« 国鉄への乗り入れ切符(湘南モノレール 湘南江の島から大船接続 矢印式) | トップページ | 岡山駅発行:新幹線振替票 »

2011年6月19日 (日)

京浜東北線 大宮発新宿行き?

こんばんわ。

今日は舞さんのブログ『方向幕』に刺激されて思い出したことがありましたので、コラムを書かせていただきます。

方向幕の故障って言うのはいくらでもありますね。

幕式であれば、一部の幕が動かなくなってしまう或いは指示通りの表示をしないケース。又は、全車両分が指示通り動かないケースもあるでしょう。
さらに、最近の電光式では、一部の表示が欠けてしまうケース、全部の表示が出来なくなってしまうようなこともあると思います。

故障という意味では幕式のようなアナログの装置の方が可能性が高いでしょうね。

ただ、困るのは人為的なミスによるケースも多々あるということ。
地元の人や乗り慣れている乗客は「間違い」とか「故障」を経験で判断することが出来ますが、普段は列車に乗らない人や、地方から出てきた人なんかには誤解を与えてしまう場合もあるでしょう。特に、複数の車両に同じ表示が出ていれば、当然にして信用してしまっても不思議ではありません。

今でも記憶から消えない国鉄時代の話。与野駅に勤務していたときのことです。

ホームの立番の仕事をしていた私。
列車を安全に到着させ、安全に乗客を乗せ、安全に列車を発車させる。ことを第一の目的とし、それには線路上の障害物の確認、乗客の動向の監視、ドア閉めの合図、列車が去った後の後方監視などがあります。
細かいところでは、前部標識(ヘッドライト)や後部標識(テールランプ)点灯確認、行先表示の確認、他には忘れ物の取り扱いや線路への落し物の拾得など。色々なことを一度に動作しなければなりません。

時には気が散漫になり、見落としてしまうケースもあります。

ある日、電車が発車した直後、乗れなかった乗客の方から声を掛けられます。

『この電車、新宿へ行くんですか?』

『はぁ?新宿へは乗り換えなきゃ行けないですよ。』(当時は赤羽線経由で2度乗り換え。)

何気に方向幕を見ると、全車両に『新宿』の表示が出ていました。もちろん、後部も。

明らかに誤表示でしょう。大宮発新宿行きなんてあるわけないです。

列車が発車してしまった後なので、もちろん放送による注意を促す間もありませんでした。

そのお客さんにお礼を述べるまもなく、線路確認をして慌てて事務室に直行、隣の北浦和駅に連絡し、サボを正すように指示を出しました。隣の北浦和駅には1分ほどで到着してしまうので、結構大変なんですよね。

103系もかなり冷房車が導入され、横サボを含めて電動式が多くなった時代。ダイヤルの目盛を間違えるとこういう事態が起きてしまいます。他にも行先違いの表示は何回もあったと記憶していますが、さすがに他線区の表示が出ていたのはこのときだけでしたね(笑)。

510000103

事件とは関係ありませんが、こんな写真もあります。

高架化される前の赤羽駅で。赤羽止まりの列車の行先を変える際、こんな瞬間を目にすることができました。

サボ交換は基本的に駅側の業務であり、運転士や車掌が降りた後、駅員が運転席に乗り込んで方向幕を回します。
私もアルバイト時代、上野駅では常磐快速の方向幕の回転をしたこともありますし、金属製のサボも運用ダイヤに則って裏返したり、抜いたり、次の運用先へ運搬したりしていました。15両編成分、30枚のサボは、ものすごく重量がありましたね。ただ、特急列車の電動サボだけは委託業者が車内整備と合わせて行っていたようで、作業を行った記憶がありません。

手動式のサボも無くなり、すべてワンタッチで表示を変えることが出来るようになったことから、車掌が行う業務に変わってしまったようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 国鉄への乗り入れ切符(湘南モノレール 湘南江の島から大船接続 矢印式) | トップページ | 岡山駅発行:新幹線振替票 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そんなことがあったんですか。

スーパー&フレッシュひたちは、勝田までの車両と、その先まで行く車両とで1両になってることがあるので、後部からずーーーっと歩いていて途中で行き先が違ってても不思議に思わないんですよね。
ただ、勝田行きと土浦行きが一緒のことはないので・・・
これも、知らない人が見たら勝田行きに乗ってしまうかもしれないし、ちょっとばかり知ってる人だと、そんな風に行き先混在の編成でも変に思わないかもしれません。
車内のアナウンスでも確認してくださったことを祈ります。(でも、行きなれない旅行で舞い上がってると、聞こえてなかったりしそうだ←←私なんかアブナイです)

投稿: | 2011年6月20日 (月) 00時14分

舞様
目撃した「ひたち」の場合、おそらく指示違いで故障ではないでしょうね。そうすると、誤表示していること自体に気が付いていない可能性が非常に高く、適切な案内を行っていないのではないか?という風に思います。
関係者の誰もが「間違っていると思っていない」のが一番怖いんですよね。事故ってそういう時に起きるもんです。
ところで、土浦行きの特急があることを知りませんでした。そちらの方がビックリ!(笑)

投稿: キハ181つばさ | 2011年6月20日 (月) 23時28分

こんばんは、
昔、私が関西に居た頃ですが、近鉄電車(普通車)で正面上の方向幕が故障か何かで外されていて、代わりに方向板で表示してたのが居たけども、流石に誤表示というのは見たことないです。
ところで、中間に挟まれてたクモハorクハに往年の海水浴臨の名残りである「久里浜」「横須賀」「逗子」「平塚」「小田原」というのは見かけた事はありましたけど、果たして今のE233において、それが若し誤表示した場合、たちまちマスコミに取り上げられてしまって叩かれてしまうかも知れないですね。
それでは、これにて私は失礼します。

投稿: 宮オオ | 2011年6月22日 (水) 18時07分

宮オオ様
私も中間クハ方向幕は楽しみでしたね。どうも電車区の職員の遊び心があったようですよ。私も逗子の行き先は良く見た記憶があります。電光式だと故障による誤表示はほとんど考えられないでしょうね。

投稿: キハ181つばさ | 2011年7月 1日 (金) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国鉄への乗り入れ切符(湘南モノレール 湘南江の島から大船接続 矢印式) | トップページ | 岡山駅発行:新幹線振替票 »