« 新鮮な感動!身近な氷のゲージツ | トップページ | 花巻うどん(花巻そば) »

2011年2月16日 (水)

命懸けで迷惑を掛ける

こんばんわ。

今日は朝からヒドイ目に遭いました。

私の乗った埼京線の電車が人を轢きました。

お昼休みに記事を探しましたら、やはり自殺のようですね。

この事故のお陰で1時間15分の遅刻。9時半からの会議を10時半からにするなど、仕事のスケジュールも大幅に狂いました。

それにしても、レスキュー隊が作業を終えるまで、超満員の電車内で40分の缶詰状態。この状況を「犯人」は理解できているのでしょうか?

身体を圧迫されながら、腰に鈍痛を覚えながらもしゃがむことさえ出来ない状況。気分が悪くなった人もいることでしょう。トイレを我慢させられ緊迫の時間を過ごした人もいたことでしょう。

もしかしたら、人生の岐路に立っているところを邪魔された人がいるかもしれない。そう考えたら、5万人以上もの人に影響を与えたこの事件は、ただの「気の毒」で済まされる話ではない。

自殺する人の身の上話を聞けば、想像を絶する人生を歩んできたかもしれない。涙無しには聞けない話しかもしれない。

しかし、不特定多数の人たちに無差別に被害を与えること。それは世界共通で「テロ」と呼ばれている。だから、「死人の悪口を言うな」という日本の風習を以ってしても、私は敢えて「犯人」と呼ぶ。

人に被害を与え、補償も賠償もせず、文句すら聞かずに逃げてしまう犯人に、同情する気持ちは無い。自爆テロと何ら変わらない。「人間味が無い」と思われようと、私は普段から他人に迷惑を掛けないよう、気を付けて生きているつもりだから。「命懸けで大勢に迷惑を掛ける」ようなヤツに同情はしない。

|

« 新鮮な感動!身近な氷のゲージツ | トップページ | 花巻うどん(花巻そば) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
自死に限らず、急いでたりしてムリしたが為に・・・というハナシもよく聞きますが、故意・過失いずれにしても迷惑である事には変わりないのでホントたまったモノじゃないと私も同感です。
私も以前、大宮より武蔵浦和へ出勤途上の電車にて中浦和での人身事故[反対側の通快にて・自死による]により、丸1時間とちゅうの与野本町で足止めを食らった事があるし、さらに私が学生のころ大阪の近鉄電車の八尾駅にて通貨中の特急電車にひとが飛び込んだ事例も未だ忘れること出来ません。
どちらにせよ、人生一度きりなのに死にたくなくても無念の死を遂げざるを得なかったひと(病気や今も忘れられない御巣鷹山の悲劇など)たちの事を思うと、たとえ様々な苦しみや悩みなどといった試練があっても切り開くことが出来る道が必ずあるのだから、粗末に命を扱ってはなりません!!と私は思います。
長文になりましたが、これにて失礼します。

投稿: 宮オオ | 2011年2月17日 (木) 09時26分

宮オオ様
死にたくないのに病気や不慮の事故でなくなってしまう方、食べ物が無くて苦しみながら死んでしまう極限の人たち。この現状を知ったら、どんなに悲しむだろうか、いや、怒り心頭かもしれません。
まして「死んでしまうんだから、他人の迷惑なんて関係ない」なんて思っているようだったら、列車に飛び込む前にさっさと死んじゃってもらいたいですね。
個人的には、そんな人に生きていて貰いたいなんて思いません。そんな人は、どうせ生きてたって他人の迷惑なんて元々考えていない筈ですから。

投稿: キハ181つばさ | 2011年2月22日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新鮮な感動!身近な氷のゲージツ | トップページ | 花巻うどん(花巻そば) »