« 「横川メモリアルクッキー」:娘からのお土産 | トップページ | 時刻表ネタ:往きは普通で戻りは急行?「尾瀬フラワー」 »

2011年1月 4日 (火)

時刻表ネタ:一晩でこんなに???急行「尾瀬」

こんばんわ。

季節モノじゃありませんが、今日は時刻表ネタからマニアックなところを。

尾瀬といえば関東在住の方で知らない人はいないくらい有名な国立公園ですね。
歌にも唄われるくらいですから、もちろん全国的にも有名な自然の宝庫です。

シーズンにはハイカーで賑わうため、昔は臨時列車も多数設定されていました。

490600

※1974-6月号 コンパス時刻表 臨時列車のページより。

昭和49年だと、私も未だ小学生でしたが、時刻表を見てこの急行「尾瀬」の存在は知っていました。

何がって、通常の急行列車では考えられない「沼田」という行先。一晩に何本もの列車が出ること。急行列車なのに、全ての列車にグリーン車も指定席も繋がっていないこと。かなり特徴がありますよね。

ただ、当時だと「尾瀬」って場所がどんなものかという知識は無かったと思います。小学生には未だ厳しい場所なので、社会の勉強でもあまり出てこないでしょう。精々「ミズバショウ」という花を知っているくらいだったんではないかな?

中学の林間学校で、初めて尾瀬を訪れました。その時はシーズンでなかったのですが、観光客の多さ、日の出前から観光客が動き出すことを知り、初めてこの急行「尾瀬」の意味を理解できました。

当時は未だダイヤ情報といった臨時列車の車両や編成を示す情報誌もなかったので、どのような車両が使われていたのか皆目分りません。多分、165系の付属編成又は基本編成(グリーン開放)、115系なども動員されていたのではないかと推測されます。

往路の列車も凄まじい面々ですが、復路の「後閑」発っていうのも、今となって信じがたいようなダイヤが組まれていました。

その後もしばらくは運転されていたようですが、モーターリゼーションや観光バスなどの発達もあって、このような季節集中的に運転されていた列車たちも消えてしまったようです。

関連のネタもありますので、追々ご紹介したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 「横川メモリアルクッキー」:娘からのお土産 | トップページ | 時刻表ネタ:往きは普通で戻りは急行?「尾瀬フラワー」 »

時刻表ネタ」カテゴリの記事

コメント

この列車名は知ってました。
尾瀬というのは一回も行った事がないんですが、水芭蕉で有名なところでしたね。
約2時間半の乗車でしょうが、これだけの本数がないと供給出来なかったんでしょうかね~。

こっちも3ポツンですよ。

投稿: シービー | 2011年1月 9日 (日) 22時37分

シービー様
多分、環境保護が厳しい場所ですから、昔と変わっていないんでしょうね。ミズバショウが有名ですが、私が行った時は時期が終っており、見ることが出来ませんでした。その後、10年経ってから北海道の原生花園でミズバショウを見ることが出来ましたが、なかなか感動的でした。
この列車の時間帯は小砂利テツの活動休止時間だったので、ベールに包まれた列車でしたね。

投稿: キハ181つばさ | 2011年1月10日 (月) 14時58分

今やメインルートは東武、野岩ですからね。
檜枝岐村でさえ秘境と言う感じがしなくなりました。

投稿: 小鉄 | 2012年4月26日 (木) 15時26分

小鉄様
そうなんですね。私、野岩鉄道が出来てからは鬼怒川温泉より先に行ったことがないので、その辺りの状況はしりませんでした。便利になったついで、JRには打撃になってしまったんですね。

投稿: キハ181つばさ | 2012年4月27日 (金) 00時43分

こんにちは。

国鉄時代の尾瀬号を調べていて、こちらのページに行き着きました。1974年から1977年と4年間のヘビーユーザーです。

大学4年間の夏休みはフルに尾瀬の山小屋でアルバイトをしていました。そして水芭蕉や秋の草紅葉の週末には金曜夜の尾瀬号に乗って沼田へ。深夜バスで尾瀬に入って土日働いて日曜午後に下山という生活でした。

卒業して社会人時代には数回くらいしか入れませんでしたが、数年前の定年退職を機に再開、年に一度か二度ですが車を駆ってかつて知ったる場所に向かっています。

2時間半ほどで着いていたのですね。もっと時間がかかってるかと思いました。まさに最盛期の運行状況で、座席だけでなく通路まで一杯で新聞紙を敷いて床に寝転ぶ人もいたくらいでした。

懐かしいものをどうもありがとうございました。

投稿: Reinheitsgebot | 2020年3月10日 (火) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「横川メモリアルクッキー」:娘からのお土産 | トップページ | 時刻表ネタ:往きは普通で戻りは急行?「尾瀬フラワー」 »