« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

建設コレクション第2弾 シークレット率5割!?

こんばんわ。

昨日、気晴らしに宿ヨドに寄って鉄道コレクションのおみくじでも引いてこようと思ったのですが、言ってみたら何と売り切れ?
今回のヤツはそんなに人気なんですかね・・・まあ、通販で1箱は確保して置いたので良かったですが、残念ながらシークレットは出ていないんです。

相変わらず不良在庫ばかりの商品棚を見ると、特にめぼしいものは無し。帰り際、階段口のところに建設機械コレクションの第2弾が山積みになっているのに気が付きました。

そうか、忘れてた。

お金も無いので、ポイントを使って2個だけ購入。家に帰って開封してみると、

S3pantherx250

なんとも地味なのが出てきました。

箱を見てもこんな地味なヤツないんで・・・ひょっとしたら・・・

S3pantherx250_2

S3 つまり シークレットでした。

もう一つはノーマルでしたけど。2箱買ってシークレットが出るなんて、久し振りの高確率です。最近は購入数も減ったのですが、シークレットも殆どご無沙汰でした。

S3pantherx250_3

S3 コベルコ PANTHER-X250 ホイールクレーン

今回のコンプを見てみると、同車は作業中のアームが伸びた仕様のみなので、走行中のアームを畳んだ製品はこれだけなのかもしれません。私的には道路を走るほうがGood!

しかし、それにしても表記類が無いし、ホント何度も言うようですけど地味です。シークレットのクセに一番コストが安そうですね。

今回の第2弾、昔から知っている車種なので非常に興味があったのですが、パッケージの写真を見る限りでもかなりチャチな感じですね。みんな塗装を省略したような透明感のある玩具っぽさがグレードを下げているような気がします。

なんとも勿体無いシリーズに思えました。
ところで、もう1種類のシークレットが気になります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

2011年3月26日 (土)

普通乗車券 宇都宮から東京山手線内ゆき:蓮田はどうなる?

こんにちわ。

この混乱の中で3つもブログの掛け持ちをしているもんだから、すっかり更新が滞ってしまいました。しばらくはこの状況が続きそうなんですがご勘弁を。

今日は久し振りの乗車券ネタです。

Photo

当時としては一般的な乗車券で、これと言って特徴のあるようなものではありません。

経由地は「蓮田」となっており、東北本線の場合、郡山から東京寄りからの乗車だと蓮田、郡山以遠だと白河の表記が一般的だったと思います。

Photo_2

こちらは同じ宇都宮駅からの乗車券ですが、行先が蓮田・大宮間になっております。宇都宮からですと、小山から水戸線経由や両毛線経由での乗車も考えられなくはありませんが、行先自体に「蓮田」が入っている関係でしょうか、特に経由駅を表示していません。今まで余り気にしてこともなかったのですが、おそらく、全国的にも似たような取り扱いとなっていたのではないかと思われます。

話の方向は少し違うのですが・・・

蓮田駅の「蓮」の字は、正しくは「2点しんにゅう」(「辶」)となっており、このパソコンで表示している「蓮」とは異なります。
しかし、たまたま何かのきっかけで蓮田市のホームページを覗いたら、『「蓮田」の「蓮」を1点しんにゅうに変更することなどに伴う手続きについて』というお知らせが載っていたんですよね。
平成23年1月4日より、文字が一般的にパソコンなどで使用される「蓮」に正式に変える、ということらしいです。

確かに、例えば手書きで「蓮」を書く中で「辶」を書く人も殆ど居ないんじゃないかと思います。市民ですら知らなかったりして・・・。

そんなこともあって気になってしまったんですが、駅名はどうなるんでしょうね?今のところ動きは無いのか?或いは、硬券がなくなった時点で、汎用の「蓮」を使用することになってしまったのか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年3月21日 (月)

防災グッズではないけれど・・・ライト付きライター

こんばんわ。

先日、停電で真っ暗な夜道を帰宅してきたことはお知らせいたしましたが、そこで意外にも役に立ったグッズがありました。

230320

一見するとフツーのライターなんですが・・・。
実は、以前にパチンコをやったときの余り玉として交換しておいたもの。長らくカバンに予備として入れていたので、それほど気にも留めていなかったのです。

たまたま停電が実施された前日の夜、それまで使っていたライターのガスが無くなってしまい、このライターを使い始めたんですよね。

そしたら、これが着火するときに激しい光を放ったんでビックリしたんですよ。

230320_2

着火ボタンの脇に白いボタンが付いていて、ボタンが下がるとライトのスイッチが入るという仕掛け。

この時は「無駄な電気だなぁ~」としか思っていませんでした。本当にそう思ってました。

しかし、意外なことに、直ぐ翌日に役に立つとは思いも寄りませんでした。

停電でまったくと言っていいほど光のなくなった街中、直接ライトで照らさない限りは、人がいるかどうかなんて判断できないような状況でした。

ここで、ライターを手に持ち、白いボタンだけを押してみると・・・
真っ暗な中では意外に明るいんですね。

230320_3

明るいところではそれほどでもないですが、LEDなので、直接見ると目が瞑れそうなほど眩しいです。

これを道路に向けてユラユラと揺らしながら歩けば、他からも目立って危険が避けられそうです。

また家に帰ってきてから、玄関の鍵穴を探す時にも役立ちました。我が家の玄関は引き戸なので、ドアノブがない分、鍵穴が見つけづらいのです。いつもは明かりが点いているのでなんとも無いのですが、月明かりとも逆光になってしまうので全く見えない状況でした。

前日までは「無駄だ」とバカにしていたのですが、まさか直ぐに役立つとは思いませんでした。

今は喫煙者が減り、家にはライターはおろか、マッチすら無い家庭が増えているようです。今回の災害でも、マッチやろうそくが品切れになっていたとか。タバコを吸わなくても、ライターやチャッカマンのような道具は、一家に1個常備していた方が良いかもしれませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年3月20日 (日)

香港 東方日報は世界の恥!

日本が過去の戦争から非難を浴び続け、反日感情を抱かれていることぐらい百も承知ですが、今回の東日本大震災が世界に発信されたことにより、各国の方からお見舞い・支援・励ましをいただいています。直接の被災者ではない私ですが、このような報道を見るたび、涙がこぼれるほど有り難さ、人の気持ちの暖かさを感じています。

普段から反日感情を抱いている隣国諸国においても、以下の様な記事を見て、日本の非常事態に対し冷静に見てくれていると感情が伝わってきます。

-----------------------------------------------------韓国メディアによる「日本沈没」報道に韓国人「下劣」と批判 (NEWSポストセブン)

3月11日に発生した東北関東大震災について、お隣の韓国でも関心は非常に高い。中央日報は社説で、<もっとも近い国であるわれわれが真っ先に駆けつけなければいけない。友人として、韓民族の隣人愛を示そう>(3月11日付)と支援を訴える一方で、<ネットを通じて韓国の若者が日本の苦痛を楽しむかのような態度を見せないか>(同)と心配する記事を載せた。

しかし、韓国の人々は、むしろ過熱する自国メディアの報道に不満を抱いているようだ。

多くの韓国メディアは、巨大地震の発生で日本列島が海の中に沈没するストーリーの映画『日本沈没』に言及し、<日本沈没><映画が現実化するとは>などと大々的に報道した。

これが視聴者のひんしゅくを買い、「この見出しは何だ。下劣な扇情記事だ」「韓国人として恥ずかしい」との批判があふれた。

--------------------------------------------------------------------------

中国人研修生助け、自らは津波に 中国で感動広がる【朝日新聞】 (インフォシーク)

【北京=吉岡桂子】東日本大震災の発生直後、中国・大連から宮城県女川町へ働きに来ていた研修生20人に「津波が来るぞ」と警告し、高台の神社に避難させたあと、自らは津波にのまれた――。ある日本人男性の自己犠牲が中国メディアで報じられ、静かな感動を呼んでいる。
中略

記事を「感動」というタイトルで掲載した北京の新聞、新京報には「愛には国境はない」などとコメントが寄せられているという。中国のインターネットサイトには、以前からの厳しい対日感情を反映して、東日本大震災で「日本に天罰が下った」などというコメントがみられる一方で、佐藤さんのような日本人の振る舞いに敬意を表す人々も増えている。

--------------------------------------------------------------------------

相変わらず反日に乗じて煽るメディアに対し、国民の反感すら買っている状態。また反日あらわの国民の中にも、日本人に対する見方が変わってきているような様子も見られます。

--------------------------------------------------------------------------

日本支援へ北方領「即時返還を」 ロシア大衆紙がコラム - 共同通信

 【モスクワ共同】「クリール諸島(千島列島)の四島を今すぐ、無条件で日本に返さなければならない」―。ロシア大衆紙モスコフスキー・コムソモーレツは18日、大震災に見舞われた日本人の悲しみを和らげ、日本への同情を示すため北方四島を返還すべきだと主張する異例のコラムを掲載した。

--------------------------------------------------------------------------

日本に対する各国からの思いやりの中に、こんな政治的な話も出てきています。

北方領土の記事に関しては、同情で解決すべきものかどうか疑問が残ります。戦後長く揉めているという経緯もありますので、一時的な感情で片付けるものではない、と個人的に思っております。

--------------------------------------------------------------------------

大震災に乗じて尖閣奪取を=「中国の好機」と香港紙 (時事通信)

 【香港時事】香港紙・東方日報は19日の論評で、日本が大震災で混乱している機に乗じて、中国尖閣諸島(中国名・釣魚島)を奪取すべきだと主張した。

 香港では日本に対する支援ムードが広がっており、同紙のこうした主張は異色。論評は「中国が釣魚島を奪回するには、コストとリスクを最小限にしなくてはならず、今が中国にとって絶好のチャンスだ」との見方を示した。

--------------------------------------------------------------------------

許せないのはこちら。今、日本の「災害による危機」に対し、各国からご厚意をいただいている最中、なんと空気の読めない論評を出しているのでしょうか?
記事を見させていただくと、香港住民も日本に対して同情的になっているという。しかし、メディアが「このタイミングを機に日本を攻めるべき」という煽りを入れてくるなんて、なんとも鬼と言うかキチガイの沙汰としか思えませんね。これに対し、中国政府、中国国民はどのように思われたでしょうか?

領土問題は長年掛かっても解決することの出来ない非常にデリケートな問題。今このような時に持ち出す話ではない。

怪我をして弱っている間に息の根を止めろ・・・こんな人間性の欠ける東方日報を心のそこから非難します。どこの国よりも考えていることが醜い、世界の恥、人間の恥!
お前たちのような会社こそ、海の底に沈むべき。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

計画停電の帰り道~蕨駅前

こんばんわ。

地震でお亡くなりになられました皆様にお悔やみ申し上げますとともに、先の見えない避難生活をされている大勢の皆様に心からお見舞い申し上げます。

本日、本当に些少ですが、町会経由で寄付をさせていただきました。給料の度重なるダウンでとても余裕はないのですが、またお役に立てますよう、小銭を積み立てようと思っております。

今回の大地震、首都圏では直接的な被害はそれほどではなかったと認識しておりますが、度重なる余震に加え、原発の破壊による停電の実施や列車運転本数の不安定など、それなりの被害を感じております。

本日は幸いにも天気が良く暖かかったので、停電は実施されないようですが、木曜日の帰宅の途、停電に遭いました。

230317

平成23年3月17日(木) 蕨駅前にて

この写真ですと、おそらく蕨駅利用者でも「何処から撮った」のか判らないかもしれませんね。

西口ロータリーの南側立ち喰いうどん屋の辺りから対角線の写真屋さんの方向を向けて撮っています。カメラなど持っていなかったので、携帯電話のカメラを使用しています。

駅は別電源ですので、階段の下まで電気が点いているのですが、外は本気で「漆黒」と言える世界でした。

230317_2

こちらの写真は、駅の正面の道路から駅舎方向を向いて撮影したものです。手前の道路には一切灯りが差していないので、マンホールが僅かに駅の光を反射させているくらいしか判りません。見えるのは駅の窓ガラスから漏れる光とタクシーの行灯やブレーキランプだけです。
普通なら照明が当った駅舎の壁なども景色に浮かび上がるのでしょうが、周りからの光が皆無に近いので、駅の形すら判りませんね。

もちろん、家までの帰り道も真っ暗。人が居るのもかなり近付かないと判らない状態。地震でマヒした感覚も手伝って、真っ直ぐ歩くのが難しかったような・・・。

電気のない生活、メチャクチャ不便です。でも、だからこそ電気の大切さが身に染みて分かります。世間も相当堪えている筈ですから、節電に対する意識が向上することを期待いたしましょう。

