« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »

2010年12月5日 - 2010年12月11日

2010年12月11日 (土)

感激してしまった・・・京葉線「潮見駅」普通入場券

こんばんわ。

親ブログ『うさぴょんのマル鉄回顧録』がメンテナンス中に付き情報を入れられません。
そんなことで、今日はこちらをウェイトを置いてみます(笑)。

先日、娘の水泳大会へ応援で辰巳国際水泳場に行った際、京葉線潮見駅での撮影の様子を『2010.12.05 とりあえず京葉線』でアップいたしました。撮影に当たっては外からの入場となったので、入場券を買い求めました。

貧困で現金を使うのが勿体無かったので、手持ちとオレンジカードを使おうと思ったのですが、券売機に「入場券」のボタンがありません。
窓口氏に尋ねると、『すみません、券売機では買えないんで、こちらで買っていただくことになります。』との返事。
オレンジカードを使えないのが癪(しゃく)ですが、仕方ないので窓口購入となりました。

『それでは、○月○日、大人で1枚ですね。ありがとうございます。』と

Photo

使わないで記念に持ち帰ると思ったんですかね・・・こんな指定券を入れる袋にわざわざ入れてくれたんです。年配の職員の方でしたが、非常に丁寧で親切でした。

たった30分程度しか撮影できなかったのですが、会場に戻らなければいけないので、出場です。
せっかくなので入場券を記念に持ち帰ろうと思い、例の窓口氏に申し出ました。

すると、

『では、使用済みのハンコを押すことになるのですが、2種類のゴム印がありまして、こういうものと、こういうものがありますが、どちらにしましょうか?』

窓口氏は、手元のメモ紙にそれぞれのゴム印を押して示してくれました。

一つは「乗車記念」とデザインされたゴム印、もう一つはシンプルな「本券無効:潮見駅」(だったと思う。)なものでした。

『じゃあ、記念のこちらの方で・・・』と返事をすると、
もう一度メモ紙にキレイに押せるか確かめてから、

『どの辺りに押しましょうか』

『じゃあ、ここの空白のところで』

『ここでよろしいですね?』

と、指を差しながらゆっくりと。

Photo_2

『どうぞ、ありがとうございました。』

『ありがとうございます。』←こちらこそ!という意味で。

今ではどこの駅でも大抵は丁寧な対応で乗車券類を記念に貰うことができますが、乗降客が少なくて余裕があるとはいえ、ここまで丁寧に対応していただけると、こちらが恐縮してしまいますね。(笑)

たった1枚の普通入場券ですが、思い出に残るものとなりました。
ここに書き留めたことによって、しばらく(ブログを続けている間)は忘れることは無いでしょうね。

潮見駅窓口氏に感謝いたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年12月 9日 (木)

JR北海道 オレンジカード「愛の国から幸福へ」

こんばんわ。

このところダウンが早くて、更新が滞ってしまってすみません。
一昨日だったかな、いつもより気持ちに余裕があったので、少しネタをスキャニングしてました。本当に久し振りです。

その中から、今日はオレンジカードをご紹介したいと思います。

Photo

JR北海道釧路支社発行のオレンジカードです。
題目は「なつかしの 愛の国から幸福へ」で良いのかな?
裏面の記号を見ると1987年(昭和62年)になっていますので、まだそれほど「なつかしい」時代にはなっていないように思うんですけど(笑)。

単に観光用のD型入場券・乗車券を並べただけの図柄なんですけど・・・

愛国駅と幸福駅が存在した国鉄広尾線は、昭和62年2月1日限りで廃止となっておりますので、この記念乗車券の日付も当日を示しており、単純ながらも密かにこだわりを感じることが出来ます。

私も広尾線には2回目の渡道の際に乗っており、マル鉄回顧録で記事を書いております。

ローカルな風景 第35回 (国鉄:広尾線)

暇があったら覗いてみてください。

愛国から幸福へのシリーズは、他にもいくつか用意できそうです。おってご紹介したいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年12月 6日 (月)

【発売予告】フリー塗装 バスコレクション2台セット?

おはようございます。

珍しく土日の更新が滞ってしまいました。

またネタの準備が追いつかないので、発売予告にて失礼いたします。

「ザ・バスコレクションオープンパッケージ」と題した新しい発売形式のようで、第1弾と銘打っていることから、もしかしたら今後のスタイルになるのかもしれません。

Photo 

2台セットA  いすゞBX352・BA741

Aセットはいすゞ車をラインアップ。いすゞBA741は完全新規金型で登場します。

Photo_2

Bセットは日野車をラインアップします。日野BH15は完全新規金型で登場します。

説明書きはコピペです。
かなり古い時代の設定ですので、SLを中心に楽しんでいるモデラーにはストラクチャーとして良いかもしれません。
ただ、せっかく新規に金型を起こしてまで作りこんでいるのに、何故ここにきて「フリー塗装」にしたのか疑問です。改造用や色替えようとしてならば、むしろ無塗装の方が良いかもしれませんし、正直なところ、意図が読み取れません。

この後も続くようですが、果たしてこのような販売形態で売り上げが出るのでしょうか?

ちなみに、発売は平成23年3月だそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »