« 幻となった 東海汽船:ジェット船乗船券 神津島→新島 | トップページ | 私的名曲選 Vol60 『哀しみ本線日本海』 by 森昌子 »

2011年11月19日 (土)

時刻表ネタ:昭和56年2月号 奥羽本線の夜行列車たち

こんにちわ。

更新が滞っております。
ネタの準備をする余裕がなく、こんな忙しいままに年を越してしまいそうな予感。

さて、久し振りに時刻表ネタです。
現在、複合機が故障しており、新作の準備が出来ません。
過去にスキャンしてあったものの中から未公開だったものをご紹介いたします。

19812

※1981年(昭和56年)2月号の交通公社時刻表から。

東北新幹線開業の1年前で、冬臨と春臨が同居しています。

奥羽本線の板谷峠は数回行ったことがありますが、ここのイメージだけですと閑散としており、夜行列車でこのような本数の需要は疑わしいものです。
しかし、やはりそこは都市間輸送が要の路線であり、昼間の特急「つばさ」や寝台特急「あけぼの」が満席になっているのが当たり前のような時代ですから、冬のスキーシーズン、春休み、GWと、多数の列車を運転しないと追いつけなかったことでしょう。

昼間は本数が少ないと言えども、速度の遅い普通列車が走っていますので、都市間を結ぶ列車を運転するに当たり、普通列車の走らない夜間は臨時列車が設定し易かったかもしれませんね。

それにしても、「津軽1号」から始まり、「津軽51号」、「津軽51号」、「あけぼの1号」、「おが3号」、「あけぼの3号」、「あけぼの51号」、「津軽3号」、「ざおう57号」、「出羽」、「ざおう3号」とまるでラッシュですね。当然、上りもほぼ同本数がありますから、単線区間の交換手配も大変だったことでしょう。

懐かしさが込み上げる急行「ざおう銀嶺」なんて、こんな昭和50年代後半でも残っていたんですね。

この時代ですと、さすがに旧型客車はなくなってしまいましたが、12系や14系、果ては全線電化にもかかわらず気動車まで予備車を掻き集めて臨時列車を動かしていました。

しかし、そのような体勢も東北・上越新幹線が開業するまでであり、ある意味、東北・上越方面における臨時列車最盛時代の最期とも言える頃でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 幻となった 東海汽船:ジェット船乗船券 神津島→新島 | トップページ | 私的名曲選 Vol60 『哀しみ本線日本海』 by 森昌子 »

時刻表ネタ」カテゴリの記事

コメント

この時刻表に載っている列車では、津軽3号(当時2号)しかないですね。
板谷峠もこの時(昭和50年3月)に通っただけで、あとは訪れた事がなかったでした。
これだけの夜行列車、福島駅も機関車交換などで、眠らない駅の一つでしょう。

投稿: シービー | 2012年2月12日 (日) 16時50分

シービー様
私も奥羽本線の夜行というのは「津軽」のみです。どちらだったか忘れました。
板谷には何回か行きましたが、列車では1度だけで、後はクルマでしたね。普通列車が少ないので、移動が大変です。

投稿: キハ181つばさ | 2012年2月16日 (木) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻となった 東海汽船:ジェット船乗船券 神津島→新島 | トップページ | 私的名曲選 Vol60 『哀しみ本線日本海』 by 森昌子 »