« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

昭和48年 「小出銀嶺2号」立席乗車票

こんにちわ。

今日は季節外れですが、ちょっと変わった乗車票をご紹介いたします。

Photo

昭和48年発行のスキー列車、急行「小出銀嶺2号」の立席乗車票です。

料金表示が無く、「乗車票」というところから、そのものが有料と言うことは無いようです。

特急列車ですと、L特急制度が出来る前は殆どが全車指定で当たり前の時代、急行列車においても全車指定の列車は多数存在していました。

特急列車の場合は、全車指定の特急列車においても区間を定めて指定席券なしで乗車することができ、その際は「立席特急券」が発売されます。料金は指定席料金見合いの金額が差し引かれ、後の自由席特急料金と同額の場合が通例です。

急行列車の場合、「自由席」が原則であるため、指定席に乗車する場合は「急行券」のほかに「指定席券」が必要となります。

指定席車両に乗車する場合、例え通路やデッキに乗車した場合においても、指定席料金が必要となります。その制度は今日においても変わりありません。
では、急行列車に「立席」で乗車すると言うのはどういう扱いになるのでしょうか?

その辺りがこの乗車票の答えになるのではないかと思われます。

特急列車の場合において「立席特急料金=自由席特急料金」であるとするならば、急行列車の場合は「立席急行料金=急行料金」ということになります。
しかし、急行券だけで指定席車両に乗車してしまえば、指定席料金を徴収されてしまいます。
これを避けるために「立席乗車票」(無料)を乗客に持たせることにより、「あらかじめ承認された正当な急行料金のみによる指定席車両への乗車」を位置付けたのではないかと考えられます。

まだマイカーを持つのが難しかった時代、まして高速道路も整備されていませんでしたから、スキーと言えば列車が当たり前でした。
冬季において多数の臨時列車が設定されてはいましたが、スキーがメジャーでもっともにぎわっていた時代、このような対策を実施しないと捌き切れなかったということなのでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年7月28日 (木)

これからの鉄コレはヤバイ・・・旧型国電が続々?

おはようございます。

他人様の記事の紹介のみで申し訳ありませんが・・・

同僚のしなのさかいさんが、鉄道模型ショーのレポートをアップしてくれました。

もう鉄道模型を集めるのは基本的にやめようと思っていますが、

最後の方の鉄道コレクションには参りました。

旧型国電ですからね。

過去、GMを改造して色々と作ってみましたが、形式ごとに車体の大きさ、デフォルメが違うと言う、ある意味最悪な造りでしたので、出来上がりにも納得が行かなかったものです。

ここでスケールのきちんとした製品が出てしまうと、塗装の良し悪しはともかく、種車としての価値が非常に高くなりますからね。
しかも、サンプルを見るだけでもレアな車種を揃えようとしている意図が明らかです。

久々にプラスで残っているボーナスを、どうやって留保しておくか・・・頭が痛いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

新幹線・・・埋めちゃいますか?

酷いですね。

事故原因も究明しないうちに解体。挙句の果てに、重要な部分である運転台を土の中に埋めてしまう。

中国って、一体何を考えているのか分からない人民ですね。
しかも、遺体も満足に収容していないまま埋めたのではないかという憶測も。

そして事故から38時間後、脅威の早さで運転再開・・・

早けりゃ良いってもんじゃないでしょう。それだけきちんと復旧作業をしていないってことでしょうが。そんなの素人でも分かりますよ。

新幹線を高架橋から落とす場面、見ました?こんな雑な撤去工事、見たこともありません。

笑ってしまうのは、開通早々に新幹線に乗って、事故現場通過の際に立ち上がって覗き込んでいる国民。場合によっては、あんた達も同じ目に遭うんだよ。それが理解できないのか?

まったく、国を挙げて御○○だね。

こんな危険な乗り物、中国に網の目のように整備する気らしい。そこら中で死人が出るってことだ。

こんな凶器みたいな乗り物、日本の新幹線とは一緒にしないで欲しい。
安全に対する日本人の魂をナメるな!

なんてね。独り言だけどさ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年7月23日 (土)

知らなかった・・・国分寺のバス専用道

こんにちわ。

先日、外回りで国分寺駅を利用しました。
昨年も今年も数回利用しましたが、北口に下車したのは初めてでした。つい先般にも移動で多摩湖線に乗りましたが、全く気が付かなかったのですが・・・。

国分寺駅から北上する西武多摩湖線。鉄道に沿って左右に道路があります。
北上方向に向かって左側の道路、大変狭く、歩くのが怖いくらいです。
逆に右側の道路は、人通りが全く無く、極めて不自然な風景。進入禁止のマークが道路に表示されており、こちら向きの一方通行だと思ってました。

しかし、線路際を北上して歩いていくと、なんと西武バスが逆走して行くではありませんか・・・???

しばらくすると、逆からも西武バスが走ってきます???

状況が読めました。バスだけが走っているのか・・・確かに、道路に面して家が沢山建っていますが、道路側への玄関は一切ありません。

反対側の終端でこんな看板を発見。

230721

専用道なので、車両はおろか歩行者まで通行を禁止しています。当たり前ですけど。
専用道と言いつつもバス1台分がギリギリで、途中交換は出来ません。終端の踏み切り地点で交換の手配を取っているようです。ですので、ここでは交通整理の係員が誘導を行っていました。

230721_2

バスと電車の並走シーンを撮りたくて少し粘ってみたのですが、双方の本数がそれほど無いため、上手くは揃ってくれません。

230721_3

ちょっと時間がずれて、やっとバスがやってきました。向かってくるバスを撮るのは、かなり威圧感があって怖かったです。

230721_4

バスはここまで引っ張るのが限界でした。複線区間ならすれ違う電車と撮ることもできるんでしょうが、そうは行きませんね。

もしかしたら、朝のラッシュ帯だとおいしい絵が撮れるかもしれません。動画でも良いでしょう。

でも、わざわざ出向かない限り、ちょうど良い時間に 訪れることは無いでしょうし。
また機会があったら行ってみたい場所です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年7月17日 (日)

ジョルダンライブ語録(その2)

こんばんわ。

ジョルダンライブから笑える情報を拾い上げる企画の第2弾です。


お詫びアナウンスによると、途中駅混雑のため、特急が
15秒遅れで渋谷に到着とのこと。

15秒って・・・そんな細かい遅れまで放送するんですか?

鶴見~新子安間の踏切内で自動車が乱入したため、付近にいる全列車が停止している。

こういうセンス・・・好きです。

釣りがいました。

まったく意味が分からん。

踏み切り内に人が立ち往生。

さっさと出ろよ!って感じですね。渡っている途中で力尽きたか?

鶴見近くの踏切に電車が取り残された? 東神奈川まで運転、とのアナウンス。

えぇぇぇぇぇ・・・どういうこと???

東急多摩川線[多摩川-蒲田]その他 車内での熱中症に注意。

そんなに暑いんですか?冷房切っちゃっているとか?
おじさんが小学生の頃は殆ど非冷房車だったんですけどね(笑)。

ほんと、猛暑って言葉にふさわしいお天気で。
皆さんも熱中症にお気をつけて。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

Nゲージ GMキット改造:マニ37 張り上げ屋根車

こんにちわ。

久し振りに模型ネタです。

過去ログ『Nゲージ GMキット改造:マニ36 張り上げ屋根車』でGMキットで改造した荷物車両をご紹介したことがありましたが、もう1台、同様の改造をしたものがあります。

37

製作方法としては、取り敢えず素組みで箱を作り、妻部の加工が重点となります。妻部の雨どい・カバー押さえを全てカッターで削ぎ落とし、隙間を瞬間接着剤で盛って完全に埋めます。後にヤスリ掛けで、屋根カーブに沿ってキレイに丸みを出します。サイドの張り上げ屋根部については、形跡が残るだけであり、雨どいが追加されているので、塗装でのみの表現としています。というのは前回のマニ36と同様です。

実は、この模型自体は素組みで仕立てたものでしたが、出来上がりが余りにも悪かったので、全部の塗装を一度落としてからやり直したものです。既に先般のマニ36を作ってしまいましたので、何か変化形が無いかと思いましたら、昔の鉄道ファン誌にこのスタイルのマニ37を発見したわけです。

ただし残念なことに、当該写真は山陰本線であるために我が路線と想定が合わないこと、番号が判読不明のために実在車の番号が判らないことなど、相変わらず架空主義が強いんです。

誰かこのスタイルの写真を撮っていた方っていないですかね?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年7月 9日 (土)

国鉄上野駅 新幹線乗換口発行? 東京山手線内各駅ゆき「乗車票」

おはようございます。

先般、乗車券の探し物をしていましたら、久し振りにこの乗車票を目にしました。
いつ頃からかずぅ~と手元にあるものなんですが、何のために発行されたものか全く分からずに放置されていました。

Photo

昭和61年1月8日発行の乗車票で、行き先は「東京山手線内」の「各駅」ゆきとなっています。
まだ国鉄時代の上野駅発行。団体乗車票なら良く目にしますが、ただの「乗車票」なので???なんです。

今はネットで何でも調べられる時代、ある程度のキーワードで辿り着くことが出来ました。

これは、東北・上越新幹線が上野駅まで乗り入れたため、上野駅内に乗り換えの改札口が出来ました。その乗り換え改札を通る際、有効な乗車券が無ければいけないわけですが、乗車券を予め買っていない乗客も居ることと思います。
上野駅で下車する際、上野駅までの運賃を払って下車してしまうと、乗り換えて都区内や山手線内へ同一運賃で行けるところを打ち切り計算されてしまいますので、この乗車票を渡して着駅まで乗車してもらうという趣旨のようです。

本来なら乗車変更を行う際は、着駅を指定することも出来るわけですが、都区内及び山手線内においても駅数が相当数ありますので、本来発行する乗車券の制度に合わせた「東京山手線内各駅ゆき」とし、合理的に対応したのではないかと考えられます。
おそらく、同様に「東京都区内ゆき」という乗車票も存在したのではないでしょうか?

参考にさせていただいた記事はJR時代のものでしたが、国鉄時代は上野開業から民営化までほぼ2年しかありませんでしたので、枚数はそれほど出てこないかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

ジョルダンライブ語録(その1)

こんばんわ。

また新コーナーを思いつきました。

外回りが多い仕事なので、毎朝チェックを欠かさない「ジョルダンライブ」。
素人が書き込む情報とはいえ、タイムリー&スピーディーな鉄道運行情報として大変重宝に使わせていただいております。

しかし、時に情報としてではなく、思わず噴出しちゃうようなネタが多く潜んでおります。
隅々までチェックしているほど他人の揚げ足を撮りたい訳ではないので、ちょっと目に付いたものだけを時々ご紹介したいと思います。

そもそも、きっかけとなったのが大震災の夜だったと思います。

動き出した私鉄だか地下鉄だか忘れましたけど・・・

車内は箱詰め状態です。

これは課長が見つけて笑っていたのですが、職場内でもかなり話題になりました。

別に打ち込んだ人を嘲笑するつもりもバカにするつもりもありません。これはきっちりお断りしておきます。

敷地内で草むしりを人発見で防護発砲

敷地内で草むしりをしている人で非常停止というのも呆れますが、『発砲』したら危ないですね。バカボンの本官でも近くに居たのでしょうか?(笑)

後続電車遅れのため10分遅れとの社内アナウンスあり

これ、私もブログを打っていると必ず出てくる、かなりアタマに来るフレーズです。かなり情報提供に積極的な会社ということで、かなり羨ましいです。(笑)

ホームに人転落。緊急無線発報。

屋根から落っこちてきたのでしょか?(笑)

しつこいようですが、打った人を笑うつもりはありません。
普段、仕事で日本語を正しく使うというチェックをしているため、直ぐに目に付いてしまうんです。
楽しければ良いか・・・そんな程度です。

またネタが貯まりましたら続編を。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

警戒標識「雷」:東急電鉄 蒲田駅

こんばんわ。

今日のご紹介は、鉄道の施設ですが所有している部品ではなく、現役の標識の写真となりますので、風景という位置付けといたします。

230701

平成23年7月1日撮影 東急電鉄 蒲田駅にて

多摩川線ホームに歌舞伎塗装の7600系が停まっていたので写真を撮り、振り返ると終端の車止めの所にひっそりと掲げてありました。

久し振りにこの標識を見ましたね。多分、朝から雷注意報が出ているのでしょう。

高校時代、運転規則の授業で教わった規定スタイルそのままの標識ですね。私鉄も国鉄の規則を横引きしたものが多いですから、おそらく国鉄のスタイルそのものでしょう。もっとも、昔はこの条件を表示する場所が黒板スタイルになっていて、チョーク(白墨)で書き換えられるようにしてあったものが多いと思いますけど。

都心ではなかなか見ることができなくなった標識に、ちょっとホッとした感じがしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »