« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

2010年5月30日 - 2010年6月5日

2010年6月 5日 (土)

Nゲージ GMキット改造:クハ68211(新潟色)

こんばんわ。

たまには模型ネタを出しておかないと、鉄道模型のことを忘れてしまいそうなので、久し振りに掘り出しました。

長らくのブランクを開けてしまいましたが、『Nゲージ GMキット改造:クハ75006(新潟色)』に続いて新潟色の異端車である『クハ68211』をアップいたします。

68211_2 正直なところ、むかし鉄道雑誌で見たときに、「カッコ悪りィ塗装だなー。」 と思いました。新潟色は好きでしたが、平妻改造のこの車両に、70系と無理矢理合わせたこの塗装がヒジョーにしっくりこなかったんですね。

しかし、歳を取るごとにこうした異端な車両・スタイルに趣きを感じてしまうんですね。

実車は国鉄32系サハ48として誕生し、先頭車化改造によりクハ47050番代、さらに横須賀線時代のうちに3ドア化改造を受け、クハ68211となっています。

同タイプの車両は2両が存在し、クハ47072→クハ68210、クハ47073→クハ68211となり、横須賀線時代を最後まで共に過ごした2両は、これまた同じ新潟地区で余生を過ごすことになります。

68211_3

模型は、実車と殆ど同じ内容の改造を施すことになります。

まずはGMキットのサハ48を、クハ化パーツにより乗務員扉を設けます。正面及び連結面妻板は雨樋が曲線化されている関係で、 屋根板はクハ47キットのものを使用することになります。さらに、実車は3ドア化されていますので、3ドア化改造パーツにより体裁を整えます。

68211_4

3ドア化によってお金を掛けてしまいましたので、この車両に関しては正面部分の手摺パーツ、ワイパー、屋上に信号炎管のパーツを取り付けました。ここまで施工すると、かなり細密感が湧いてきますね。自分でもかなり満足できる車両に仕上がりました。

この車両はかなり前の製作になりますが、その後マイクロエースから新潟色のセットも製品化されました。普通なら製品化されるとガッカリさせられることが多いのですが、セットにはこのようなレアな車両はセットされていませんので、70系に混じってアンバランスな雰囲気を醸していた同車を連結して走らせることが何より嬉しいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

初体験・・・「じゃがポックル」

こんばんわ。

今日もテツネタではございません。ちょっとハマってしまったもの。

もう2年半くらい前ですかね。takeさんのブログ記事で初めて知った北海道限定のお菓子「じゃがポックル」。食べてみたいとは思っていたのですが、それだけのために北海道へ行く訳には行かないし・・・。

2ヶ月ほど前から、楽天ショップのメールで度々通販のメールが来ていたんです。女房に言い出せなくて、「食べたいなぁ~」と思っていたのですが、ずっとガマンしていたのです。でも、思い切って説明をしたら、何とOKが出たので、送料分は目を瞑って、まだ売り切れてなかったので注文しました。

220602

じゃ~ん!初「じゃがポックル」!!!

220602_2

じゃ~ん!10袋入り!!!

???

こんな小さいんだぁ~。中身も少な~~~。

ガッカリだな~。

220602_3

でも、メチャクチャウマーーーーーー!

すっかりハマりました。とにかく美味い。クセになってしまいましたわ。

娘にも喰われてしまい、20コ買ったのがあと4コしかありません・・・orz

女房に追加購入交渉中。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2010年6月 2日 (水)

私的名曲選 Vol40 『天国への階段(Stairway to Heaven)』 by レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)

こんばんわ。

今日は外回りだったんですが、忙しくてヒドイ目に遭いました。

そんなんで、ネタがないわけではないのですが、自分の心を和ませるために久々の名曲選です。

元々レッド・ツェッペリンの曲は聴かなかったのですが、この曲だけは1回聴いただけで好きになりました。説明は無くても分かりますよね。世界的にも有名な曲ですから。

今までは比較的に、地味だけど心に残る曲を選んでご紹介してきましたが、今回は、それなりの年齢の方には誰でも良さを理解できる曲をご紹介しました。次はまたマニアックなのをご紹介する予定です。いつになるかは知りませんけど。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2010年6月 1日 (火)

記念入場券:「ありがとう201系」

こんばんわ。

今日もこんな遅い時間に「くまたぱん」を食べちゃいました。身体に悪そうです。

また今日もいまさらな話題ですが、先日アップいたしました『北総鉄道「2並び記念入場券」』と同じく、Fe4のlineさんとお逢いする機会がなかたため、先般の「おおみや鉄道フェア」でお逢いした際にいただいたものです。

私も行く気になれば集めてきたのでしょうが、何かと用事が入っていたり、慣れない仕事で疲れていたりと、未だに201系のさよなら運転には行っていない次第です。ですから、自分で出掛けることが出来ないとき、こうして手に入れていただけるのは非常に有り難いです。

Photo

この201系が運転されたのが、ちょうど高校に入学した年齢だったんですよね。翌年だかに体育祭があって武蔵境のグランドに行った際、運良く営業運転に入ったばかりの201系に乗ることが出来たんです。当然、全車900番代の試作編成でした。センターポールが邪魔でね。旧型国電に戻ったような気分でしたよ。

それはさておき、lineさんが3駅分も買っておいてくれたんです。最近はセットで台紙付きのB券か、このような単独のD券が多く用いられるようになりましたね。確かに、昔の短冊形記念切符はかさばりますし、ただの印刷物みたいで味気ないですね。やはり硬券が良いですね。B券でも良いのですが、やはり写真付きとなると、面積の狭いB券では難しいところでしょうね。

有効期間は購入日に関係なく、平成22年5月9日(GWの終りを意識してでしょうか?)となっています。

Photo_2

こちらは裏面になります。前回ご紹介いたしました北総の「22222」の記念切符と違い、1回の入場時刻が2時間までの注意書きが入っています。「自動改札機はご利用できません」という表記も、時代を反映していますね。

文言は全て同じであり、掲載を省略しようと思ったのですが、それぞれに発売駅の表記がありましたので、参考までに全てアップいたしました。

発売枚数が限定されており、駅によっては早いうちに売り切れになってしまった場所もあったようです。そんな中で、わざわざ3箇所も手に入れてもらい、嬉しく思います。lineさん、ありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
中央線の色に似ている・・・。

| | コメント (6)

2010年5月31日 (月)

くまたぱん

こんばんわ。

「くまたぱん」って言われて分かる人はどのくらい居るでしょうかね?福島県人なら殆どの人は知っているでしょう。

昔からそれなりに有名ではあったようで、そう言われれば子供の頃に食べた記憶があります。何故子供の頃かと言いますよ、母親の実家が福島の山奥で、そこまでのバスがあり、また駅近くに親戚もあったため、「須賀川駅」を利用していたんですね。この「くまたぱん」を作っている「くまたぱん本舗」というのも、須賀川市内にあるんですね。

ちなみに、「くまた」は「熊田」と書きます。母親の実家のある部落も、「熊田(くまだ)」姓がいくつもありますので、福島県には多い苗字なんでしょうか。熊田 曜子」は岐阜県出身なので、全然関係ないようです。

220530

220530_2

知らない人は、ここから中身を想像してください。「ぱん」ですからね。入れ物を見ても、とても「パン」が入っているようには見えませんね。

220530_3

どう見てもパンには見えませんね。ただ、製法はパンを作る過程と同じなんでしょうか?同社ホームページもありますので、「くまたぱん」で勝手に検索してください。プロセスが解説されています。

昔はもっとデカかったイメージでしたが、かなり小ぶりになったようです。とにかく、あんこを砂糖で包んだ食べ物だから、めちゃくちゃ糖分の固まりな訳で・・・1コでごちそうさんです。味や好みは人それぞれですので、文句ではなくあくまでも個人的な感想ということで捉えてください。

これ、賞味期限が1週間なんですが、10コを家族3人で食べるのは結構大変なんですよ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
あま~~~~い!

| | コメント (4)

2010年5月30日 (日)

懐かしいタバコの入った自販機

こんばんわ。

陽は長くなって明るい筈ですが、暗~い2日間でした。休みの日はスッキリと晴れて欲しいですね。

今日は煙草ネタなので、嫌いな方はご遠慮ください。

今年度から外回りの多いセクションに変わり、都内をあちらこちらと歩き回っていますが、どこも路上は禁煙であり、タバコを吸える場所を探すのも一苦労です。

もう1ヶ月以上も前になりますが、午前中の仕事を終えて一服したかったところ、タバコ屋の前を通りがかりました。もちろん灰皿も置いてあったので、場所をお借りして一服。

何気に自販機を見ると、何とも懐かしいパッケージを発見しました。

100419

平成22年4月19日

「ゴールデンバット」に「エコー」、そして「わかば」。今はというか、かなり昔から駅の売店ですら調達の難しい銘柄です。タバコセンターにでも行かないと手に入りづらい銘柄ですが、街のタバコ屋、しかも自動販売機で手に入るというのは、かなり珍しいのではないですかね。「わかば」は吸ったことないですが、「ゴールデンバット」と「エコー」は1回くらいずつ吸った記憶があります。それも20年以上も前ですね。その頃ですら、その辺では手に入らなかったように記憶しています。

近所にこれら昔ながらのタバコの愛煙家が居るのでしょうかね?タールの量を見ても、今の私ではとても吸うことは出来ない強さです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (6)

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »