔から存在は知っていました。駅弁大会ではレギュラーな駅弁ですが、タコを食うために1000円ってやっぱり高い!と思っちゃいますね。だから今まで買ったことがなかったです。

しか~し!

今回、私が買い出しに行ったのが17時半という比較的に早い時間。にもかかわらず、何故かこの「ひっぱりだこ飯」と仙台駅の「牛たん弁当」だけが30%OFF!
もうこれしかないと思っちゃいました。

231203_2

中身は・・・

以前に母親が食べていたのを見たことがありますが・・・タコがちっちゃいな・・・タコが高くなっているような話もありましたけど。
でも、味は美味。タコもやわらかいし、おかずも色々入っています。
見た目が小さいので量が少ないとは思いましたが、意外にもそこそこの量がありました。もちろん、私には足りないので本命も食べましたけど(笑)。

ず~っと昔からの駅弁だと思っていたのですが、明石大橋の開通を記念して作られたようなことが書いてあります。意外と新しい駅弁だったんですね。

タコ壺のそこの方にサプライズもあり、壺自体もペン立てや小物入れに使えますし、なかなか楽しい駅弁でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« ジョルダンライブ語録(その5):車内放送が音量デカ過ぎる。 | トップページ | 駅弁:富山駅「ぶりのすし」 »

駅弁」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
明石は私が関西に住んでた頃に何度か行った事ありますけど、ご存じのとおり蛸と明石海峡大橋(この近辺があの阪神・淡路大震災の震源地でしたけど、明石市の被害は少なかったです)、そしてたこ焼きの変種というべきの明石焼、わが国の標準時子午線が通ってる事はこの明石市の特色です。
それにしても、この駅弁は写真みてるだけでもホント涎が出そうです。
それでは、この辺で私は失礼します。

投稿: 宮オオ | 2011年12月 6日 (火) 17時48分

宮オオ様
明石という地名はもっと有名でも良いと思うのですが、ちょっと知名度が低いように思います。山陽新幹線が出来たとき、西明石ではなく明石になっていればもっと違ったかもしれませんね。
このお弁当、色合いがあまりおいしそうな感じが伝わってこないのですけど、かなり美味しかったですよ。

投稿: キハ181つばさ | 2011年12月10日 (土) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョルダンライブ語録(その5):車内放送が音量デカ過ぎる。 | トップページ | 駅弁:富山駅「ぶりのすし」 »