« 2011/03/14 暗くなった新宿西口 | トップページ | 香港 東方日報は世界の恥! »

2011年3月19日 (土)

計画停電の帰り道~蕨駅前

こんばんわ。

地震でお亡くなりになられました皆様にお悔やみ申し上げますとともに、先の見えない避難生活をされている大勢の皆様に心からお見舞い申し上げます。

本日、本当に些少ですが、町会経由で寄付をさせていただきました。給料の度重なるダウンでとても余裕はないのですが、またお役に立てますよう、小銭を積み立てようと思っております。

今回の大地震、首都圏では直接的な被害はそれほどではなかったと認識しておりますが、度重なる余震に加え、原発の破壊による停電の実施や列車運転本数の不安定など、それなりの被害を感じております。

本日は幸いにも天気が良く暖かかったので、停電は実施されないようですが、木曜日の帰宅の途、停電に遭いました。

230317

平成23年3月17日(木) 蕨駅前にて

この写真ですと、おそらく蕨駅利用者でも「何処から撮った」のか判らないかもしれませんね。

西口ロータリーの南側立ち喰いうどん屋の辺りから対角線の写真屋さんの方向を向けて撮っています。カメラなど持っていなかったので、携帯電話のカメラを使用しています。

駅は別電源ですので、階段の下まで電気が点いているのですが、外は本気で「漆黒」と言える世界でした。

230317_2

こちらの写真は、駅の正面の道路から駅舎方向を向いて撮影したものです。手前の道路には一切灯りが差していないので、マンホールが僅かに駅の光を反射させているくらいしか判りません。見えるのは駅の窓ガラスから漏れる光とタクシーの行灯やブレーキランプだけです。
普通なら照明が当った駅舎の壁なども景色に浮かび上がるのでしょうが、周りからの光が皆無に近いので、駅の形すら判りませんね。

もちろん、家までの帰り道も真っ暗。人が居るのもかなり近付かないと判らない状態。地震でマヒした感覚も手伝って、真っ直ぐ歩くのが難しかったような・・・。

電気のない生活、メチャクチャ不便です。でも、だからこそ電気の大切さが身に染みて分かります。世間も相当堪えている筈ですから、節電に対する意識が向上することを期待いたしましょう。

今こうしている間にも大きな揺れが来ました。茨城県北部で震度5弱だそうです。大丈夫かな・・・。気を付けて下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

|

« 2011/03/14 暗くなった新宿西口 | トップページ | 香港 東方日報は世界の恥! »

街の風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
あの歴史的な未曾有の大津波を伴った震災から来週の日曜日で丸1年が経過せんとしてますけど、つい昨日の様な感じがしてならないです。
(因みに私が関西に居たころ体験した阪神・淡路大震災も、はや17年経過してるにも関わらず未だ昨日の如く私はそう感じてしまいます)
あの計画停電のさいに、私は大宮駅東口周辺の信号すら消えた真っ暗寸前の夕闇みを、記録に残すべくデジカメに撮りましたけど、あのとき私は写真に撮っておいて正解だったと今更ながらもそう考えます。
私が今いる種子島のある鹿児島県も、震災のさいの本震の揺れは震度1を(鹿児島市で)記録するなど、震源からおよそ2千km離れてるとはいっても揺れた位だから、いかに大きかった事が納得いきます。
それでは、これをもちまして私は失礼させていただきます。

投稿: 宮オオ | 2012年3月 4日 (日) 13時36分

宮オオ様
種子島も揺れたんですか?すごいパワーですね。
1年ですか・・・早いですが、まだ行方不明の方がいらっしゃるんですよね。

投稿: キハ181つばさ | 2012年3月 4日 (日) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011/03/14 暗くなった新宿西口 | トップページ | 香港 東方日報は世界の恥! »