« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »

2010年1月31日 - 2010年2月6日

2010年2月 6日 (土)

クズ入場券から得た喜び(その3) 普通入場券 北条線 「北条町駅」

こんにちわ。

先ほどから非常に強烈な北風が吹いてきました。街中を歩いていると身体ごと持っていかれそうなぐらい強烈です。何が飛んでくるか分かりませんから、みなさん、気を付けましょうね。

さて、少し間が開いてしまいましたが、クズ入場券シリーズの第3弾です。経緯は『クズ入場券から得た喜び(その1) 普通入場券 魚沼線 「西小千谷駅」「片貝駅」』をご覧下さい。

今日のネタは、国鉄北条線:北条町駅の入場券です。

Photo

国鉄北条線は、加古川線の粟生駅から分岐して、終点の北条町駅に達する僅か13.8kmの路線です。当時は両端駅を合わせて8駅であり、駅間距離は1~2km程度で非常に短く設置されていました。昭和57年の時刻表によると、1日に13往復が設定されており、うち2往復は山陽本線の加古川駅と直通で運転されていました。

国鉄北条線は、昭和60年3月31日を以って廃止されており、翌日からは第3セクター運営による「北条鉄道」に生まれ変わって現在に至ります。

山陰方面のローカル線には殆ど乗ったことが無く、第3セクターも然り、全く縁の無い路線です。その昔は貨物扱いもあったようですが、その時代の情景を見たかったですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

私的名曲選 Vol31 『さくらんぼ』 by 大塚 愛

こんばんわ。

ちょっとサイクルが早いのですが、珍しく休日の名曲選です。

今日は、これまた珍しくメッチャ明るい曲、大塚愛さんの『さくらんぼ』です。

私、あまり明るい曲というのは好んで聴きません。暗い人間なので、暗い「沈む」ような曲が好きなんです。中島みゆきとか良いですね。ロック系も陰調の曲の方が聴きますし。

実はこの曲、発売された当時は全然聴きません。もう流行歌を積極的に取り入れられるような年齢でもないし、明るくうるさいような曲は基本的に嫌い。でも、この曲のサビは、耳にずっと残ってました。

で、何となくYouTubeで探してみたら、プロモーションがあったんですよね。さすがに商売用に作ってありますから、非常の好感の持てる出来になっていて、大塚愛さんの声、テンポ、ノリ、どれをとっても可愛く、良く見えます。そんなんで、2日に1回は聴くくらいに好きになってしまいました。

私は奥手で恋愛に不器用な人間なので、燃えるような恋というのもした経験が無いし、こんな明るく恋愛が楽しめたらどんなに良かったか、そんな風に思ってしまいます。もうこの歳だし、曲がりなりにも結婚して子供も居る立場ですから、この曲で表現するような生き方が出来る可能性は皆無ですが、もし30年前にこのような曲を好きになって聴いていたら、恋愛に憧れ、恋にもっと積極的な人生を歩んでいたかもしれません。そんな希望を叶えてくれそうに思える曲だと思います。

あ~たし、さくらんぼ~~~、もう1回!  さわってみて!

ところで、大塚愛さんって、見るごとに顔の印象が違うように思うんですが・・・。

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

切符入れ Vol.6 国鉄 ディスカバージャパン 0系新幹線&ワイン付き弁当

おはようございます。

ちょっと間が開いてしまいましたが、久々に切符入れシリーズです。

Photo 今となっては消滅してしまった東海道新幹線0系の表紙と、裏面は日本食堂が販売するワイン付き弁当の写真を配した切符入れです。

表紙に「DISCOVER JAPAN」のロゴがあることから、昭和47年から昭和51年までのものと考えられますが、私がきっぷ入れに興味を持ったのが昭和50年前後となりますので、もちろん、この時期に手に入れたと思われます。

当時は新幹線が博多まで開業したばかりの頃で、0系オンリーの時代でした。新幹線=0系であり、新幹線が唯一世界に誇れる高速鉄道でもあった頃ですね。

着目すべきは裏面のワイン付き弁当。こんな昔からあったとは、このきっぷ入れのスキャニングをするまで知りませんでした。

昭和49年の時刻表を見ると、一般的なすし弁当(多分、いなりずしとかのり巻き)が250円、幕の内弁当でも300~350円の物価です。当時の立喰いのかけそばでも80円程度で食べることが出来た筈ですから、この弁当の700円というのは、今に換算すると3倍強で、2千円をゆうに超える金額となります。

サンドイッチから想定して、今の一般的な幕の内弁当と変わらない大きさですから、お酒付とは言え、非常に高価なものであったと思われます。当時、小学生か中学生になったばかりの私にとっては、全く別世界の話題だったということですね(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

Photo_2

※↑中開の画像をアップし忘れたので追加です。

下は当時の流行である指定券発売に関するご案内。NETテレビ(現テレビ朝日)放映の国鉄提供番組「みどりの窓口」についての宣伝も忘れていません。

裏表紙は広告になっており、デルモンテのトマトジュース。トマトジュースと言えば、カゴメかデルモンテですよね。でも、私はトマトジュースが大ッキライなので飲みません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2010年2月 3日 (水)

2が並ぶ~~~(その3) 地元で22:22

こんばんわ。

昨夜は寄り道して帰りが遅くなり、そのついでに、とうとう暴挙に出てしまいました。

Photo_5

券売機券で、平成22年2月2日の「2」が4つ並び。これに加えて22時22分に買うのは当然です。券売機前でウロチョロしていると如何にも怪しいので、その時間まで外で一服してきました。何と言っても、蕨駅についてから20分近くも時間調整が必要でしたから。

券売機の設定時間はかなり正確なようで、ちゃんと「22:22」で印字されておりました。これで発行番号が「2222」だったり、220円区間とかあると良かったんですが、設定の無い料金なので仕方ありませんし、ましてや2222番なんて、当たる確率は10000分の1ですから。取り敢えず、平成22年2月22日のリハーサルということで。当日は、今日の私みたいなのが各駅に居るんでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2010年2月 2日 (火)

2が並ぶ~~~(その2):記念入場券セット『釧網本線の旅』

すごいおはようございます。

2の並ぶ日ということで、『マル鉄回顧録』とコラボ企画です。写真的には『2が並ぶ~~~(その1) キハ2222』をご覧ください。

さて、こちらでも「2」並びをご紹介したいと思います。

Photo 『釧網本線の旅』と題した記念乗車券です。たまたまクルマで釧路に初上陸した時、偶然に売っていたんですね。

Photo_2 こちらは裏表紙になります。

Photo_3

こちらが見開いたところ。記念入場券と言っても、普通のA型硬券入場券が5枚セットになっているだけです。ですから記念台紙だけという感じもするのですが・・・。

実は、この5駅の中で有人なのは真ん中の摩周駅だけ。摩周駅は元々「弟子屈(てしかが」という駅名だったので、いつの間に変わったのか知りませんでした。

残りの4駅は全て無人駅で、「緑」や「塘路」は有人時代或いは委託駅として入場券を手に入れることも出来ましたが、「釧路湿原」や「原生花園」は元々が無人ですので、同駅発行の入場券は存在しないと思われます。

で・・・

Photo_4

がオチということです・・・。これは狙ったのではなく、私が購入したのがたまたま「2222」だったんですよね。ラッキー!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (2)

2010年2月 1日 (月)

公社時刻表から 22・3ダイヤ改正後の「能登」

こんばんわ。

この間、年が明けたとばかりの日常と思っていましたが、気が付けばもう2月です。京浜東北線の209系が姿を消し、このあと、さらにダイヤ改正に向けた動きが活発化することでしょう。「北陸」「能登」の廃止は大きいところですが、田端のEF81の動向や、「北陸」廃止に伴う「あけぼの」用EF640番代の動きも非常に気になります。

さて、時刻表ネタといえば、もちろん過去の記録や思い出を中心にお伝えしてきたわけですが、今回は未来を見つめるという、非常に珍しいネタ選びとなりました。

22313 会社のビジネスコピー機からスキャニングした結果、曲がるわ、自動で勝手にモノクロで読み取ってしまうわ、散々な画像になってしまいしたが、ご了承くださいませ。

交通公社時刻表の平成22年2月号、ダイヤ改正後の速報ページから、急行「能登」の部分だけ切り取りました。

非常に運転日数が多く、列車名も急行「能登」のまま残るということから、廃止というよりは「臨時化」と言った方が合っているように思います。

高校レベルの春休み前半をカバーし、夏休み前までの土日運転という、週末臨と呼ぶに相応しい設定ですね。

グリーン車を連結しており、さらには全車指定席となったため、従来の489系と比較して遜色の無い、いや、それ以上グレードがアップしたように見えますが、アナウンスどおり新潟のK編成を使用するため、6両編成と短く、グリーン車も1/3となってしまい、体裁的にも貫禄落ちとなります。

運転時刻については、下り列車はほとんどが現状のままで、信越・北陸線内で3分程度ズレているだけ。上りに関しては、現状より遅いダイヤで出発し、上越~高崎線内については、なんと、現状の特急「北陸」のダイヤをそのまま引継ぐ形となります。現行よりも遅くなった分、撮り易くなったことは間違いありません。

現在は周遊券制度が無くなり、急行列車の自由席車的特典というのがなくなってしまったわけですが、飛び乗りで利用することが出来なくなったため、やはり不便が生じるのは必至という感じがします。もちろん、新幹線でも開業しようものなら、『485系車両老朽化により』廃止するという図式は、悲しいけれども明らかに見える気がします。

現状の489系廃車は諦めるしかないものの、K編成による非貫通型「能登」も期間限定の列車であることから、今年の夏場を有効に活用し、少しでも多く記録に残したいところですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (5)

2010年1月31日 (日)

私的名曲選 Vol30 『White Mice』 by Sweet

こんばんわ。

今日は補足ネタで終わってしまいそうなのですが、勿体無いので意表を突いた名曲選を急遽アップいたします。

と言っても、知っている人は知っている←当たり前だ!の世界なんですけどね。

「Sweet(スウィート)」というロックバンドの『White Mice』(邦題:ホワイトマウス)という曲です。

私が中学1年のときで、まだギターとかも興味なく、弾けなかった頃ですかね。当時、フォークソングが流行って、クラスメイトも次々とギターを始めた頃、私は実兄の影響でロックを聴くことが多かったです。

そんな中、兄が良く聴いていたのが「UFO」やこの「Sweet」でした。決まったレコードが1枚とか2枚あっただけなので、どんなメンバーが居て、どれ程の曲を歌っていたのかは良く知りません。でも、逆にLPに入っている曲は全て知っていました。同じアルバムにはベストテンに入っていた「ACTION(アクション)」や「FOX ON THE RUN(フォックス オン ザ ラン)」は有名なので、ご存知の方もいらっしゃるのではと思います。

この曲は「白ねずみ」、つまりハツカネズミを指すのでしょうかね、題名のとおりスゴク忙しいテンポの曲です。スピード感たっぷり、さらには軽快なリズムで、初めて聴いた時から入り易い曲でした。ドラムでもギターでもコピーしたい曲でしたが、このスピードにはついて行けず、断念したのも思い出です。

CDを持っていないので、カセットテープの生活から撤退した現在となっては、この間、全く聴くこともありませんでした。邦題ではヒットしないので、英語スペルで検索したところ、やっと見つけることが出来ました。さすがに日本人ではこの曲に思い入れを望むのは難しかったようですね。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2)

西武鉄道「メモリアル チケット」補足

こんばんわ。

昨日アップいたしました『メモリアルチケット 12.3.4発行 西武鉄道 池袋から200円区間』ですが、その後ネットを調べました1件だけ有力な情報を見つけることができました。

以下、ある掲示板から引用させていただきました。

-------------------------------------

前略~

プレスリリースから西武の話題3点を引っ張ってきました。

1,2/14から
   ハッピーミレニアムチケット

詳しくは↓なんですが、

http://www.seibu-group.co.jp/railways/unyu/jyousya/happy/happy.html
池袋から200円区間の赤地紋の硬券にお好きな日付(但し赤いゴム印のようです。)
をいれてメッセージの台紙を付けるという企画。そういえば、昔、小田急でも硬券入場券
に台紙を付けて贈り物に、なんて企画がありましたよね?

2,2/17から
   12,3,4記念

 詳細はネット上ではまだ未発表。

3.2/20限定
   20000系デビュー記念
 
 当日、西武球場前駅で限定発売する往復の硬券乗車券。ただし、20000系登場記念
だったかなんかの文字入り。

とまあ、立て続けに記念硬券を出すそうです。ここまでするのだったら通年販売しませんか?
西武さん。(1のやつが売れればやりそうな気もする)

-------------------------------------

2000年(平成12年)当時に投稿された内容のもので、私も未だインターネットなんて良く知らなかった頃です。

何故か2月14日からミレニアムとして硬券乗車券の発売を予定しています。さらに、12.3.4日付前の2月17日から平成12年3月4日の乗車券を発売予定となっていますね。

既に同社のリンク先は削除されてしまっておりますが、非常に有力な情報で、内容的にはほぼ私の読みどおりだったことの裏付けがとれました。

ちなみに、別の検索ワードで探してみたところ、ミレニアムチケットの画像をアップしている方を発見いたしました。それには「2000.2.20」と押されており、ミレニアムに合った表示を実施しています。ダッチングマシンを使っていなかったこと、乗車券の有効期限に「2000年12月31日までの1回限り有効」と表示していたことの理由に納得が行きます。

1234200

至近で「20000系デビュー記念」の乗車券が発売ということになっていますが、こちらは往復乗車券のようですので、一連の使い回しとは別物のようです。

まあ、モヤモヤが解決しましたので、私としてもスッキリいたしました。しかし、情報が共有できる社会、というか文明ってスゴイですね。ここ10年ちょっとで格段に発展しました。これで悪さをするヤツがいなければ、申し分の無い社会なんですが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

| | コメント (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »