« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

東海汽船:ジェット船乗船券 新島→東京

こんにちわ。

またまたで恐縮ですが、出張の際に使用した東海汽船の乗船券をご紹介いたします。

復路は仕事時間の関係でジェット線に乗船しています。
このジェット船=ジェットフォイール、メチャクチャ早いです。
この日、大型船「さるびあ丸」で新島に上陸、仕事を終え、昼食をとった後に新島を出航しますが、午前中に乗ってきた大型船「さるびあ丸」を東京湾で抜き去って先に竹芝に着いてしまうんです。さすが時速80kmですね。

Photo

座席は1階席の6番。本来なら前方景色を楽しめる良い席なんですが、残念ながら改造により前面窓を塞がれてしまっています。つまらん。
座席間隔も通常の観光バス程度、狭いのであまり体勢を変えることも出来ません。ただ、時間が勝負の乗り物ですから、あまり苦にはなりませんでした。3時間弱ですからね。

乗船券は東海汽船窓口でクーポンと交換で発行されるものなので、前段ご紹介の「さるびあ丸」と全く変わりありません。竹芝を出航する前に他の乗船券と同時に引き渡された関係で、右側乗船票が残ったまま写真を撮ることが出来ました。ここに名前や連絡先、一部アンケートっぽい設問があります。乗船前にこれに記入して係員に渡します。まあ、これはいわゆる乗船名簿で、沈没した時に行方不明者を特定するための手段です。

この日は欠航も危ぶまれたのですが、なんとか出航してくれて無事に帰着することが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

バスコレクション:JRバス東北2台セットAを購入

こんばんわ。

かなり久し振りのバスコレネタです。

9月21日、台風で帰宅困難となった日しなのさかいさんのところへ寄って時間を潰させていただきました。テツが殆ど私のデスクの周辺から撤退してしまった今年度、久し振りにテツ話に華が咲きました。

さて、その話の中で、ふとバスコレクションの話題が。
ここ数年、金欠病の私は出来るだけ模型を買い込まない方針で生活しています(笑)。

でも、JRバスとなると、どうしても購買欲を抑え切れません。
台風の影響で鉄道がボロボロの中、余裕をかまして宿ヨドへ寄り道。在庫があったので購入してしまいました。

Photo

従来の2台セットと同様のサイズですが、オープンパッケージになってからは吊り下げ用の出っ張りが付きました。保管の際に非常に邪魔ですね。

特にバスに対する説明が無く、ちょっと残念。既製の形式だからでしょうか?

Photo_2

内容は、いずれもJRバス東北、日野セレガのはやぶさ塗装をした「みずうみ号」と、三菱ふそうエアロバスの一般塗装仕様「おいらせ号」です。はやぶさ塗装のJRバスが登場したのは知りませんでした。

Photo_3

バスコレというとどうしても中華クオリティのダメダメな部分を想像してしまうのですが、1箱開けた限りでは塗装もかなり良い出来で、指紋の付着やほこりの混入等も感じられません。かなり良くなっているんですね。

バスコレの誕生から6年くらいでしょうか、値段も単価辺りで2倍の金額になってしまいましたが、造形も最初とは比べ物にならないくらい良くなりました。
久し振りのバスコレ、また何の活用もしないまま保管箱入りします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2011年9月19日 (月)

東海汽船 「さるびあ丸」:1等乗船券 神津島→新島

こんばんわ。

前回ご紹介いたしました『東海汽船 「さるびあ丸」:1等乗船券』の続きで、神津島→新島の乗船券をご紹介いたします。

1

本来、神津島から新島へは1日前のジェット船で渡島する予定でしたが、深刻な被害をもたらした台風12号が流出させた流木等が黒潮に乗って北上したらしく、ジェット船の運航がすべて取りやめとなってしまいました。

仕方なく神津島に1泊滞在し、翌日の「さるびあ丸」で新島へ渡ることになったための乗船券です。

しかし難は続くもので、今度は台風16号のうねりが到達してしまい、出航場所が第2港である多幸湾になってしまいました。メインの前浜港からすると完全な島の裏側にあたり、クルマで送っていただきましたがそれなりに時間が掛かってしまいました。

乗船券も元のジェット船と差額を支払いの上、引き換えとなりましたので、下段発行所の欄も「神津島多幸」となっています。

本券も乗船後の記録としました関係で、右側の乗船名簿に当たる断片は既にもぎ取られた後となっております。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

東海汽船 「さるびあ丸」:1等乗船券

こんにちわ。

このところネタが無かったのですが、出張で東海汽船に乗る機会がありましたので、乗船券の写真を撮っておきました。

1

東海汽船が運行する東京(竹芝)~伊豆諸島方面への航路に使用される「さるびあ丸」の1等乗船券です。

区間は東京→神津島となります。私が出張で実際に乗船いたしました。

1等への乗船客は非常に少なく、それなりの乗船客はいましたが、殆どが2等船室を使用していたようです。シーズンオフでもありますし、寄港する中でも一番需要の多い大島では6時間ほどの乗船となりますので、1等では勿体無いと言うこともあると思います。

同じ区間にはジェットホイールも就航しており、所要時間にはダントツの差があります。ジェットホイールより長い時間と、これを上回る1等船室料金を支出するのは、どう考えても合理的ではありませんね。

ちなみに、同乗船券は右側に乗船名簿を兼用する券片が付いて発行されます。写真を撮ったのが乗船後ということで、券片がありません。また、当該乗船券も下船時に回収されてしまいますので、手元には残りません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

消えるコンビニ・・・ampm

こんばんわ。

仕事の関係でコンビニに接する機会があるのですが、昨年ファミリーマートに吸収されたampmジャパンの店舗がとうとう本格的に消滅・改装されてしまうようです。
なんでも聞いたところによると、もう殆どが廃業或いは改装されてしまったと言うことで、なじみのある風景も過去のものになってしまったと思っていました。

そんな状態で記録として諦めていたのですが、なんと、昨日外回りで八丁堀を訪れましたところ、改装の始まったampmの店舗に偶然出くわしました。

230912

まだ内装の工事が中心らしく、外観はampmのままでした。

230912_3

工事はたった3週間のうちくらいに終わってしまうようです。

230912_2

この看板も間もなく過去のものになろうとしています。

馴染みのあるコンビニとしてはHOT SPARなんてのもありましたが、板橋に住んでいたときに日常的に利用していたにもかかわらず、記録に残さないうちにいつの間にやら無くなってしまいました。

こんな日常も記録として残しておきたいですね。

多分、それほど興味のある方も居ないと思いますが、記録したい方は大至急の訪問をお勧めいたします。住所は写真に写っていますが、八丁堀駅から至近です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2011年9月 7日 (水)

北海道限定! マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味

こんばんわ。

先日、外回りの移動中、東京駅前の「北海道フーディスト」というお店の前を通り掛かりました。
普段だったらこういったお金を使うようなお店に寄ることはないのですが、一緒にいた相方と気が合うこともあり、ちょっと立ち寄りました。
北海道へ行かないと買えないようなお土産物が沢山あり、見ているだけでも楽しめます。

そんな中、一番興味を持ってしまったのがコレ。

230906

北海道限定! マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味!

名前がなげーよ。

初めはポテトチップだと思ったのですが、どう見ても周りがやきそばしか置いていなかったんで、まさかとは思いましたが・・・やっぱりやきそばでした。

まだ食べてないんで感想は書けませんが、夏季限定で今年7月11日に発売になったようです。

コンセプト等は東洋水産のホームページにありましたので、そちらをご覧ください。

このコラボアイディア、すばらしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年9月 4日 (日)

ジョルダンライブ語録(その4)

こんばんわ。

このところ本当に何もネタがなくてすみませんね。

そんなんで、今日もお茶濁しでジョルダンライブ語録です。

津田沼駅で非常停止信号発破

テロだぁ~~~!

北陸2号 7分遅れ

昭和40年代の情報かぁ~、懐かしい。

ホームに子供が転落救助の為

子供が降って来た~~~~!

上野駅でホームに人が転落した模様

ここでも人が降って来た~~~~!

侵入の際、電車と人が接触した可能性ありで調査中。駅の中で停止中

ドロボーがぶつかった?いい気味だ

近江舞子、北小松間で貨物車に人が侵入。遅れの原因はそれ。

どこまで行くつもりだったんだろう?私は今でも昔を思い出して飛び乗りたくなる。(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »