« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

東海道中「カレーきしめん」・・・華麗なるドクターイエロー

こんばんわ。

台風2号は温帯低気圧に変わってしまったようですが、強い低気圧として結構な雨を降らせています。せっかくの休みが台無しです。

さて、先日、「ネタに使ったら?」みたいな感じで、名古屋の叔母さんがわざわざ送って下さったものがありますのでご紹介いたします。

Photo

箱はかなり大きい目です。箱を開けたときはかなり驚きましたね。
一体何じゃコラ?みたいな。(笑)

宮きしめん、大好きなんです。めん自体ももちろんですが、つゆのお味が絶品なんですよね。

しかもドクターイエローですか?カレー&華麗?(笑)(笑)

Photo_2

上(客室)と下(台車)は2段に分離されています。差し込んであるんですが、なかなか上手く作ってますね。

客室にはきしめんが、下回りには具入りのカレースープがセットされており、見た目にも一般の宮きしめんより豪華版です。見るからにおいしそう。

ちなみに・・・

Photo_3

全部を解体するとこんな感じです。(ドクターイエローT4はまだ解体されることはありません。)

アイディア商品としてもすばらしい出来ですね。カレーだからイエロー?
ただ、謎なんですけども、宮きしめんさんのHPにはこの商品は公開されていません。
お土産専用で、通販なども扱っていないようです。その点にもこだわりが感じられます。

手土産にしては嵩張るし、生めん&液体スープでかなりの重さもありますので、買ってくるには大変かもしれませんが、ネタとしてはかなりグレードが高いかと。
調べたところ、名古屋駅では売られているような。

それにしても、「ドクターイエロー」がこれだけ世間に定着するとは、20年前には想像できなかったです。恐るべし鉄道ブーム。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4)

2011年5月28日 (土)

私的名曲選 Vol58 『ひとり歩き』 by 桜田淳子

こんにちわ。

梅雨入りですか?
関東で5月に梅雨入りなんて、聞いたことも無いような気がするのですが・・・そんなこともあるんですね。テツ活動にも大きな支障が出てきそうです。

昨日、久し振りに音楽を聞きたくなってYouTubeを開きました。すると、候補の中に桜田淳子という懐かしいお名前が・・・。しかも「ひとり歩き」。どんな曲だっけ?

思い出しました。なんとなくアイドルしている曲で、本来ならあまり聴かないタイプなんですけど・・・でも、歌詞も全部覚えてました。今聴いてもなかなか良い曲だわ。

昭和40年代ですと、楽器自体や曲調、音響効果などで時代を感じてしまったりするのですが、昭和50年代くらいになると音響効果がかなり良くなっているように思います。

そういう意味では、桜田淳子さんという名前を聞いただけでも時代を感じてしまいますが、曲としてはそれほど時代を感じないように思います。

この曲が発売された頃は、花の○○トリオ全盛といえども、それなりに新しい人気歌手が誕生してきていたと思います。まだアイドルを選ぶ選択肢が少なかった頃で、この辺りは耳にする機会も多く、当たり前のように印象に残ったのかもしれません。

もちろん、今の何をしゃべっているのか分からないような歌詞・楽曲より、この曲の方が遥かに良い曲だと思います。

私的名曲選 Vol4 『三色すみれ』by桜田淳子

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2)

2011年5月23日 (月)

時刻表ネタ:磯釣り列車だったんですか?快速「中伊豆」「南伊豆」

こんばんわ。

久し振りに時刻表ネタです。

その昔、時刻表を毎号見る度にこんな列車が掲載されていました。

490600

弘済出版社・コンパス時刻表 昭和49年6月号より

この頃はまだ小学生でしたので、こんな夜中に終着する列車がなんなのか、まったく理解できませんでした。

しかし、昼間はどうしても見ることのできない列車名として、快速「中伊豆」「南伊豆」という列車、非常に気になる存在でした。

さすがにこんな遅い時間に小学生が出歩ける時代ではありませんでしたので、この辺りは未知の列車だったわけです。

ちなみに、昭和49年4月号公社時刻表には(車中泊ができます)と記載されています。到着は夜中ですが、朝まで車中で寝かせてくれるということなんですね。
一般的に、寝台の利用時間としては6時まで寝られることになってしましたので、おそらく、この列車も6時までは仮眠が取れることになっていたのではないかと思われます。

気になる車両ですが、ググっても出てきませんでしたね。グリーン車が連結されておりませんので、おそらくは155系や167系、或いは快速ですから113系が使われていたかもしれません。でも、167系が伊豆箱根鉄道に入線していたって、あまり聞いたことはありません。

この時代に活発に活動されていた方はそれなりの年齢に達しているでしょうから、ネットに情報を流している可能性はかなり低いかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2)

2011年5月21日 (土)

腹八分目?

こんばんわ。

18時を過ぎましたけど、明るいですね。しかも暑いし・・・明日は10℃くらい下がるらしいので、体調管理は要注意ですね。

さて、先日現場に行った際、昼飯を食べた後、こんな看板を見つけました。

230513

腹八分目・・・健康的な良い響きですね。いつも無視しちゃってますけど。

あまりにもおもしろいネーミングなので写真を撮ってしまったんですが、実はチェーン店で何店舗か既にあるようでして・・・から揚げ屋さんと言っていいのでしょうか?

私はお酒を飲まない人なので、なかなかこういった店に行ってみようという気にはなれないのですが、なんか興味が湧きました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2)

2011年5月19日 (木)

オレンジカード ED76「明星」:昭和61年

こんばんわ。

更新がまだらですみませんね。久し振りにオレンジカードシリーズから。

今日は、懐かしい寝台特急「明星」です。

6106

昭和61年6月発行の国鉄時代3000円券です。国鉄時代も末期の頃です。

元々「明星」は東海道の夜行急行列車でしたが、昭和43年10月のダイヤ改正により特急寝台列車として再登場しています。
50・3改正(新幹線博多開業)以前においては、関西から非常に沢山の九州行き寝台特急が運転されていましたが、日豊本線へは客車寝台特急の「彗星」のみ、西鹿児島・長崎への客車寝台特急が「あかつき」、西鹿児島行き電車寝台特急が「きりしま」、そして、熊本行きの電車寝台特急が「明星」と、方面及び寝台の車種で棲み分けが行われており、大変分かりやすい状況にありました。ちなみに、岡山発着が「月光」となります。

新幹線の博多開業により寝台特急が整理され、「彗星」は経路をそのままに583系と客車の混在、「あかつき」は長崎・佐世保行客車だけに集約、代わって西鹿児島行が「明星」を名乗ることにより、車種の特定によらず、方面のみに整理された形になりました。
ただし、京都~西鹿児島の「きりしま」は、いわく付の列車名「なは」の名称に変わり、「明星」と同方面の2層となっています。

そんな経緯もあり、比較的早いうちに「明星」を知っている私としては、やはり5833系の、しかも文字マーク時代の印象が大変強かったですね。
2度目に遭遇した昭和54年には、583系はイラストマークに、さらに客車寝台の「明星」もイラスト化され、それだけでも何だか違和感のある光景でした。

さらに時は流れ、昭和59年頃からブルトレにヘッドマークが前面復活。「明星」は元々ヘッドマークがなかっただけに、トレインマーク用のイラストをそのままヘッドマークのデザインにしてしまった感じで、ブルトレの中でも一番馴染みが無いというか、違和感がありました。

しかし、583系の廃車・改造が促進されたことにより、最後に残った「明星」は客車列車でした。それが、ご覧の寝台特急「明星」という訳です。

さすがに「違和感がある」と文句を並べつつも、その後写真すら撮ることができなかったヘッドマーク付の「明星」への悔しさもあり、このカードが発売された当初に3000円というイタイ出費ながらも奮発し、今の今まで未使用でコレクションしていた訳です。

でも今のこの時代、このようなカードに価値観を求めるような時代ではなくなってしまったようなので、惜しい気はしますが、このアップを機会に使い切ってしまおうと思っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

□信州限定 「じゃがりこ野沢菜味」

こんばんわ。

今日は久し振り?にスナックネタです。

昨日アップいたしました長野からの帰り道、何かお土産でも買って帰ろうと、最初のPAに寄り道しました。渋滞も予想されるので、トイレに行っておいた方が良いかとも思いまして。

家にはテキトーな菓子類で構わないので物色していると、なかなかユニークな入れ物を発見。迷わず決めました。

Photo

「じゃがりこ野沢菜味」!
もちろん、信州限定です。昔から信州と静岡の限定って多かったですよね。今はかなり各地で地域限定がありますけども、やはり種類的には信州限定ってかなり多いと思います。
私適にはこの丸い入れ物が気に入っただけなのですが・・・。

Photo_2

買ったときは気が付きませんでしたが、パッケージがかなり凝っています。
漬物樽のデザインになっていて、写真を使用しており、かなりリアル立体感が表現されているんですね。感心いたしました。

Photo_3

中にはこのような小袋が8個入っています。
お味が期待できます・・・

まあ、それほどでもなかったかな。確かに青臭いような味はしますけど、「これは野沢菜!」ってまでは行かないような気がします。
野沢菜自体が塩気の強い漬物ですから、もう少し味が濃い方がインパクトあると思います。

これで800円くらいだったかな。同じカルビーだと、どうしても「じゃがポックル」と比較してしまう私。値段、量、おいしさとも、やはり「じゃがポックル」に軍配が上がってしまいます。

まあ、味に関してはテキトーな舌の持ち主ですから、個人の好みの問題です。
興味がある方は長野へお越しの際はお試しを。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4)

2011年5月14日 (土)

タバコを売っている?駅の切符売場

おはようございます。

1週間振りの更新になってしまいました。

先般、GWに上越から新潟、そして信越を回ってきたのですが、最後に立ち寄った駅で不思議な光景を見ました。

230504

平成23年5月4日、長野電鉄屋代線の基点となる、しなの鉄道の屋代駅です。
屋代駅には、まだまだ信越本線としてJR現役だった頃に1度立ち寄ったことがあります。

ただ単に、長野電鉄の乗車券や入場券が売っていないのかと思って立ち寄ったのですが、残念ながらしなの鉄道への委託となっており、券売機しか無いようです。

で、「え?」と思ったこの光景、駅の切符売場でタバコが売っているのでしょうか?ホーム側の精算所と思われる側にも表示が貼ってあるのが判ります。

駅中にKioskのような売店(物産店が閉店中?)が無く、駅舎は立派ですが、ややさびしい雰囲気です。

そういえば、タバコの自動販売機もなかったような?人力で年齢認証を行っているのでしょうか(笑)。

しなの鉄道のほかの駅はどうなっているのか、やや気になります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

長野電鉄 須坂駅にて:なめ茸(瓶詰め)

こんにちわ。

今日はおみやげネタですが、厳密に言うと鉄道ネタです???

GW、帰り道に長野電鉄へ寄ってきました。今までも何度かは近くを通ってますが、撮影してきたのは初めてでした。

長野線と屋代線の分岐駅であり須坂駅に立ち寄った際、改札前に物産販売のワゴンが並んでいました。実家に何か買っていこうと見ていると、なめ茸の瓶詰めがありました。

Photo

インスタントコーヒーの150g入りくらいの瓶なので、量的にもかなりたっぷり入っています。
しかも、これで400円。
お手頃なお値段でしたので、実家と我が家にも買いました。

で・・・

お金を払おうと思ったら売り子さんがまったく見当たらず。
普通は隅っこの方にレジがあったりするのですが、そんな様子がありません。
そしたら貼紙を発見。

「商品代は駅窓口でお願いします。」

エェ・・・・駅で売っているんすか???

食品系のお土産を買って改札(精算)窓口でお金を払ったの初めてですよ。
これも鉄道の副業なのでしょうかね。大変です。

まあ、そういった意味では、鉄道会社の売り上げに貢献できて良かったな、と。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その2)東芝バズーカ編

こんばんわ。

間が開きましたが、『切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その1)表紙編』の続きです。

Photo

中を開いたところですが、広告に東芝バズーカが掲載されています。
当時はステレオ音声のテレビが続々と誕生していますが、さらにはスピーカーを大きくし、音響の性能をアップしています。
今でこそ大したスピーカーでなくても良い音響を得られますが、当時はスピーカーの大型化無くしては出来なかったことなのでしょうね。
写真のタレントは、歌手の森川由加里さんです。SHOW ME!
知ってるかな???

Photo_2

そして裏面も東芝バズーカですが、こちらは古畑任三郎田村正和さんです。やはり若いですね。

しかし、34型で33万円っていうのも恐ろしい金額ですね。当時、モノラルで21型を買った記憶がありますが、やっと49800円だったと思います。
現在で言うところの42型くらいになると思いますが、HDやブルーレイが内蔵されていても全然安いですよね。
当時、1ヶ月手取りが10万円を超えたくらいだったと思いますので、こんな高価なものはとても買えませんでした。

切符入れ自体もコレクション的に面白いですが、こうした広告の時代考証がまた楽しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2011年5月 2日 (月)

切符入れ JR北海道「クリスタルエクスプレス」(その1)表紙編

こんばんわ。

久し振りにこのブログらしいネタをアップさせていただきます。
このところ震災や社会に対する文句が多いもんで(笑)。

平成元年頃、多分、JR北海道プラザで切符を購入した際にいただいたものだと思います。

Photo

これは表紙になります。
絵柄は「クリスタルエクスプレス トマム&サオロ」で、現在も活躍しているキハ183系に類するリゾート向け気動車ですね。このスタイル、個人的には他のリゾート列車より好きです。

誕生当初は3両編成ですが、後にキサロハ182-5101が追加新造され、4両編成になりました。台車にサシ581のものを流用した点でも有名です。

臨時列車という性格上、未だに実物とはご対面したことがありません。むしろ、JR北海道では「フラノエクスプレス」くらいしか写真に撮ったことが無いですね。

この切符入れの製造時点では、まだイラストによるデザインとなっていますので、もしかしたら登場前の平成元年5月頃のものかもしれません。確か、その時期にC62を撮りに言ったと思います。

中身と裏表紙については、これまた少々ネタ性がありますので、追ってアップしたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »