« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

2010年6月12日 (土)

特急「あさま12号」:傷病?介護人割引&自由席特急料金後払???

こんにちわ。

このところ仕事のストレスが溜まってしまって、更新が滞ってしまいました。やっとアップする気になれたので、ちょっとボリュームのあるネタをご紹介いたします。

国鉄時代の在来線特急「あさま12号」の閑散期適用特急券です。

Photo

これは年号から見て、王子駅勤務時代に珍しいので着札をいただいたものだと思います。ご覧いただいてお判りのとおり、かなり盛り沢山な内容の特急券となっています。

まずは閑散期適用の特急券であること。加えて、信越本線潟町駅発行で、「○ム」がゴム印対応になっていること。同駅は現在も業務委託駅となっておりますが、昭和60年3月の改正で荷物扱いを廃止しており、おそらく、この時点で委託化が行われたものと推測します。その関係で、有人駅時代の残券をそのままゴム印対応で使用したものと考えます。

そして、割引発売にもなっており、それぞれの表面に「□傷」又は「□護」のゴム印が押されています。「□護」は「介護人」適用を意味することが容易に判断できますが、「□傷」については国鉄旅客営業規則を見ても見当たらず、JRのHPでも説明がありません。一般に身体障害者であれば「障」になるのかな?と思いますが、私は出札窓口の経験が無いため、正しい意味が分りません。いずれにしても5割引が適用になっているものと思われます。

さらに、□で囲んだ「自由席特急料金後払」のゴム印があります。指定席だけあらかじめ確保するため、特急料金を後払いにして、指定席料金のみを払って購入したものと考えられます。ということは、下車するとき或いは車内で清算を行った可能性がありますが、経緯は残念ながら不明です。しかし、このようなゴム印が業務委託となった駅でさえ常備されていたというのは信じ難いですね。有人駅時代に常備してあったとしても、このような特殊な発売方法が、日常的にあったのかどうか、大変興味のあるところです。ちなみに、私も指定席券関係の切符は数百枚所有していますが、このような表示のある特急券・急行券は他にありません。

Photo_2

参考までに裏面を示します。

後払いに関する表示は一切無く、証明書の記入欄だけがあります。番号は何らかの支障を考えて塗り消しと致しました。

券番は33と34になっており、もし昭和60年3月に無人化されたとしても2年以上の月日でたったこれだけしか発売していないことになります。乗車券は軽井沢経由の方が安価でしたが、上越新幹線も開業していますので、わざわざ本数の少ない直江津「あさま」を、しかも閑散期に利用する旅客はかなり少なかったと考えられます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年6月 9日 (水)

2が並ぶ~~~(その8) 流鉄「平成22年2月22日入場券」

こんばんわ。

この題名も4ヶ月に亘って引き摺りましたが、いよいよ今回が最後になりますかね。

先般の「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」でシービーさんとお逢いした際にいただいちゃいました、流鉄(旧総武流山電鉄)で発行した平成22年2月22日の記念入場券です。

Photo

左側が裏表紙で、右側が表紙になり、二つ折りになっています。「流鉄株式会社」になって久しいですが、昔から知っているだけに、なかなか馴染めませんね。せめて「流山電鉄」で良かったと思うのですが・・・。

セットの名称は「平成22年2月22日入場券」と極めてシンプルで、「記念」という言葉さえもありません。

Photo_2

こちらは見開きにした状態です。流線型の電車になってからの2両編成だけを集めた写真を掲載するという、あくまでも「2」に拘ったデザインです。そして、右側には切り込みに差し込む形で、4枚の入場券をセットしています。

Photo_3

こちらは入場券を出して並べてみたものです。ダッチング風の日付印は印刷のようですね。でも、一見してダッチングにも見えますし、当たりハズレが無いだけ安心できますでしょうか。

JR風の入場券スタイルで、非常にシンプルです。格札に色違いの社紋を印刷していますが、何故か鰭ヶ崎駅のものだけは、ニャンコの足跡になっており、大変にユニークで笑わせてくれます。

有効期間は記念らしく、8月31日までと非常に長くとってあります。

Photo_4

入場券の裏側です。

1枚だけ代表で掲載しようと思ったのですが、それぞれの発行駅名が入っているので全件アップいたしました。「平成22年2月22日入場券」と名称まで入れてあります。さらに、(流鉄)の社名も印刷してあります。実際には各駅で発売しているわけではありませんから、入場券ごとに発行駅名を入れる必要は無いかと思われますが、馬橋駅では「○社」の文字までキチンと入れてあり、イベントのためだけではない、ルールを遵守する会社の姿勢が垣間見えます。

シービーさん、ありがとうございました。これでやっとナンバーシリーズも一段落です。

2が並ぶ~~~(その1) キハ2222

2が並ぶ~~~(その2):記念入場券セット『釧網本線の旅』

2が並ぶ~~~(その3) 地元で22:22

2が並ぶ~~~(その4) キハ22222

ヘタレな結果の「22222」に「222」のオマケ付き!

2が並ぶ~~~(その6) 郵便書簡:消印

2が並ぶ~~~(その7) 北総鉄道「2並び記念入場券」

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2010年6月 7日 (月)

急行「軽井沢」:A型 急行券・指定席券

こんばんわ。

今日は久し振りに指定席券関連の記事をアップいたします。

Photo_2

発行する殆どの指定席券が完全常備で知られる、軽井沢駅発行の急行「軽井沢」の指定席券です。

特急券に関してはおそらく全てD券で統一されていた筈ですが、急行「軽井沢」に関しては、A券しか存在していないようです。この辺りは、特急列車と急行列車の格を意識していたように思われます。

急行「軽井沢」に関しては、一貫して季節列車としての地位になってしましたが、季節列車でありながらも完全常備券として設備しているのは、さすが軽井沢駅と言ったところです。

ただし、2枚目にある臨時急行「軽井沢」に関しては、設定が毎年曖昧になってしまうこともあってか、さすがに完全常備とはしていないようです。

また、信越本線には定期の「信州」「妙高」といった多数の急行列車が設定されていましたが、それらの急行指定席券については一切未見であり、どのように設備されていたのか分かりません。私がこれらの指定席券を手に入れることが出来た時期は、既に殆どの急行列車が特急列車に格上げされて廃止されてしまっていたのが残念です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年6月 6日 (日)

警備員の居る踏切

こんばんわ。

当ブログで『街の風景』と言えば、昭和チックな懐かしいものとか、ヘンテコなものをピックアップしているんですが、今日はちょっとばかりマトモなセンの写真です。

220602

埼京線と言えば、毎日通勤で使用しているなんの感動もない路線です。ギュウギュウ詰めの電車で身体を「ふとん圧縮機」の如く押されながら、マトモに車窓を見ることも殆どありません。

先日、外回り珍しく北区を訪れました。普段なら全く用事の無い十条近辺は、降りて街を歩くことはまずありませんからね。なので、踏み切りにこのような警備員を配置していることは、全く知りませんでした。十条駅の池袋寄りの踏み切りは、JR線の都内でも珍しい「踏切警手」の居る踏切です。ここにもそれ以外に警備員を配置していました。朝の埼京線は慢性的な混雑による遅れがあり、複線区間にしては殆ど開くことが無い踏切としても有名です。

220602_2

この近辺は高校や大学が多く、若者がたくさん通ります。特に、駅の直ぐ池袋寄りの踏切は開きづらいので、1個南寄りの踏切を渡るおねぇちゃん達が多いようです。

見ていて面白いと思ったのは、この警備員が常に「上から目線」という指示をしているんですよね。工事現場の交通整理では、常にアタマを下げてクルマを通しているのに対し、まるで先生が生徒指導しているかのように、エラそうに「左に寄って!」「そこには立たない!」などと指示するんです。

学校が生徒・学生達の安全のために雇っているのか、それも線路横断が耐えないためにJRが雇っているのか分かりませんが、現代では言葉遣いが丁寧になった警察職員に比べ、なんとも支配者的態度の警備員を微笑ましく見ておりました。

なんで「微笑ましく」かと申しますと、「人の言うことをマトモに聞いていない若者」が増えているんだな、と実感できる光景だったからです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »