« 私的名曲選 Vol56 『悲しき恋人たち』 by 長山洋子 | トップページ | 鉄道「深い~良い話」:2011冬「北陸」編 »

2011年2月 6日 (日)

おかめうどん

こんばんわ。

先般、うどんシリーズとして『日本五目うどん』をご紹介いたしました、コメントでも「おかめうどんではないか?」という疑問が寄せられました。

本日、また出前を頼む機会がありましたので、自分の食べたい好みを抑えて、メニューにある「おかめうどん」をチョイスしてみました(笑)。

230206

前回の「日本五目うどん」は、

海苔以外に、なると2枚、かまぼこが紅白で2枚、麩が2枚、他にも伊達巻、しいたけ、ほうれん草と陣容でしたが、

今回の「おかめうどん」を見ると、

なると2枚、かまぼこが紅白で2枚、麩が4枚、伊達巻、しいたけ、ほうれん草という具合になっており、なるほど、違いは海苔が入っているかどうかの違いということになりそうです。

これは、「もりそば」と「ざるそば」の違いと似ていますね。

今回は麩が4枚となっているので、この点については数量が異なりますが、今回も大盛を頼みましたので、もしかしたら並だと2枚かもしれません。

最近は地方に行って食する機会が非常に少なくなってしまいましたので、こうした一般的なメニューの地方差というのが良く分りません。

鉄道以外に興味を示しづらい私の中でも、こうしたメニューの地方差というのは、少なからず興味がある気がしますので、機会があればこの辺りのネタを押さえておきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

|

« 私的名曲選 Vol56 『悲しき恋人たち』 by 長山洋子 | トップページ | 鉄道「深い~良い話」:2011冬「北陸」編 »

お食事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ウドン・ソバの汁というとココいら辺における濃口醤油を使った汁の他に思いあたるものとしては、食いだおれの街・上方大阪に代表される関西地区の淡口醤油を使用したうすくちの汁や一部地域で見られる味噌を使った汁などが挙げられますけど、地域によってウドンの太さ云々にも違いがあるというのも聞いた事があります。
それにしてもウドンの事を取り上げてるから、ゆくゆく私は関西でも行ったあかつきには久々に関西風のウドンでもススリたいなと考えてます。
それでは、これにて失礼します。

投稿: 宮オオ | 2011年2月 6日 (日) 23時24分

宮オオ様
本気でうどんを研究すると大変なことになりそうですが、味はともかくとして、写真により見た目だけでも参考になるかもしれませんね。
これに立ち喰いとそば屋さんではまたスタイルが違ってしまいますし、私のように乾麺も良く食べるとなると、何をどうしたら良いか分らなくなってしまいます。
取り敢えずは行き当たりバッタリのネタにしておいた方が良さそうですね。

投稿: キハ181つばさ | 2011年2月 9日 (水) 01時28分

美味しそうな具が、自宅で作る際の参考になります(^^)

投稿: | 2011年2月11日 (金) 00時00分

舞様
しいたけだけは下味をつけていますが、あとはただ切って乗せるだけですのでお手軽です。
うどんもこれくらい具が入っていると、ボリューム感がありますね。油モノがはいっていないのでヘルシーかも。

投稿: キハ181つばさ | 2011年2月11日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的名曲選 Vol56 『悲しき恋人たち』 by 長山洋子 | トップページ | 鉄道「深い~良い話」:2011冬「北陸」編 »