今こうしている間にも大きな揺れが来ました。茨城県北部で震度5弱だそうです。大丈夫かな・・・。気を付けて下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年3月15日 (火)

2011/03/14 暗くなった新宿西口

こんばんわ。

久し振りに更新いたします。

が・・・こんな状況なので趣味的なものではない話でご勘弁を。

ご承知のとおり、関東は原発の事故により大混乱となっております。
節電や多少の電車の遅れは我慢できますが・・・

殆ど交通マヒと言ってもおかしくない状態です。定時の出勤ができません。
電車が動かなくて、出勤できない人もいます。
業務に支障が出てきそうです。

昨日の帰り道、昼間では判らなかった光景が目の前にありました。

230314

新宿西口、ヨドバシカメラとバスの発着所になる場所です。

広告・看板関係の明かりは全て落とされており、かなり暗い雰囲気です。
時間は18時を回ったくらい。いつもなら22時でシャッターが閉まった後も、しばらくの間は点けっぱなしの看板。

ヨドバシカメラだけではなく、大手のチェーン店であるコンビニやファストフード店を中心に、節電対応を行っているようです。

230314_2

これだけ暗いと、お店がやっていないようにも見えてしまいますが、ちゃんと営業はしております。企業努力、ここに見ました。

でも、逆に普段は如何に電気を無駄遣いしているのか?とも思えてしまいます。

文明は石油と電気の上に成り立っている、だからこそ大事にしなければいけない。
今回は痛感しました。

でも、原発の放射能。目に見えないだけに厄介ですし、非常に心配。
とにかく二次災害防止のための対応は早急に行ってもらいたい。

そして、我々消費者側も、電気に対する考え方、行動を見つめなおさなければいけませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

ウソであって欲しい1日

親ブログ『うさぴょんのマル鉄回顧録』の投稿内容のままで失礼いたします。

>こんな時にブログを更新していること自体ナンセンスと思われるかもしれませんが、とりあえず自分自身の無事をご報告申し上げます。

東北地方太平洋沖地震・・・高層ビルの中にある職場で、「この世にこれほどの恐怖を与える揺れがあるのか」と思わせる、今までに体験したことのない揺れ、恐怖を体験しました。
建物が倒壊するのでは?と思わせるほど、パワーの留まらない揺れにホンモノの恐怖を感じました。

しかも、今回の地震はこれとその余震に留まる訳ではなく、通常で言うところの大規模な地震を起こしながら、三陸・宮城沖・福島沖・茨城沖・茨城県の連続するプレートをことごとく揺らし、神津や岐阜県、秋田県沖や福井県までも、そして中越や長野の震度6強~5弱に匹敵する大地震を起こしています。

職場では3~10分置きくらいに建物が揺れ、とても仮眠が取れるような状況にもなく、ただひたすら積み重なる地震の記録を見ているのが精一杯。ちょっと眠気が襲ってくると、緊急地震速報の緊張感あるチャイム音に覚醒されるという状態の繰り返しでした。

徐々に実態の明らかになった被害状況は報道されているとおりで、数多くの方が何の術もなく犠牲になってしまったことに心を痛めます。
自分自身が恐怖感を植え付けられ、地震恐怖症になってしまいそうなくらい、今でもそれを拭えない気持ち。身体がずっと揺れている感じです。
しかし、そんなことを怖がっていられるのも命あってこそ。恐怖の中で命を落とされた方のことを思えば、そんなことは言ってられない、と思う外ありません。

交通機関の麻痺により、新宿を離れられない状態でしたが、幹線の歩道が大混雑という状況を聞き、少しでも混乱緩和に貢献できればと、始発の動くであろう時間、5時前に新宿を出ました。
JRは当てにならないので、都営地下鉄の大江戸線・三田線と乗り継ぎ、蓮根駅から徒歩で帰宅。意外にも2時間強で帰ってくることができました。
朝の7時過ぎに自宅に戻ることが出来ましたが、通常の仕事ではない待機で精神的疲労と寝不足により、先程までダウンしておりました。ご報告が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

いまひとつ心配なのは、震度6強を記録した福島県須賀川市及びその近辺に複数の親戚(母親の兄弟や従兄弟)が居住していることです。未だに連絡が取れていません。
こちらで味わった恐怖よりも、さらに数段上を行く揺れがあった訳ですから、無事であるという安心感がまったくありません。連絡が付かない今とあっては、何とか無事でいて欲しいと願うばかりです。

※その後、3世帯の親戚と連絡がつながり、家屋被害は出ているものの、ケガもなく無事であることが確認されました。1世帯のみ未だに繋がらないので心配です。

ここに毎日訪問してくださっている皆様は如何でしょうか?怪我などされなかったでしょうか?無事であれば、心からお喜びを申し上げます。

最後に、今回の地震、津波などで被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。そして何より、犠牲となってしまった多くの方々、その家族の方々にお悔やみ申し上げます。

まだ余震や津波が収まった訳ではありません。暮々もお気をつけください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2011年3月 6日 (日)

私的名曲選 Vol57 『リ・ボ・ン』 by 堀ちえみ

こんばんわ。

今日は久々の名曲選から。

最近はきっかけが無いとアップしていない状況なのですが・・・

先日の打ち上げで、またまた昔のCMやアイドルの話になりました。

前回からのネタとして、しなのさかいさんの南野陽子に対する思い入れのスゴさから始まりました。

そんな話題も出たりしたとき、ふと、某課長からの意外(失礼!)な一言を逃しませんでした。
「堀ちえみの離婚はショックだった・・・」

2回目だか3回目だか忘れましたが、芸能界ってこういうもんなんでしょうか。
5人もお子さんが居る子沢山!
そんな印象の堀ちえみさんですが・・・

昔は可愛かったよなぁ~

と思い出しました。
「スチュワーデス物語」さえなければ、それほど印象は悪くなかったかも。

声がガキっぽい感じに当時は聴いておりましたが、今改めて聴くと、最近のアイドル歌手よりは余程歌唱力があるな、と思いました。生で唄っていても、安心して聴けますからね。
最近はライブなんかもYou tubeで見たり出来ますが、スタジオ録音の音響効果入りとは比べられないほど音痴だったりヘタクソでガッカリすることが多いです。

まあ、本職の文句を言えるほど歌が上手いわけじゃないのでこの辺で。

で、たまたま見つけちゃったんですよ。

結構好きだったんですよね。『リ・ボ・ン』。

ちょうどグループサウンズを復活させるような風潮が活発になっていて、GS系の曲が作られたり、当時の現役を集めたGSカフェみたいなのが流行ったりしたようで、TVでも元GSのメンバーを集めた懐かし番組みたいなのをやってました。

私はGS時代から遅れてますので、そのサウンドの良さと言うのはあまり知りませんが、やはりこの曲『リ・ボ・ン』は堀ちえみさんが唄っていたからこそ、心に残っているものと確信いたします。

堀ちえみさんの同曲は沢山アップされていましたが、その中からこのエントリーを拾ってきた理由はただ1つです。

TVの公開VTRも良かったのですが、この作品は「彼女のカワイイ写真を取り揃え、かつ、それを効果的に編集し、彼女の魅力を余すところ無く表現している」ところだと思います。写真の中には、私の知っているカットもありましたし、懐かしさもいっぱいです。

この作品を見て、久々に当時の多いが甦ってきました。感動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

かなり古い! タバコの自動販売機(四国)その2

こんばんわ。

今日はタバコネタなので、興味の無い方、タバコを毛嫌いされる方はスルーしてください。

昨年の夏の話でもう古くなってしまったのですが、『かなり古い! タバコの自動販売機(四国)』というネタで非常に古い自動販売機をご紹介いたしましたが、この元お店にはもう1台の販売機が放置してありました。

100724

平成22年7月24日 徳島県 琴電 仏生山駅近くにて

外観はそれほど古さを感じさせませんが、中に入っているタバコのサンプルを見ると、マイルドセブンだけが新しいパッケージになっていて、その他のキャビンやキャスターなどは古いパッケージのままでした。

私は今でもキャビンマイルドを吸っているので、非常に懐かしいですね。個人的には前のパッケージの方が良かったな。

こうした機械、リサイクルとかは出来ないんでしょうかね。このまま放置されるのはエコの観点から良いのかどうか。でも、ある意味、貴重な過去の記録が保存されている、とも言えますので、なんとなく放置してもらいたいような思いもあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »