« 香港 東方日報は世界の恥! | トップページ | 普通乗車券 宇都宮から東京山手線内ゆき:蓮田はどうなる? »

2011年3月21日 (月)

防災グッズではないけれど・・・ライト付きライター

こんばんわ。

先日、停電で真っ暗な夜道を帰宅してきたことはお知らせいたしましたが、そこで意外にも役に立ったグッズがありました。

230320

一見するとフツーのライターなんですが・・・。
実は、以前にパチンコをやったときの余り玉として交換しておいたもの。長らくカバンに予備として入れていたので、それほど気にも留めていなかったのです。

たまたま停電が実施された前日の夜、それまで使っていたライターのガスが無くなってしまい、このライターを使い始めたんですよね。

そしたら、これが着火するときに激しい光を放ったんでビックリしたんですよ。

230320_2

着火ボタンの脇に白いボタンが付いていて、ボタンが下がるとライトのスイッチが入るという仕掛け。

この時は「無駄な電気だなぁ~」としか思っていませんでした。本当にそう思ってました。

しかし、意外なことに、直ぐ翌日に役に立つとは思いも寄りませんでした。

停電でまったくと言っていいほど光のなくなった街中、直接ライトで照らさない限りは、人がいるかどうかなんて判断できないような状況でした。

ここで、ライターを手に持ち、白いボタンだけを押してみると・・・
真っ暗な中では意外に明るいんですね。

230320_3

明るいところではそれほどでもないですが、LEDなので、直接見ると目が瞑れそうなほど眩しいです。

これを道路に向けてユラユラと揺らしながら歩けば、他からも目立って危険が避けられそうです。

また家に帰ってきてから、玄関の鍵穴を探す時にも役立ちました。我が家の玄関は引き戸なので、ドアノブがない分、鍵穴が見つけづらいのです。いつもは明かりが点いているのでなんとも無いのですが、月明かりとも逆光になってしまうので全く見えない状況でした。

前日までは「無駄だ」とバカにしていたのですが、まさか直ぐに役立つとは思いませんでした。

今は喫煙者が減り、家にはライターはおろか、マッチすら無い家庭が増えているようです。今回の災害でも、マッチやろうそくが品切れになっていたとか。タバコを吸わなくても、ライターやチャッカマンのような道具は、一家に1個常備していた方が良いかもしれませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 香港 東方日報は世界の恥! | トップページ | 普通乗車券 宇都宮から東京山手線内ゆき:蓮田はどうなる? »

キャラクター商品」カテゴリの記事

コメント

うちはアウトドア用のランタンなどが役立ちました。
エッグアートで使ってた、小さなLEDのティーキャンドルも、ちょっと部屋を移動する程度ならOK。
暗闇に目が慣れるので、小さな明かりもなかなか有効です。

投稿: | 2011年3月29日 (火) 21時31分

舞様
電池が街中から消えるくらいですから、やはりろうそくとかの方が実用的なのかもしれませんけど、通常の停電ならいざ知らず、これだけ余震を伴う停電だと、ろうそくすら使うのが怖いですね。
うちには結婚式でもらった30年用?の巨大キャンドルがあるんですが、今回は地震の対応としては怖いので、全く使っていません。

投稿: キハ181つばさ | 2011年3月30日 (水) 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香港 東方日報は世界の恥! | トップページ | 普通乗車券 宇都宮から東京山手線内ゆき:蓮田はどうなる? »