« 時刻表ネタ:一晩でこんなに???急行「尾瀬」 | トップページ | 私的名曲選 Vol55 『BELLADONNA(べラドナ)』 by UFO »

2011年1月 5日 (水)

時刻表ネタ:往きは普通で戻りは急行?「尾瀬フラワー」

こんばんわ。

1日空いてしまいましたが、また時刻表ネタです。

前回の『時刻表ネタ:一晩でこんなに???急行「尾瀬」』に関連して、「尾瀬フラワー」号をご紹介したいと思います。

尾瀬へのアクセス列車としては、上越線から急行「尾瀬」、東武鉄道から通称「尾瀬夜行」、そして、仙台方面から磐越西線、只見線、会津線を経由して会津田島まで臨時夜行の「尾瀬フラワー」という列車が運転されていました。

490600_2 ※1974-6月号 コンパス時刻表 臨時列車のページより。

仙台駅を意図的でしょうか、21時ちょうどに発車し、普通列車ですが急行列車並みに所要駅に停車しながら磐越西線を走ります。

終点での時間を調整するためか、或いは会津線内の駅の通過時間を考慮(夜勤者の睡眠時間確保?)してか、会津若松駅に3時間強も停車してから只見線・会津線を走ります。

折り返し列車は到着日の翌日となるため、会津若松までの回送は普通列車に併結されていたようですね。ちなみに、同列車は会津線の始発列車より早い時間に通過してしまいます。

帰路は翌日となりますが、何故か急行列車として走ります。今のダイヤならコレだけ駅を通過したとしても、おそらくは快速で料金不要とするところでしょうが、新幹線の開業前は料金不要の速達列車の設定がないころでしたので、当時としては当たり前の設定であったと考えられます。

比較的おそくまで設定があった列車のようですが、全ての時代を網羅して検証したわけではありませんので、時代によっては設定に違いがあるかもしれません。

ただ、全国的にも同じ列車名を語りながら列車種別が違うというのはなかなか珍しい例であったと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 時刻表ネタ:一晩でこんなに???急行「尾瀬」 | トップページ | 私的名曲選 Vol55 『BELLADONNA(べラドナ)』 by UFO »

時刻表ネタ」カテゴリの記事

コメント

上野からだと、沼田駅で仙台方面からだと会津田島駅が玄関口になるようですね。
やはりこういった列車の利用率って気になります。
帰りが急行になるという事は、利用率が多かったなんかな~なんて思ったりしちゃいます。

投稿: シービー | 2011年1月10日 (月) 09時45分

シービー様
良く調べたら奇怪な列車でしたよ。
会津若松から急行「あがの2号」に併結となっていました。だから急行なのは当然ですね。しかし、この「あがの2号」は福島で長時間停車の後、普通列車になってしまいます。
「尾瀬フラワー」は、この普通列車化を待たずに福島を先に発車し、一足先に仙台に着いています。
何とも複雑な設定で、驚かされる列車ですね。

投稿: キハ181つばさ | 2011年1月10日 (月) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時刻表ネタ:一晩でこんなに???急行「尾瀬」 | トップページ | 私的名曲選 Vol55 『BELLADONNA(べラドナ)』 by UFO »