« 切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その1)表紙編 | トップページ | 長野電鉄 須坂駅にて:なめ茸(瓶詰め) »

2011年5月 6日 (金)

切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その2)東芝バズーカ編

こんばんわ。

間が開きましたが、『切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その1)表紙編』の続きです。

Photo

中を開いたところですが、広告に東芝バズーカが掲載されています。
当時はステレオ音声のテレビが続々と誕生していますが、さらにはスピーカーを大きくし、音響の性能をアップしています。
今でこそ大したスピーカーでなくても良い音響を得られますが、当時はスピーカーの大型化無くしては出来なかったことなのでしょうね。
写真のタレントは、歌手の森川由加里さんです。SHOW ME!
知ってるかな???

Photo_2

そして裏面も東芝バズーカですが、こちらは古畑任三郎田村正和さんです。やはり若いですね。

しかし、34型で33万円っていうのも恐ろしい金額ですね。当時、モノラルで21型を買った記憶がありますが、やっと49800円だったと思います。
現在で言うところの42型くらいになると思いますが、HDやブルーレイが内蔵されていても全然安いですよね。
当時、1ヶ月手取りが10万円を超えたくらいだったと思いますので、こんな高価なものはとても買えませんでした。

切符入れ自体もコレクション的に面白いですが、こうした広告の時代考証がまた楽しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その1)表紙編 | トップページ | 長野電鉄 須坂駅にて:なめ茸(瓶詰め) »

切符入れ」カテゴリの記事

コメント

そうそう、広告の商品やタレントが懐かしんだんりして。
東芝というと、サザエさん、そして関西在住で文通をしているI.Hさんをイメージします。かつて東芝に勤めていて、ブルトレ食堂車の電子レンジや冷蔵庫を製造していたとのお話を伺った事がありますので。
私の家では、エアコン、電子レンジ、洗濯機、掃除機が東芝製であります。製氷機はCB製です(笑)

投稿: シービー | 2011年5月 8日 (日) 22時02分

シービー様
昔は切符入れの広告など、邪魔なもんとしか思っていなかったんですけど、時代考証がこれほど面白くなるとは思ってもみませんでしたね。
今はエコ&節電の時代ですから、CB製の製氷機とか液体窒素製造機とかって、時代的にすごく良いと思います。私は買わないですけど・・・(笑)。

投稿: キハ181つばさ | 2011年5月11日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その1)表紙編 | トップページ | 長野電鉄 須坂駅にて:なめ茸(瓶詰め) »